西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/09/15(火)

[]年齢 22:15 年齢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 年齢 - 西川純のメモ 年齢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が二十年以上お仕えしている、敬愛するある先生の姿を久しぶりに見ました。ビックリしたのは、会議で怒っていることが分かるのです。以前は、居並ぶ参加者の中で、私以外には気付かないと確信していました。極めて人徳のある方で、愛嬌のある方です。ですので、怒ってもわかりにくいのです。ところが、今日は、それが分かりやすい形で出ました。でも、どれほど怒っているかは、私ぐらいしか分からないと思います。おそらく、大多数の人は、「あれ?」と思う程度だと思います。あれだけの大人物でもああなるのですから、私などは気をつけねばと思いました。

[]点数 12:50 点数 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 点数 - 西川純のメモ 点数 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 トンタンさんと私では、どうやら基本的な前提が違うと言うことが分かりました。でも、学校観と子ども観が共有しているのですから、多様な考え方があることは良いことです。まあ、私のように「深い読み」や「科学的概念の形成」等は、『学び合い』の学校観に比べれば「へ」みたいなもんだ、と思っている方は少数派でしょうから。あはははは

 さて、手じまいに、まとめます。

 私は『学び合い』の初心者にたいして点数を課題として例示します。最初に言いますが、テストの点数なんて、『学び合い』の学校観に比べたら下らないと思います。でも、それを例示するには理由があります。

 理由の第一は、それが成り立たないと、保護者や同僚、そして子ども達の理解が得られないからです。自分が考える理想の授業をするためには、その前提としてそれを成り立たせる必要があると考えるからです。

 第二は、自らの課題、即ち何を成すべきかを子どもが理解できることが出来やすいからです。これは『学び合い』が充実段階から、発展段階になれば、あまり重要でなくなります。その頃になれば、指導要領を示し、「素晴らしいものを作れ」とか、「感動する作文を書け」というような極めて抽象的な課題を与えるだけでも、実現できます。なぜなら、その頃の子ども集団となれば、子ども集団の中で、指導要領の示す「素晴らしい」、「感動」は何かを徹底的に議論するからです。へたな教師が考えるより素晴らしい課題を子ども達が創り出します。

 つまり「テストの点数が低くても素晴らしい授業だからと同僚から認められる方」、「簡単な漢字が間違ったテスト用紙を家庭に持って帰っても、保護者や同僚に理解される方」は点数を課題としなくても良いです。そして、テストの点数が伸びなくても、その他の面での成長で、自らの変化を実感できるような子ども達ならば点数を課題としなくても良いです。

 ただし、私は点数を課題として併用することは安全だと思います。たかがテストの点数なのですから、それも求めても問題はありません。子どもは折り合いをつけて時間の割り振りをしますから。『学び合い』は現在の授業とは革命的に違います。だから、素晴らしい授業を見せても、それの意味が分からない人が多いでしょう。テストの点数だって、凄い点数を実現しても、点数主義だと言われるでしょう。本当の説得は、集団の関係の中でなされるのですからしょうがありません。だけど、現在の実践にクレームがつかないように、テストの点数で実績を上げた方が、どう考えても安全だと私は思っています。

 さらに、点数を課題として与えず、抽象的な課題を与え続けると起こりえる危険性としては二つ考えられます。

 まず、確実に起こるのは、点数の伸びは期待できないということです。それは最低点も平均点もです。当たり前です。教師が課題として求めていないのですから、上がるわけありません。例えば、「深い読み」を狙った授業をしても、知識偏重のテストでそれが伸びるとは限りません。先の前提、「つまり、テストの点数が低くても、簡単な漢字が間違ったテストを家庭に持って帰っても、保護者や同僚に理解される方は点数を課題としなくても良いです。そして、テストの点数が伸びなくても、その他の面での成長で、自らの変化を実感できるような子ども達ならば点数を課題としなくても良いです。」という前提を想定できる人がそれ程多いとは私は思えません。

 次に、テストというようなシビアな基準を与えないと、教師の評価が甘くなり、それ以上に子どもの評価が甘くなります。つまり、「素晴らし学びを実現している」ふりは出来ますが、「点数を上げる」ふりは出来ないからです。結果として、子どもが「素晴らし学びを実現している」ふりをするような非生産的なことを示す。

 そのようなふりをしない場合でも、会話の質が低下します。具体的に安易な合意ケースの会話が多かったり、意見の積み上げが低下したりします(太田・西川 2001、古田・西川 2001)。この過程は学術論文に詳しく書いていますが、わかりやすい例で示します。

 例えば、新しい校長が「素晴らしい学校を創りましょう」という課題を与えたとします。その学校には「受験の成果を上げよう(NRTの点数を上げよう)」という先生と、「深い読みが出来る子どもを育てよう」という先生と、「不登校を0にしよう」という先生がいたとします。ありがちでしょ?さて、それぞれの先生集団には論客がいたとします。どうなると思いますか?おそらく、何度も職員会議で議論するでしょう。でも、結論を出せないでしょう。その議論によって職員関係がギスギスしたと感じる先生が大多数ですよね。そうなると、落としどころとして安易な合意ケースの会話をし始め、そして「それぞれが、それぞれのことをしましょうね」という風になります。あれと同じことが子ども達の中で起こるのです。なお、議論がまとまらないときに、校長が意見を言ってまとめたら、「後出しじゃんけん」ですよね。そうすると、議論をして潰された職員は納得できないでしょう。おそらく、「そんなことを言い出すならば、最初に言えばいいのに」ということです。第一に、後でそれを言うのに、「素晴らしい学校を創りましょう」を言ったとしたら、校長は最初は何も考えていなかった、つまり、手を抜いていたということです。

 このようなことにならないためには、集団の議論の質を絶えず評価していなければなりません。ところが、人間は易きに流れるものです。「うちのクラスは素晴らしいクラスだ」と思うと、評価が弱くなります。しょうがありません、現状の先生方はとても忙しいですから。そして、評価が弱くなると、子どもが手を抜き始めます。まず、現れるのは、学び合ったふりをしはじめます。集団は流動化していたとしても、機械的に相手を変えているだけなのかもしれません。あっという間に集団が腐ります。ところが、テストの点数は非常に分かりやすい指標です。特に、最低点です(平均値ではありません)。テストの点数は下らないですけど、非常に便利な道具です。

 ただし、便利ですが危険性があります。それはテストの点数を手段と考えず、目的だと考えてしまうことによって生じます。つまり、なんのためにテストの点数を課題としているかを忘れてしまうのです。

 それが端的に表れるのは、最低点へのこだわりが無くなることに現れます。平均値はクラスの大多数が自分の点数を上げようとすることによって、実現することが出来ます。子の場合は、関わり合うことは必須ではありません。特に、つきあいたくない人と関わらなくても実現できます。ところが最低点は、「みんな」が成り立たない限り、絶対にあがりません。平均点が上がったことに安心してしまうと、クラスが腐ります。テストの点は、最低点こそが便利な道具なのです。平均値ではありません。

 また、クラスの中に能力的に著しく低い子どもがいた場合、おそらくクラス全員80点以上という課題はかなり難しい課題だと思います。何度も、何度も、クラスのみんなが懸命になっても実現できない「かも」しれません。その時です。テストの点数が目的だと、クラスがだんだん暗くなります。教師もです。でも、テストの点数が80点なんてクソみたいなもんです。付け加えれば、「深い読み」や「科学的概念の形成」すらもどうでも良いことです。重要なのは、大人になるということは何かです。そこのところをちゃんと子どもに語ることが出来れば、それを乗り越えることが出来ます。

追伸 何度も同じようなことを書きました。今後も書くんだろうな~。

追伸 もちろん、トンタンさんのように実践して、出来る人を禁止するつもりはありません。出来るならば、やればいいのです。

[]大学院 12:37 大学院 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学院 - 西川純のメモ 大学院 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が何故、「全員、点数80点以上」という下らなくて、シンプルな課題に対して迷いがないか?そりゃ、西川ゼミではその課題における子ども達の会話を徹底的に聞いているからです。

 クラス全員の会話を、数ヶ月分を聞くと分かります。教師がゴチャゴチャ言わなくても、課題に凝らなくても、子ども達が豊かな学びにすることを。単純な文法、漢字の書き取りでさえ、豊かな課題にしてしまいます。これは、大学院で2年間どっぷりとしなければ、38年間教師をやっても経験できないことです。

 お誘いします。

[]議論5 06:02 議論5 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 議論5 - 西川純のメモ 議論5 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ここまで議論できると小気味良い。

『>基礎的な文法や漢字の書き取りの点数の部分は高かろうと低かろうと重要ではないと「小学校教師」は思っているとトンタンさんは思われている。私は、そうは思っていません。

 

私はそう思ってはいません。読み取りの「学び合い」の授業は、テストにほぼ反映されていないということです。「時数的に大きな時間をかけているにも関わらず」ということです。』

すみません、論点がずれています。

元々の出発点は

『小学校の先生ならば分かるように、授業をしてもしなくても国語のテストの点数は「ほぼ変わりません」それを目標にすべきでしょうか?』という主張です。この文章を読む限りは、トンタンさんの上記で書いていることのようには理解は出来ません。

 整理すれば、『基礎的な文法や漢字の書き取りの点数の部分は高かろうと低かろうと重要ではないと「小学校教師」は思っていない』ということに同意されるのですね?そして、以前書かれたように、基礎的文法や書き取りなどの部分は授業によって違うと言うことで良いですね?そして、その部分がテストの大きな部分を占めていると言うことはいいですね?

 ということは、『小学校の先生ならば分かるように、授業をしてもしなくても国語のテストの点数は「ほぼ変わりません」それを目標にすべきでしょうか?』という主張を取り下げると言うことですね?

 違う場合は、上記の文章のどこが違うかを指定して下さい。なお、ケースバイケースという説明もなさらないで下さいね。トンタンさんの最初の主張は、一般的な言明なのですから。

『>そして、以上のうち最初の二つはどうでもいいことです。本当に大事なことは考え方のレベルのことだと、私は思っています。点数を課題にするかしないかなどは、どうでもいいことだと私は思っています。

 

私も最初からそう思っています。点数を課題にするかどうかなんてどうでもいいことで、それをあえて言う必要なんてないという考えです。』

 これも論点がずれています。

 該当部分の文章の主なる趣旨は「本当に大事なことは考え方のレベルのことだ」ということです。

 「子どもが判断する必要はないとトンタンさんは思っている。私は、そう思っていない。」

 ということに私はビックリしているのです。

 なお、元々の「何故」の趣旨は、点数で評価すべきだというわけではありません。私は、最初に、「課題設定が難しいという人には、点数で課題を設定しても良いですよ、と言うと、『学び合い』は点数主義と言う人がいます。」と書いています。難しいならばという限定をつけています。

 学校でやる場合は、点数というものが分かりやすいことを後に書いています。そして、上記で書いたように、それはトンタンさんも認めたと思います。つまり、『基礎的な文法や漢字の書き取りの点数の部分は高かろうと低かろうと重要ではないと「小学校教師」は思っていない』の部分を認めるのですね?という部分です。

 元々の「何故」の主張は、評価が甘いと手続き文化になるという部分です。残念ながら、トンタンさんは評価基準を明確にする必要性を感じられていないようですね。

tontan2tontan22009/09/15 12:49上記を読むとなんか言葉尻の問題になってきているような気がします。
「AはBを含む。BはCでない。だからAもCではない。」と言われてるような感じがします。私に「論点のずれ」があるようなので、最初に戻します。

私の最初のコメントです。
小学校の先生ならば分かるように、授業をしてもしなくても国語のテストの点数は「ほぼ変わりません」それを目標にすべきでしょうか? また、ほとんどのテストの内容は観点別にされていますが、その8割が「知識」です。指導要領の目標の到達を評価できるようなテストは1社もありません。それで「~点が目標」というのは、危険です。ならば指導要領の到達目標を子供に示した方が確かです。
 
確かに、「小学校の先生なら分かるように授業をしてもしなくても国語のテストの点数は「ほぼ変わりません」」これは「私の」勝手な見方です。でもどうでしょ? 大事なのは文法だの漢字だのではなく、多くの先生が国語のテストをどう見ているか? です。本当に私だけの勝手な見方でしょうか? それならば潔く取り消します。
 
> 元々の「何故」の主張は、評価が甘いと手続き文化になるという部分です。残念ながら、トンタンさんは評価基準を明確にする必要性を感じられていないようですね。
 
最初のコメントに「ならば指導要領の到達目標を子供に示した方が確かです。」と書きました。そこを読み飛ばしています。判断しなくてもよいというのは、適正でないテストで判断しなくてもよいということです。

最後に。
「私は」やはり初期段階でもテストの点数を課題にするのは危険だと思います。指導要領とテストの内容が一致していればかまいません。点数を強調するならばなおさらです。そうなれば必ずしも学習内容と一致しないいくつかの教科の学習では「テストに合わせて」授業することになるでしょう。そうした危惧を書いたつもりです。

jun24kawajun24kawa2009/09/15 12:58このジャンルの議論はやめにしましょう。
これ以上は、実りがない。
前提が違うのですから。

それとシビアな議論をする場合、一つ一つの言葉・文章の確認があってもしょうがありません。それで表現が適切でなければ、それを確認して、訂正し議論するしかありません。書く度に、別の書き方を出されたのでは、議論のしようがありません。

tontan2tontan22009/09/15 13:14力が足りなくて失礼しました。
ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/09/15 14:36いえいえ、こちらこそ
言うまでもないことだけど、tontanさんが私の言っていることを分かっていることは理解しています。同時に、私がtontanさんの言っていることが分かっているとtontanさんが理解されていると思います。ようは軽重のかけ方なのですから、それは一人一人違って良いと思います。ね。

ghjalghjal2009/09/15 22:34トンタンさんとjun24kawaさんの誤解を恐れず表現するならば、このバトル?は自分にとってとても参考になりました。

『学び合い』の実践者や、セミナー、研究会?の共通した土俵にある、お互いの水平さ、平等さ、忌憚のなさ。こうしたスタイルは、考えてみれば当然なのだけれども、これまで自分が体験してきたものではありませんでした。

だって、大学の先生と、そこの学生と、実践する各地の先生と、(ここまでならあるのかもしれませんが)子供たちと保護者たちが、一線にならんで互いの考え思いをぶつけ?合う。上下なく。そこに『学び合い』のスタイルの真髄を見る気がするのです。

自分が『学び合い』に飛び込んだ、信頼することができた最大の理由がここにあります。スタイルです。研究実践の進め方のスタイルに確信を持てるからこそ、飛び込めているのです。

ありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2009/09/15 22:37こちらこそ
ありがとう同志
互いに同志だと思えるからこそ、安易に合意せず、議論できるのだと思います。