西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/07/02(木)

[]禁煙 22:05 禁煙 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 禁煙 - 西川純のメモ 禁煙 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今を去ること四半世紀以上前、私が大学院1年のある日、禁煙しました。その時、同級生のTと、互い持っていたタバコを全てその場で吸い、それ以来、一度も吸いません。禁煙は辛いものです。いまだにタバコを吸わないのは、あの禁煙の辛さをもう一度やりたくないからです。その経験によれば、止めたときにはすぱっと止めるほうが辛くないと思います。世の中には、日に2箱を、日に1箱にして、10本にして・・・というふうに止める人がいるのかもしれません。でも、私には絶対に無理です。1本でも吸えば、誘惑に負けて、あっという間に2箱になってしまう。だから、止めたときはすぱっと止める方が辛くない。

 本日、地元の学校に行きました。今年から学校で『学び合い』に取り組むと決めた学校です。参観してみると、『学び合い』に対する間合いが様々でした。つまり、私がよく例示するように、教師の語りは数分で、あとは子どもに任せる、という先生もおられます。一方、一斉指導と見まがうように、『学び合い』を取り入れている先生もおられます。その様々な間合いがあることがとても、いいな~っと思いました。

 私は、『学び合い』の考え方をシンプルに徹底した方が、良いと思っています。禁煙と同じで、苦しいですが、短い期間で従来から決別できる。でも、世の中には別な人がいても良いと思います。元の木阿弥になる危険性があるものの、従前の授業と徐々に変わっていく流れがいい人がいても良いと思います。

 方法は良いんです。要は、自分が子どもに接する時間の1分、1秒の例外なく、子どもを大人にする時間になっているという確信を持ちたいと思うことです。自分がすくなから無い子どもを見捨てている、あの子を見捨てている、という自責の念から脱することを目指すことです。そして、自分が素晴らしい人生を過ごしているという確信を持てるために、人に何かを与え続けているという確信を得るために。

 とても、したたかな学校に、安心を頂きました。

ジョンジョン2009/07/02 19:32くさっちゃ,いけませんよね。
皆さんも,そう思われませんか?

bunbun-hbunbun-h2009/07/02 20:25そうは思いません。
と、確信をもって書いたのですが、よくわからなくなちゃった・・・

twoyoshitwoyoshi2009/07/02 20:32そして私のようにK.O.されるのです。

bunbun-hbunbun-h2009/07/02 20:38そして、意味不明のコメントが延々と続くのであった・・・(にゃはは)

jun24kawajun24kawa2009/07/02 20:58どあははあ

bunbun-hbunbun-h2009/07/02 21:00にゃはは

kirikiri2009/07/03 07:41このスタンスの学校への導入は,本校がそのものです。無理強いは結局反感しか生まないと考え,先生方には伝えてあります。緩やかな向上,あるいは元の木阿弥,かもしれませんが,それもしかたない。

jun24kawajun24kawa2009/07/03 08:05元の木阿弥にならないポイントは何か?
それさえ分かれば、マニュアルを書いても良いと思っています。
実際、一斉指導的『学び合い』なんて、超かんたんです。しかし、それと『学び合い』的一斉指導との差がハッキリ分かってもらうのはどうするのか悩むのです。「考え」と言ったって、それが分かるのは考えを理解した人なのですから。

ジョンジョン2009/07/03 22:23「根っこ」と「センス」に賛成。
(このあたりに,マニュアルはない,
オートマティックであるのではないでしょうか?)
と,私は思います。

ジョンジョン2009/07/03 22:39やっぱり,
自分の考えに賛成。
だって,みんな違うのですもの。
「根っこ」と「センス」は,
感じていただけなければ・・・。
パーソナルアイデンティティです。
(おゆずりすることはちょっと・・・ね)
と,思いました。

ジョンジョン2009/07/04 05:12宗家が,よいとお考えなら,
現場の私の実践も,
1つのポイントとして
お使い願いたいです。