西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/04(日)

[]宮城の会 06:31 宮城の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 宮城の会 - 西川純のメモ 宮城の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 二次会にも参加しましたが、さわやかに5時半に起きました。ホテルの大浴場にはいり、今、メモの書いています。

 最近の『学び合い』の会で感じることです。

 『学び合い』の会には、「面白そうなことを言うパンダを見てやろう」と来られる方もいます。そう思われるのは当然かも知れません。我々はそういう方々に、『学び合い』は珍妙な指導法ではなく、ごくごく当たり前のことを、徹底的に突き詰めたものであることを伝えたいと思っています。

 しかし、最近、もう一つのタイプの方が多くなったように感じます。それは、『学び合い』を知っており、本も読んでいる。それが正しいと言うことは分かっている。でも、踏ん切りがつかない、という方です。これは凄いことです。

 さらに、次の宮城の会では、参加者ではなく主催者側で受付したり、司会をしていそうな方がいます。層が厚くなったことを感じます。

 現在、多くの先生方は追い詰められています。また、これ以上に追い詰められそうだという予感を感じています。私は『学び合い』をそのような方々に伝えたい。出口を失えば心の病が生じます。社会を責め続ければ、統合失調症になってしまいます。逆に、自分を責め続ければ鬱病になってしまいます。そのような教師は多いし、今後も増えつづけるでしょう。そして、その予備軍は数十倍います。心の余裕を失えば、どんな能力のある方でも、よい教育は出来るはずはありません。

 一人で解決できるわけありません。それは、その人が無能であるとか努力不足なのではなく、無理だということを理論的にも実験的にも『学び合い』は明らかにしています。それによって鬱病を防ぎたい。そして、一人で解決するのではなく、子ども達と同僚といっしょになって解決する具体的な道を示すことによって、社会や他者を責めずにいられます。それによって統合失調症を防ぎたいと思っています。

 我々は際物ではありません。たった二つのことを大事にし続けているだけのことです。

 それは、「多様な人と折り合いをつけて自らの課題を解決することの有効性を学び、周りの人が、折り合いをつけられる人であることを学ぶことが学校教育の目的である」という学校観。そして、「子ども達は有能である」という子ども観。このだれからも文句を言われる筋合いのない、ごく当たり前のことを大事にしています。

 宮城の会の皆様へ、我々はさらに進まなければなりません。期待しています。

motoryoumotoryou2009/10/04 18:35少しずつ仲間が広がりつつある実感を得ています。「悪い人間ではないですよ」「詐欺じゃないです」ということを分かってもらうよう努力します。遠路,本当にありがとうございました。今日,市教委の方とも,ある場で会ったのですが,「昨日の会,行きたかったな」と行っていました。その後の市教委主催の講演会の内容が,まさに私たちが考えていることにかなり近い内容でした。びっくり。

jun24kawajun24kawa2009/10/04 18:45記録したビデオを見てもらってはどうですか?

ghjalghjal2009/10/05 00:32>また、これ以上に追い詰められそうだという予感を感じています

認めたくないけれど、肌で感じる現実でもあります。おそらく自分も予備軍の一員です。日本を救わなくてはいけませんね。

jun24kawajun24kawa2009/10/05 07:03いっしょに急ぎましょうね。

sakusaku0428sakusaku04282009/10/05 17:54「家族仲良く健康で」…先生のブログで以前読まさせていただいた言葉です。今日は、部活動を免除していただき、今から家族4人で実家に行ってきまーす! 娘はお土産(漬け物)を早く渡したいみたいです。

あちらこちらで『学び合い』(いやもしかして『学び愛』?)○○の会が開かれています。
「山口の会」が開けるように、まず、校内で自分の授業を公開しようと思っています。中間テストまでの1週間とテスト返しの授業を見てもらおうと考えています。週3時間×5クラス=15時間 と テスト返しと再テストの2時間×5クラス=10時間分 ののべ約25時間(とりあえず、公開授業時数、校内では1位)です。一人でも多くの方に見ていただき、評価していただきたいと思っております。
もちろん「学校観」と「子ども観」を大切にして…

jun24kawajun24kawa2009/10/05 19:15期待しています。
上手くやってね。
特に、無理はしないでね。分かる人は分かるから。