西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/07/04(土)

[]ミーハー 17:34 ミーハー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ミーハー - 西川純のメモ ミーハー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ネットサーフィンをしていたら、野中信行先生ブログに私の小文の紹介があった(http://nonobu.way-nifty.com/blog/2009/07/post-5819.html)とても嬉しかった。

 野中先生といえば、私の人物カテゴリ-においては「大西忠治、大村はま斎藤喜博」に広義では入ってしまう先生である。(おそらく、わたしゃそんな年ではないよとおしかりを頂くかも知れませんが・・・)その先生から賛同されると、猫がのどをなでられたように「ゴロゴロ」のしたい気持ちである。その単純さに自分でも呆れてしまう。

 今までにも、本で読んでいた尊敬する実践者である方々からブログで紹介していただく機会を得た、ただ、その多くは私とほぼおない年か、若い方々である。日本の古くからの伝統である、長幼の序による「お世辞」も幾分かはあると割り引きます。しかし、野中先生から世辞を頂く、理由は何もありません。

 年長者からのお褒めの言葉・同意の言葉というのは、若年者にとって魔法エネルギーがあります。それは異学年学習研究でも既に知っていることです。しかし、我が身に振り返って、改めて実感しました。

ジョンジョン2009/07/04 16:06賛成します。

ジョンジョン2009/07/04 19:09野口先生の文章,美しいですね。
思わず,見とれました。
さて,宗家ものどを鳴らすほどの味わい。
(評価者としての教師の出場で,
子どもたちにも味合わせてあげたいなぁ)
と,思いました。

ジョンジョン2009/07/05 05:57上記記述訂正
「野中先生の文章」

twoyoshitwoyoshi2009/07/05 15:48私も、もう一度仕切り直しというところです。初心に帰ります。

ジョンジョン2009/07/06 04:29ぼくらの時代は,
「フィーバー」
「レモンの香り」
なにかな。と,思いました。