西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/08/28(金)

[]東京の会 16:34 東京の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 東京の会 - 西川純のメモ 東京の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今回の東京の会は特別支援にスポットを当てています。お誘い申し上げます。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Manabiai_Tokyo/20090817

 出来るだけ早い、お申し込みをいただければ幸いです。

[]100万ヒット 05:38 100万ヒット - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 100万ヒット - 西川純のメモ 100万ヒット - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ブログ開設2年半で100万ヒットを達成しました。ご愛顧を感謝いたします。

 ところで100万人目の方はどなただろうな~・・・?

ytk0820ytk08202009/08/28 08:05www.iamjun.comのほうでは170000アクセス目になったことがあります。171718(いないないば~)を狙っていたら逃してしまいました(笑

jun24kawajun24kawa2009/08/28 12:21それでは200万ヒットを目指して下さい。ふぉふぉふぉ

o4dao4da2009/08/29 05:51bruceさんのHP見ましたが、上級編で教材研究はいるという言い方をN先生がなさるとすごく説得力があっていいです。特に現場、研究授業では、初級、中級がなくて上級ねらいです。だから、ちょっと初級、中級の方にも目を向けてみましょうって感じで柔らかく伝わると思いました。

jun24kawajun24kawa2009/08/29 06:32そうですね。
でも、そんな能力は必須じゃないよな~って、気を楽にしてもらえれば良いんですけどね。

o4dao4da2009/08/29 06:59そうなんですよ、でも気を楽にされるどころか、そこでこだわられたら苦しいんですよねー だから教材研究はもちろん大切だの前提の上で 望ましい集団づくりってどの土台ですよってことを分かってほしいですね