西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/07/11(土)

[]伝えにくいところ 22:19 伝えにくいところ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝えにくいところ - 西川純のメモ 伝えにくいところ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 多くの人にとって、『学び合い』とは「教師が教えない授業方法」と理解しているでしょう。それより分かっている人は、「教師が学習内容、学習方法を直接教える変わりに、子ども達が学習内容を学ぶ方法を自らで学ぶために、教師が様々なことをする授業方法」と捉えているでしょう。でもね、本当に大事なのは考え方です。上記のレベルでは、色々なことがあると、直ぐにぶれる。でも、考え方が分かれば、失敗しても、問題が起こっても、ぶれなくなります。でも、しょうがありません。形から入り、色々なことを経験して、考え方が理解できるのですから。

学校観

 人格の完成とは、多様な人と折り合いをつけて、自らの課題を解決できることである、ということが伝えられません。

 人格の完成が何か、それが分かっていないと、心の成長と学力の保証を対立的に考えてしまいます。代表的な誤解は

 学活・部活で人生を語ることによって、授業でガンガンに教え込みをすることの免罪符としている。

 学力というものを明確に子どもや保護者に伝えられないにも関わらず、テストの点数を上げることを卑しいことと考える。

子ども観

 多様な子ども達は有能であるということが伝えられません。多様な子ども集団という考えが出来ません。目立った「その子」に心が奪われたり、金太郎飴のような一律の子どものように捉えたりします。いずれも集団として捉えられません。

 例えば、荒れた学級では『学び合い』は出来ない、とよく言われます。では、荒れた学級では、子ども達みんなは「荒れて」いるのでしょうか?たしかに荒れている子どももいるでしょう。でも、「この荒れた状態が続けばマズイよな」と気づける子はいますし、気づいている子はいます。そして、何とかしなければならないと積極的に考えている子どもはいます。その子どもの多様性に気づけない。そして、集団として動かせれば、凄いことが出来ることを知らない。そして、集団の最底辺に心を奪われる。だから、子どもは無能だと思ってします。でも、子ども「達」は有能なのです。

授業観

 授業とは、指導要領に規定された目的を達成するために行うことです。この当たり前のことを伝えられない。

まず、「本時の目標は?」と聞かれて、ちゃんと応えられる教師がどれだけいるでしょう。もちろん、指導主事訪問の時は指導案に書きます。でも、あんなご大層なことを毎日出来るわけありません。大抵は、あまり考えません。まあ、「数理的な思考」とか「深い読み」とか訳の分からんレベルでOKにしていると思います。私の採用1年目は、「教科書に書いているようなことを用いて、授業の体裁を整える」という、もの凄く恥ずかしいレベルが本時の目標でした。

 そして、それを曖昧にしていると、評価が甘くなります。そして、目標を達成することが目的ではなく、自分が何をやったかが重要になります。例えばです。初詣の際、お賽銭をいっぱい入れると御利益があるように思いますね。でも、本当ですか?そうだと思える根拠を言えますか?何となく、自分なりの努力をすれば、それなりの御利益がある、と思っていませんか?じゃあ、何故、どうやったら御利益があるか、それを真面目に調べようとしないのでしょうか?そりゃ、その程度の御利益であると評価しているからです。本気で株でもうけようと思う人は、それなりに株の勉強をします。

 もちろん、一生懸命に勉強している教師は少なくありません。でも、それが本当に役に立ったか、それを評価しているでしょうか?評価していれば、気付くはずです。子ども達の中には、自分が何もしなくてもそれを達成するであろう子がいることを。そして、自分ではどうしようもない子どもがいることを。そして、両者の子どもがクラスの多くを占めることを。本気で株でもうけようとしている人は、自分が損していることにも気付くし、損切りしているはずです。

makine45makine452009/07/12 06:41この“考え方”がわかってから『学び合い』を始める人は少ないと感じています。とりあえず始めて見ると、この“考え方”が体の中に落ちてくる感じがしました。同志としゃべっていると、この“考え方”がすとんと降りてくる感じもありました。理解の仕方は多様なので、理解してから入ってくる人もいるのでしょう。私の場合は、今考えるとこの“考え方”がわかって始めたわけではないように感じています。長くなるので、自分のブログに書きます。

jun24kawajun24kawa2009/07/12 07:46あははは
私だって、院生さん、学生さんに教えてもらいつつ、十数年かかったんですから。

scorpion1104scorpion11042009/07/12 21:58評価って、むずかしいですね。
自分の尺度では、「学び合い」が見え初めてきて満足でも
他の教師からするとそうは見えない。

研究授業の本時の授業の評価は付けたしのような存在で、教師側の個々の主観でよかったとか悪かったとか発言される。
曖昧で漠然とした授業の内容の評価や全体的な児童の姿の大まかな評価が多い。
でも、それでも皆さん不思議な感情はないようです。
何がよくて、何が悪いのかがはっきりしていないからだと思います。
だから、校内研究は発表が終わると跡形もなく消え去ってしまうのでしょう。資料は、たくさん古いものが残ってますが~。


人格の完成についてのお話ありがとうございました。
人格の完成とはどういうことをいうのかと聞かれたら、
私ははっきりと答える自信は、ありませんでした。

jun24kawajun24kawa2009/07/12 22:18だいじょうぶ。
伝わっている人は、必ずいます。
分かっている人は、必ずいます。
みんなで、みんなを変えましょう。ね。