西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/06(火)

[]怒る 22:30 怒る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 怒る - 西川純のメモ 怒る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、色々なことを思い出して、どうしようもなく怒っています。眠れないので、ちょいと多めに酒を飲みます。でも、怒りは収まりません。不実な行為は、こちらが誠実なだけに頭に来ます。

 全国の同志に「政治をしてください」と言います。でも、私自身が政治を出来ない。相手の不実を論理的に追い詰めて、論破したくなる。が、そうすれば関係者に迷惑がかかる。

 思います。私に関係者がいなくなり、徹底的に戦えたら、気持ちが良い!と思います。でも、同志に置き換えたらば、きっとそれは不健全で、誤りです。それは私も同じです。関係者がいて、ブレーキがきいている方が、健全です。

 でも、思います。幸いなことに、私の関係者確信者です。私が突っ走っていることを知っています。だから、ある程度は折り込み済みだと思っています。これに関して、フェアーに語り、詐欺はしたくないと思います。怒りのエネルギーがたまっています。健全放出したいな~

[]タブー 06:57 タブー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - タブー - 西川純のメモ タブー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新潟国体があり、天皇皇后杯を獲得しました。でも、人口が1千万人を越える東京も、その十分の1以下の県も、何故か開催県が優勝する。その出発点は、45年前の新潟大会です。

 教師だったら、何故、そんなことが起こるのかは知っているはずです。そして、その影響がどれだけ引きずるかも知っているはずです。誰にも悪意はありません。でも・・・・

 これ以上は、タブーなので言いません。でも、教師の方はご存じですよね・・・・

[]巣立ち 06:48 巣立ち - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 巣立ち - 西川純のメモ 巣立ち - 西川純のメモ のブックマークコメント

 特別支援学級の役割とは何でしょうか?それを理解するためには、学校教育目的は何か?を考えねばなりません。学校教育目的は大人にすることです。自立する大人にすることです!

 自立する大人とはどういう人でしょうか?全てを自らが解決できる人でしょうか?そんな人、世の中に誰もいません。当たり前ですが、いつも誰かが脇にいてお世話してくれる人がいるから生きていける人は、自立した大人ではありませんよね。自立した大人とは、周りの人と折り合いをつけて自らの課題を解決する人です。

 つまり、特別支援学級の役割とは、漢字を書けるとか、計算できるではないと思います。そんなの分からなくても幸せに生活できます。特別支援学級の子どももいつかは社会に巣立ちます。そこには特別支援の先生はいません。その多くは、通常学級で育った人たちです。そのような人たちと仕事をして、恋愛をして、人生を過ごします。特別支援学級の役割とは、特別支援学級を巣立つことだと思います。残念ながら、特別支援の話題では、その視点が欠けていて、特別支援学級の中でクローズしているような気がします。

 本日、ある同志より以下のニュースを教えてもらいました。心豊かになりました。

『今朝、学校に行ったら、特別支援教室の先生、つまり担任が、私の所に来て、「○君は、今朝、特別支援学級に来て、教室に置いてあった荷物を全部、○組(私の担任するクラス)に自分で持っていちゃいましたよ。」と言っていました。「自分の所属する集団は、○年○組である」という意思表示をしたのかなと思いました。荷物の移動は、そのためのセレモニーなのかなあと感じました。4月から半年かかりましたが、本人とその子を取り巻くまわりの子ども達の意識が変わったようです。』

追伸 でも、当たり前なのではないでしょうか?「優しい先生と二人っきりのクラス」と「自分を受け入れてくれるみんながいるクラス」のどちらを子どもは選ぶでしょうか?いや、選ぶべきでしょうか?少なくとも「優しい保護者」がいる子どもだったらば、後者を選ぶべきだと思います。

yukari0841yukari08412009/10/06 09:50はい

munehiromunehiro2009/10/06 11:30いい話です。涙がでます。

jun24kawajun24kawa2009/10/06 12:30yukario841さんへ
 どこかで、誰かが連鎖を止めなければ。
munehiroさんへ
 日本中に広がれば、いいですね。期待しています。