西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/07/31(金)

[]戦友 23:38 戦友 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 戦友 - 西川純のメモ 戦友 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ふと思いました。

 私は日本全国に出張したとき、「飲みませんか?」と声をかけて飲める戦友がいます。私が教育の世界に足を踏み入れたとき、そんなことを想像していませんでした。ありがたいことです。

[]高崎 23:30 高崎 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 高崎 - 西川純のメモ 高崎 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 東京から新潟の移動途中、高崎に降りました。群馬の同志と飲むためです。楽しかった!最後に、課題を言いました。

 『学び合い』の課題は何故、厳しいのか?そりゃ、与えられる方が、そうすべきだと言うことをよく分かっているからです。教師からの飴や鞭で強いる場合は逃げられます。当人がそうすると得るものが多いし、そうしないと失うものが多いことを理解すると、逃げられない。楽しみです。

[]自由学園 19:04 自由学園 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由学園 - 西川純のメモ 自由学園 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は自由学園で講演しました。小中高と全て公立学校でした私としては、私の頭の中では、私立学校というのは「お金持ち」or「進学校」というイメージでした。ところが、本当に建学の精神が、教師にも校舎にも敷地にも、全てに香る学校というのが本当にあるんだということを実感しました。とても良いです。

 気持ちよく語らせていただきました。

[]本日 06:52 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は東京の自由学園で講演します。その後、群馬の同志と飲みます。楽しみです。

take1_No12take1_No122009/08/01 00:38本日はわざわざ途中下車していただき、ありがとうございました。先生からの課題、しかと承りました。群馬には学び合える仲間がたくさんいます。1月をご期待ください。

09/07/30(木)

[]出張 06:49 出張 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出張 - 西川純のメモ 出張 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 毎年の事ながら。つ、ついに怒濤の夏の連続出張が始まります。

daitouirukadaitouiruka2009/07/30 07:49忙しくさせているうちの一人ですが(笑)、お体には十分お気をつけて、乗り切ってください。

jun24kawajun24kawa2009/07/30 18:15もうすぐ50歳ですので、高知ではへたっているかもしれません。労って下さいね。

twoyoshitwoyoshi2009/07/30 20:58飲み過ぎにはくれぐれもご注意ください。

daitouirukadaitouiruka2009/07/30 21:41もちろん、へたられては大変ですので、十分に労らせていただきます。
でも、四国で初めての会ですので、パワフルな語りも期待しております。
よろしくお願いいたします。

jun24kawajun24kawa2009/07/31 06:53twoyoshiさんへ
ありがとう。例の件、き、た、い、し、ているよ~ん
daitouirukaさんへ
こうご期待!

09/07/29(水)

[]放送 20:30 放送 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 放送 - 西川純のメモ 放送 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 何事もライブが一番ですが、新潟のフォーラムの一部がインターネットで配信されます。

**************************

教室『学び合い』フォーラムネットライブ配信予定

第5回教室『学び合い』フォーラム2009では、全体会を中心にネットライブ配信を予定しております。都合がつかず、会場にお越しになれない方、是非ともネットライブ配信で会場の雰囲気のほんのわずかでも体感ください。詳細は、以下をご参照下さい。

http://manabiai.jimdo.com/

enablerenabler2009/08/01 12:15いまからネットライブで見させていただきます。
楽しみです。

09/07/28(火)

[]仕上げ磨き 22:46 仕上げ磨き - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕上げ磨き - 西川純のメモ 仕上げ磨き - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日の夕食後、仕上げ磨きをしているときです。息子に「いつまでお父さんに仕上げ磨きをしてもらうの?」と聞きました。息子は最初はキョトンとして、しばらくして真面目に考え始めました。しばらく考えて、「中学校1年生」だそうです。彼なりに最大譲歩した結果です。実は、私もそれぐらいまでやりたい。歯が生えてから、息子の仕上げ磨きは、私の特権です。高校生までやるのはだめだと思うけど、中学校1年生までは出来ないかな~。でも、それ以前に、息子が嫌がるかも。

 今日も、食後に、私の膝に乗って、チュチュしまくりでした。し、あ、わ、せ

[]『学び合い』益田教室 06:50 『学び合い』益田教室 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』益田教室 - 西川純のメモ 『学び合い』益田教室 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 8月9日に島根県益田で『学び合い』の会があります。是非、ご参集下さい。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sun-in_00/20090727

sun-in_00sun-in_002009/07/28 07:10益田での『学び合い』の会を紹介していただき,ありがとうございます。
みなさんの参加を心待ちにしています。
よろしくお願いします。

09/07/27(月)

[]障害者支援 08:29 障害者支援 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 障害者支援 - 西川純のメモ 障害者支援 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、障害者支援を職としている同志と合いました。話してビックリしました。障害者が1ヶ月働いた賃金が8000円なんだそうです。1ヶ月ですよ!その方は、それをせめて16000円にしようと奮闘されています。でも、倍の16000円だとしても、1ヶ月の賃金としては目が点です。さらに、その収入を得ると、その他の支援が下がり、トータルには収入減になるそうです。そして、それを避けるために仕事をしないと、家から出ることが無くなり社会と没交渉になるそうです。

 障害者が可愛そうだから・・・。そんな気持ちでは根本的な解決はあり得ません。異質な集団が、メンバー全員にメリットがあるということを、みんなが気づかなければなりません。それは教育の仕事です。

[]長期計画 06:49 長期計画 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 長期計画 - 西川純のメモ 長期計画 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 計画には短期・中期・長期の3つの視点が必要です。是非、教え子に教師になって『学び合い』を広げて欲しいと願って下さい。同時に、彼らが我々の同僚となるまでに、その土壌をしっかり耕しましょう。

[]期待しているよ 06:43 期待しているよ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 期待しているよ - 西川純のメモ 期待しているよ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、コガポンさんのクラスの作文をもらいました。帰り際にもらって、昨日は直ぐ寝たので読みませんでした。今読みました。泣きました。

 子どもたちは『学び合い』によって高まっています。これは嬉しい!しかし、何人もの子どもが、作文の最後に私宛のメッセージが書いていました。そこには「もっと広げて下さい」とあります。

 私はうれし泣きはよくします。しかし、くやしては泣きません。泣くぐらいだったら、その問題を解決するエネルギーにして戦闘モードになります。しかし、考えてみれば、申し訳なくて泣くことはあります。今もそうです。自分の力のなさによって十分に広げられないことが悲しくてなりません。もっと私に徳があり、人の気持ちを逆なでしないようなものの言い方、書き方が出来たら・・・と思います。彼らが私に「期待しているよ」と言っているのに、それに応えられない情けない私がいます。

 同志各位へ。小学生の子どもたちも、『学び合い』を学べば、みんながわかります。そして広げることの意味を理解します。我々はもっと何かをしなければならない。と、思いました。もがきます。

 

[]自由学園 05:29 自由学園 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由学園 - 西川純のメモ 自由学園 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「西川先生のブログで知った」と言って事前連絡すればOKだそうです。なおスミちゃんは私から連絡しましたが、ご自身かもらもお願いしますね。

sumi-chansumi-chan2009/07/27 10:04西川先生、自由学園の件、ありがとうございました。
先方にお電話してみます。

jun24kawajun24kawa2009/07/27 19:51校長先生に連絡するのが一番早いと思います。

kogapon7kogapon72009/07/27 21:24西川先生、子どもたちの作文を読んでくださりありがとうございます。
結果をもっと出して、広めるのは、我々(僕と子どもたち)の仕事です。
2学期が楽しみです!

jun24kawajun24kawa2009/07/27 21:34ありがとう、同志!

F-KatagiriF-Katagiri2009/07/29 20:31ヤマト運輸元社長故小倉昌男氏は、西川先生と同じような怒りを持ち、障害者がちゃんと利益を上げて店を経営し、その利益で各人が食っていけるという事業を立ち上げました。詳細は「経営はロマンだ!」(日経ビジネス人文庫)に書かれてあります。

新潟市にもその系列の「スワンベーカリー」というパン屋があり、しっかり経営しております。おいしいパン屋ですよ。

jun24kawajun24kawa2009/07/29 20:57怒っているばかりの私と違って、それを実現する方もいらっしゃる。頭が下がります。

09/07/26(日)

[]楽しい 22:01 楽しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽しい - 西川純のメモ 楽しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大阪の同志と飲みました。あ~楽しい!何でこんなに楽しいのだろう。そりゃ、みんな前向きだから。駄目な理由を、子供に向けずに自分に向けるから。そして、だめだったら人に聞くから。

 このような人たちと同志であることを光栄に思います。

[]もがく 06:27 もがく - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - もがく - 西川純のメモ もがく - 西川純のメモ のブックマークコメント

 子どもと同じで現状に甘んじると、腐ります。常に向上を求めること、それがなくなると腐ります。もちろん、つねに向上が実現できるとは限りません。目指している先に大きな壁があり、どうしようもないかもしれません。そうしたら、人に相談して下さい。それでも駄目だったら、「とりあえず」そこは攻めずに、別なルートから攻めましょう。近くの目標ではなく、遠い先の目標を再確認して下さい。必ず、別ルートがあります。

 では、今から大阪に出発します。

twoyoshitwoyoshi2009/07/26 18:47ルートを作りすぎて、どこに登ればいいかわからなくなってきました。

mana-mama5mana-mama52009/07/26 21:39質問です『学び合い』は英語でなんと言ったら良いのでしょう?

jun24kawajun24kawa2009/07/26 21:58twoyoshiさんへ
まず、上れるところから上ればいいのです。
どうせ、途中でとまります。
そうしたら別なルートで上ればいい。
そうしていながら、詰まったルートの開通のために何をするかを考えればいい。
つまり、とにかく動く、とにかく考える。
そして、詰まったら、みんなと相談しましょう。
そのみんなの中に私も含まれます。
詰まって止まっているのは、言い訳です。
mamaさんへ
同じことをハンガリーの同志に聞かれました。
順当に言えば、現象学的に言えば、
<cooperate>ですが、もっとも近いのは
<manabiai>だと思います。

kogapon7kogapon72009/07/26 23:38西川先生、今日は下見から付き合ってくださり、ありがとうございました。
飲み会での西川先生のお話はきっと一生忘れられません!!
もっともっと家族を大事にします!
ありがとうございました。

szeidzsiszeidzsi2009/07/27 00:43mana-mama5さま
(ハンガリーから)横レス失礼します。Cooperative Learning とか Collaborative Learningという言葉が英語であります。この学習方法を採用している授業では、西川先生が書かれているように授業に現れる現象(の一部)は『学び合い』ににています。ただCooperative Learning とか Collaborative Learningは基本的に少人数でグループをつくるところからスタートしていたり、学習を成立させるために非常にたくさんのステップが置かれていたりしている点で、『学び合い』とは根本的なところで違うといえます。ということで、私は(上に書いてある通り)Manabiaiを使っています。(ただハンガリー語だと~iというのは「名詞が名詞を修飾するときの「ナントカの~」を意味するので言葉としてちょっとすわりが悪い・・・という指摘を受けたことがあります。(mana-mamaさんのブログも読みました。後からふりかえれば2週間はあっと言う間だと思いますが、寂しいですよね~)

ybhdv7ybhdv72009/07/27 01:44今日はたっぷり濃厚な時間をありがとうございました!
改めて自分は恵まれていると感じました。
楽しかったです♪

mana-mama5mana-mama52009/07/27 11:08<karaoke>は既に世界語となり<mottainai>も認知が進み<manabiai>はハンガリー辺りからジワジワと・・・すごい!

tomkicktomkick2009/07/28 17:43西川先生
こんにちは。
久しぶりにお会いできて,とても楽しかったです。
いろんな意味で,目が開かれました。
親バカぶりをさらしていきたいと思います(笑)

jun24kawajun24kawa2009/07/28 18:34同志各位へ
ありがとう!

09/07/25(土)

[]自己嫌悪 18:59 自己嫌悪 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自己嫌悪 - 西川純のメモ 自己嫌悪 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自由研究には定番があり、理科教師はそれを知っています。私も理科教師のはしくれ(だった)のでそれがあります。その私が息子の自由研究の相談を受けていると、いつのまにかガチガチの指導をし始めます。今では馬鹿馬鹿しいことと思いますが、1970年代のカリキュラム改革時代の教材を学んでいると、本当に山ほど種があります。ただ、それだとコリコリすぎるし、小学生のテーマとしては無理があります。全国の自由研究で賞をもらったテーマもありますが、それだと誰かが入れ知恵しているのが見え見えです。そんな案配で考えて適当なテーマというものがあります。例えばです。「普通のアリの好物は?」と聞かれれば砂糖や飴というものが定番ですが、実際に砂糖と生肉を置けば、アリは生肉の方に集まります。それを発展させて「アリの好物は?」とか「アリがよく食べるのは何時ごろ?」等のテーマ群ができあがります。また、春頃だったら、タンポポにまつわる面白いテーマも定番です。例えば、タンポポの花は目立ちます。また、タンポポの綿毛は目立ちます。しかし、花と綿毛の中間のタンポポを見ることは殆どありません。何故でしょう?これを発展させると身近な植物が、実は動いているということを明らかにすることが出来ます。

 こんな引き出しが多いことが教師の職能であると思っている時期もありました。が、今は違います。ところが我が家で息子の相談(?)を受けていると、それがむくむくと頭を持ち上げます。でも、しょうがありません。我が家は一人息子ですので、子ども集団が無いのです。ですが、自分の枠に息子を押しつけている自分を意識し、自己嫌悪します。

[]自由研究 17:31 自由研究 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由研究 - 西川純のメモ 自由研究 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日は夏休みの第一日です。息子は初めての自由研究をします。が、学校から来たお便りは「図工や理科、国語に関するコンクールの情報を配布しました。内容は、作文、アイディア貯金箱、発明工夫、工作、絵画などです。1点以上、取り組んで下さい。」というものです。そして、息子に聞くと、自由研究とは何かは聞いていないそうです(まあ、説明があったのかもしれませんが、息子が聞いていない可能性は高いです。あははは)

 ということで息子に自由研究の説明をしなければなりません。自由というのは分かると思うのですが、問題は研究です。それが分からないと、どっかの本の丸写しをし始めます。そこで「研究というのは、誰も知らないことを明らかにすることだよ。本に書いていることは、本を書いた人が知っていることだよね。それに、その本を読んだ人が知っていることだよね。だから、本を読んで、終わり、それじゃ研究じゃないんだよ。どんなものでも良いんだ。誰も知らないこと、それを調べることだよ。」と説明しました。

[]これから 15:40 これから - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - これから - 西川純のメモ これから - 西川純のメモ のブックマークコメント

明日、大阪で同志と会います。楽しみです。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kogapon7/20090718

7月31日は東京の自由学園で講演します。

その夜は、群馬の同志と飲みます。

8月1日~2日は新潟のフォーラムです。

3日は福岡市人権教育研究会で講演します。

4日は大分で九州『学び合い』フォーラム2009があります。(これは最後に案内をつけます)

中国地方の方、九州地方の方おいでをお待ちしております。

6日~7日は兵庫教育大学で集中講義です。

8日は『学び合い』を学ぶ会in高知です。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/daitouiruka/20090623

四国の方、おいでをお待ちしております。

以上が、これからお盆前の予定です。

お誘いいたします。

*****************************

九州『学び合い』フォーラム2009

日 時   平成21年8月4日(火)<別府市立南小学校>

主 催 子どもに学ぶ教師の会 大分会

共 催    子どもに学ぶ教師の会

      代 表 : 西川 純  ( 上越教育大学 教 授 )

      理 事 : 水落 芳明  ( 上越教育大学 准教授 )

後 援 別府市教育委員会   大分県教育委員会

日 程

12:30~13:00    受 付

13:00~13:10    開 会

13:10~13:30 『学び合い』実践報告 別府市立南小   藤内 護

13:35~13:55   『学び合い』実践報告 佐世保市立清水小 深山智美

14:00~14:20   『学び合い』実践報告 福岡市立東花畑小 伊東宗宏 

14:20~14:35    休 憩

14:35~15:45    報告者と参加者による『学び合い』に関する

フリートーク(各グループに自由に参加してくだ

                      さい。)

15:55~16:45    西川 純先生(上越教育大学教授)講演

16:45~17:00    質疑応答

17:00~17:10    閉 会

(18:00~20:30   懇親会<西川先生も参加されます。>)

ftogpxtakaftogpxtaka2009/07/25 16:59こんにちは。
毎年夏は(夏だけではないでしょうが・・・)お忙しいですね。
せっかく先生が近くにお越しくださるのに、参加できません(泣)。
また是非お会いしたいですので、次の機会を楽しみにしております。
先生もお忙しいでしょうが、お体に気をつけてください。

jun24kawajun24kawa2009/07/25 17:33残念です。
今年の夏は岡山の小学校の先生が洗脳旅行にこられますよ。

daitouirukadaitouiruka2009/07/25 20:05再度、高知の『学び合い』を学ぶ会のご紹介、ありがとうございます。
ここをご覧の皆様、是非是非おいで下さいね。
四国で初めての『学び合い』の会になります。
上記の九州の会での発表者にもなっている私の大好きな伊東宗広さん(と言ってもまだ一度もお会いしたことがないのですが…笑)も発表してくださいますよー。
お得でしょ?
だから、是非!
すみません。人のブログで乗っかって宣伝してしまって。

bunbun-hbunbun-h2009/07/25 20:18イルカさん、遠慮することはございません。
あらゆる手段を使ってどんどん宣伝していきましょう。*vv*

jun24kawajun24kawa2009/07/25 22:06もちろんです!

ftogpxtakaftogpxtaka2009/07/25 22:43 岡山からの洗脳旅行というのは、以前ご紹介いただいた方とは違う方ですか?もしそうなら、こられた際に僕のことを紹介してください。校種は違っても、学び合えることは多々あると思いますので。
 それから、自由研究の記事、とても興味深く読ませていただきました。僕も課題を出す立場から、2,3年後には課題を持って帰った子の保護者の立場を経験しますので(笑)

sumi-chansumi-chan2009/07/25 23:11西川先生
自由学園での講演は、部外者でも参加できるのですか?
私が2年前まで住んでいたところと本当に近いので(最寄り駅が同じ、ひばりヶ丘です。)、知り合いを誘えるかも…!と思ったりしています。

(ちょっと気づくのが遅すぎましたが…(^^;)

jun24kawajun24kawa2009/07/26 06:30ftogpxtakaさんは
洗脳旅行で来られる方は私の名前を組み直せば出来る方ですが、その方へは以前合いました?
sumi-chanへ
大丈夫だと思いますが、確認します。
確認したらブログにアップしますね。

sumi-chansumi-chan2009/07/26 10:37ありがとうございます。
よろしくお願いします!

ftogpxtakaftogpxtaka2009/07/26 18:35西川先生、以前先生からメールでご紹介いただいた方ですね。
残念ながら、まだお会いできていませんが、是非、共に岡山県で広めていけたらと思っていますので、よろしくお伝えください。
・・・というよりもここをご覧になられてますね(笑)

09/07/24(金)

[]ネットブック 22:59 ネットブック - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ネットブック - 西川純のメモ ネットブック - 西川純のメモ のブックマークコメント

 とんたんさんより了解を得て、保護者向けの文章をHPにアップしました。本当は各人が各人のHPでアップした方が良いのですが、中々難しいとのことですので、とりあえずアップしました。

 素人の方が、簡単にアップできる仕組みを考えたいと思いました。

 読んでみて、やはり保護者と相対している先生の書くものはいいな~っと思いました。以前、こがぽんさんがブログでアップしていましたが、その手のもの、それ以外のものをドンドン公開すると凄いことが起こると思います。

 でも、ブログでアップするだけだと、後から参照するのが大変です。そういう点ではHPは有効だと思います。

[]自由研究 22:22 自由研究 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由研究 - 西川純のメモ 自由研究 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子は今日で1学期終了です。夏休みに向けて自由研究は何にするかを話し合いました。息子は、日本全国の駅を調べるというものです。私は「日本中の駅がいくつあるか?」とか言って「無理だ!」ということを納得させようと思いました。しかし、そんな話を聞いた息子は「これって、僕を信じていないの?」と言いました。そこで、大笑いしました。そこで、「分かった!やってみな。とりあえず、明日どれだけのことが出来るかで、おとうさんを説得しなさい」と言いました。彼は十分勝算があるようです。頼もしい限りです。

tontan2tontan22009/07/25 07:28上げていただきありがとうございました。
HPの開設だとちょっと時間的にも、手軽さにしても私ののように難しい人も多いと思います。何か良い方法があれば助かります。
が、今回の件を通して多くの方々とメールのやり取りができましたので、これはこれで良かったと思いました。

watatomowatatomo2009/07/25 19:06大爆笑です。
学び合いのかんがえかたですね

jun24kawajun24kawa2009/07/25 19:27はい!
今日は楽しかったみたいだね!
よかった、よかった。

09/07/23(木)

[]教職大学院 21:51 教職大学院 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教職大学院 - 西川純のメモ 教職大学院 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、人事の会議がありました。信じられないほど、良い集団です。おそらく、他での会議の30分の一で問題が解決されます。

09/07/22(水)

[]ネットブック2 13:37 ネットブック2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ネットブック2 - 西川純のメモ ネットブック2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 トンタンさんのご指摘を受けて、昨日のネットブックの前半をカットし、同志の保護者の方にも読んでいただけるように加工したものを「『学び合い』クラスの保護者のために」としてアップしました。

 でも、あれを読み切れるのは、特定の保護者だけだと思います。それはご理解下さい。全ての保護者向けの説明書は出来ません。それはむしろ現場で保護者と対面している同志の方が作成し、自分のHPにアップしてください。それを相互リンクして繋げればいいと思います。

tontan2tontan22009/07/22 19:46私も保護者向けをまとめてみます。今20ページ位なので、5~6ページに内容をコンパクト化してみます。希望される方はメールでお問い合わせください。

jun24kawajun24kawa2009/07/23 09:44トンタンさんのHPを立ち上げて、教材や上記をアップするように検討して下さい。是非、是非にです。みんなが同じ目標を持って多様にアプローチした方が良い!期待してま~す。

tontan2tontan22009/07/23 13:37学校のHPでめちゃくちゃ苦労していた私ですので、ちょっとHPは難しいかもしれません… 
が、完成しました! 保護者に渡せる内容で7枚にまとめてみましたので、とりあえずはメールで問い合わせください。

09/07/21(火)

[]ネットブック 17:43 ネットブック - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ネットブック - 西川純のメモ ネットブック - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、多くの同志のご意見を元に作成した保護者向けのネットブックをHPにアップしました。「『学び合い』の勧め、子どもを守れる親になるために」としました。是非ご利用下さい。なお、加筆・修正のご意見を頂きたく存じます。

[]スカイプ 16:19 スカイプ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - スカイプ - 西川純のメモ スカイプ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日の午前と午後に、二つの沖縄の小学校の研修会にスカイプで参加いたしました。実りが多かったと私は思っております。それぞれの学校で、どんどんと実践が深まっていることを感じます。しかし悩みは尽きませんので、私もお話をさせていただきました。

 こんな研修会だったらウエルカムです。この方式でしたら、家族との生活を全く乱さずに支援できるからです。どうぞ、どうぞ

 また、個人でもウエルカムです。ただし、事前にメール等で連絡してください。今まで何人かの人から「こんにちは?」というスカイプのメールが来たのですが、プロフィールも分からない方からのメールですので、怖いので返信しませんでした。その点だけ、ご配慮下さい。

 文明の利器は素晴らしいと思います。

tontan2tontan22009/07/21 23:03「ネットブック」読ませていただきました。その中で感じたことを述べたいと思います。
 
前半については学校のネガティブな部分が強調されていているように感じます。確かに書いてあるとおりなのかもしれませんが、現実はケースバイ・ケースです。自閉症では、極端に人に関わられることやいつも決まった方法で無ければ納得いかずに不安で苦痛に感じる子どももいます。私もダウン症なら自分のクラスで全時間対応できると思います。でもどの子も「学び合い」で対応できるとは思ってはいません。(まあ、私の力が足りないだけなのかもしれませんが)
 
「ネットブック」を読んだときに多くの保護者はどう思うでしょうか?
そして、「学び合い」ができない自分の担任をどう思うでしょうか?
 
保護者にお勧めするにはちょっと過激な内容だと感じました。
あくまで1つの意見として、感想を述べました。失礼しました。

jun24kawajun24kawa2009/07/21 23:07ありがとうございます。
そうですね。
保護者向けという寄り、一般人向けという位置づけのほうが正しいかもしれませんね。

tontan2tontan22009/07/21 23:39私も保護者に学級便りを通して「学び合い」をよく説明します。
その時に、「ほら、みなさんもそうだったでしょ?」という視点でよく書きます。
西川先生に、どの保護者にも配られる保護者向けのとてもやさしーーーい、「学び合い」解説書があれば、嬉しい限りです。

jun24kawajun24kawa2009/07/22 06:59優しいかどうか分かりませんが、前半の部分のカット版を創りたいと思います。でも、本当はtontan2版を創っていただければいいのですが・・・とても期待しています。

twoyoshitwoyoshi2009/07/22 07:57私もスカイプ使えるようになりたいです。

jun24kawajun24kawa2009/07/22 13:34簡単だよ。バカみたいに。

09/07/20(月)

[]家族旅行 16:16 家族旅行 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 家族旅行 - 西川純のメモ 家族旅行 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日紹介したOBOGの結婚式は軽井沢でありました。ということで、昨日は家族と一緒に軽井沢に車で移動です(本当は電車の方が良いのですが、その後の移動が難儀なので・・)。到着すると家族で軽井沢駅の散策。結婚式前に分かれて、私は礼服に着替え。式は、とても、いい感じでした。式が終わり次第、家族と合流し、ホテルに移動。本日は、鉄道大好きの息子のご要望により、横川駅近くの鉄道文化村に行き、帰ってきました。

 来週以降に始まる、怒濤の出張旅行を乗り切るエネルギーを得ました。

09/07/19(日)

[]ゼミ生同士 06:45 ゼミ生同士 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゼミ生同士 - 西川純のメモ ゼミ生同士 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平成17年度に二人の学卒院生が入学しました。一人は学部で西川研究室だった女の院生です。もう一人は、ボスのT先生の研究室だった男の院生です。T先生が副学長になったので、大学院では私の研究室に所属しました。我がゼミでは中長期にわたって授業実践をして、子ども達の姿を詳細に記録分析するというのが方法論です。しかし、学卒院生は中長期にわたって授業実践は出来ません。そこで、それまでに修了した西川ゼミ修了の現職院生の授業を徹底的に記録分析するということをテーマにしました。一人は、様々な『学び合い』の授業実践を分析することによって、『学び合い』の多様性と一様性を明らかにするテーマです。もう一人は、『学び合い』における特別支援の子どもの姿の多様性と一様性を明らかにするテーマです。

 一人一人のOBOGの授業を1ヶ月間づつ記録分析します。となると、泊まるところが必要です。が、二人とも、そんなお金はありません。どうするのかと聞くと、車の中で寝泊まりするとのことです。「え!?」と思いましたが、学生さんのやることです。ということで、二人は半年近く、車の中で共同生活を続けました。

 二人とも教員採用試験に受かりました。別々な県です。そのため、修士1年で終わったため、二人の研究は未完です。(その後の院生が引き継ぎました)。

 本日、二人の結婚式です。ゼミ生同士の結婚式は初めてです。研究は未完ですが、研究によって二人は結ばれました。目出度い!

twoyoshitwoyoshi2009/07/19 19:26鉄道の旅はいいですよね。

bunbun-hbunbun-h2009/07/19 20:29鉄道の旅って、今回の新婚旅行のこと?
おっと、私達の新婚旅行のことをここに書いてしまいそうなので、誰かとめてー!
(初日は夜行列車でたどり着いた、長野の善光寺の朝でしたよー)

OB1989OB19892009/07/20 05:50おめでとうございました。心からお祝い申し上げます。

09/07/18(土)

[]恐ろしい 23:03 恐ろしい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 恐ろしい - 西川純のメモ 恐ろしい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ここに書くことは禅問答みたいで分からないと思います。自分自身へのメモです。

 テレビやラジオを発明した人は誰だか記録に残っています。でも、その人達よりも凄いことを発見した人がいます。それはコマーシャルによって放送が成り立つと考えた人です。その人がいるから、テレビやラジオが普及したのです。ハードではなく、ソフトをどのように考えるかと言うことが決定的です。

多種多少なコンテンツがなければ、発展途上国の専制国家のテレビやラジオです。我々には凄い資源があります。同じ基本を共有しながら、多種多様な授業展開が成されています。普通の授業の一こまに、涙を流せる感激があります。それも、部活動ではなく、毎日の国語、算数・数学、理科、社会、音楽、美術、体育、英語、技術、家庭科・・・にです。

 今、授業を公開するには、保護者全員の許諾が必要です。これって難しいですよね。だって、一人の反対があっても、その子どもの扱いには十分な配慮が必要です。みんなを求めない従来型の授業のクラスではかなり困難です。でも、『学び合い』ならば、それが可能となる可能性があります。事実、私の手元には、鮮明な画像を多種多様なメディアに公開して良いという、学校レベルの保護者全員の承諾書があります。これって、『学び合い』の特徴です。

 もの凄いコンテンツが我々にはあります。

 今、私の頭の中には、恐ろしいアイディアがあります。とても恐ろしい。

 私は荒唐無稽と多くの人に思われることを、奔放にメモに書きます。ところが、このアイディアはあまりにもリアルすぎる。そして、色々考えても瑕疵がない。まるで、宝くじの1億円の番号が手元にあって、それを新聞で何度も確認している気分です。自分の中の固定観念をちょいと外してみると、我々のおかれている環境は、私の固定観点が形成された時代と全然違います。でも本当なのか、しばらく考えます。

[]武器 19:22 武器 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 武器 - 西川純のメモ 武器 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 どの職業でも、一頭ぬきんでた働きをするためには武器が必要です。私の最初の武器は、コンピュータの知識でした。大型コンピュータを使えたので、本格的に統計分析をすることが出来ました。今から二十数年前は学術論文でさえ頻度分析の時代でしたので、統計分析を使えるというのは武器でした。それを使って、アンケート調査による学術論文を荒稼ぎしました。また、パソコンのハード、ソフトの知識があったので、それでも論文を稼ぎました。

 次の武器は、認知心理学でした。当時の教科教育学では、せいぜい行動主義心理学やピアジェ心理学程度でした。従って、高度な思考を分析的に扱う手法が未整備でした。そこで認知心理学の手法を活用することによって、今まで未開拓であった高度な思考を扱うことが出来ました。これで論文を荒稼ぎしました。

 上記の武器によって、山のような学術論文、数多くの学会賞、そして博士の学位を得ました。これが私の防具になりました。これによって、学術に関して人様からとやかく言われる危険性は無くなりました。

 次の武器は臨床研究です。優秀な現職院生さん、学卒院生さん、学生さんと共同研究することによって、徹底的に子どもの言動を分析することが出来ました。その頃になると、私が最底辺の高校で教師をやった経験が武器になりました。これらが『学び合い』研究に移行しました。

 高校教師から大学教師に異動してから実践の意識は封印していました。大学教師として授業ではそれを解放していましたが、研究では封印しました。しかし、『学び合い』研究になってから完全に解放でき、イライラ感が無くなりました。そして、本や講演に精を出し、それが私の武器になりました。

 古い武器を捨てて、次の武器を選択するとき、「今度こそ、今後一生使う最大の武器だ」と思います。しかし、新たな武器が見え隠れすることになると、過去の武器が陳腐に見え始めます。これは、上記の展開の中で起こったことであります。そして、そろそろ次の段階が見え始めてみました。

 もちろん、『学び合い』は普遍です。これは成長しつつけるテーマです。しかし、これを実現するための武器は今までとは違うものにしなければと思い始めています。それはネットワークであり、双方向のインターネットのように思います。つまり、『学び合い』そのものです。

 私は天才ではありません。学者社会には本当に天才と思える人がいます。しかし、どう考えても私はそうではない。そういう人は、人と同じことを競っても勝てます。でも、私は、そういう人の競って勝てません。しかし、次はどこかを感じる感覚に長けています。そして、それを主戦場にすることに長けています。今度も勝つつもりです。そして、『学び合い』を本格的に広げたい。

o4dao4da2009/07/18 22:25さすがですね。

twoyoshitwoyoshi2009/07/18 22:26 私もここで、あたらしい道を見つけています。いささか多過ぎて整理しきれていませんが。

jun24kawajun24kawa2009/07/18 23:03どう考えても、ビンゴ!です。怖い。

ジョンジョン2009/07/20 07:48宗家の「根っこ」は,
相当無形ではない!!と,
私は思っています。
根拠なら,いくらでもあります。

09/07/17(金)

[]『学び合い』ライブ 08:11 『学び合い』ライブ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』ライブ - 西川純のメモ 『学び合い』ライブ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』のライブを参観したいが、学校を明けることが難しい、という方は少なくないですよね。その方々へのお誘いです。

 多くの学校は8月31日まで夏休みですが、長野県は夏休みは短いのです。その関係で、8月下旬であれば、自分の学校は夏休みであるが、長野県の学校のライブを参観できます。

 小学校、中学校の両方が参加できます。特に、中学校は学校として『学び合い』に取り組んでいる学校です。もちろん、学校関係者以外もウエルカムです。

 長野県の学校で現地集合もありますが、『学び合い』神奈川がバスト宿泊を用意しています。8月21日7時に横浜駅を出発し、小中を参観し、宿泊(徹底的に議論しましょう)、22日の17時に横浜駅着です。

 詳しくは、以下をご参照下さい。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Manabiai_Kanagawa/

09/07/16(木)

[]最強軍団 10:25 最強軍団 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最強軍団 - 西川純のメモ 最強軍団 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は教職大学院の先生方の飲み会です。あんまり楽しくて飲み過ぎて、昨日はバタンキューです。

 教員養成系大学の教員集団として最強の集団は我々だと確信しています。

watatomowatatomo2009/07/16 19:04本当に素晴らしい先生方に囲まれ、お世辞ではなく恵まれているなとおもっています。

追記
先生、毎日更新しなかったのですね。
先生もそういうときがあるのですね

twoyoshitwoyoshi2009/07/16 20:47本当に素晴らしい教授陣だと思います。

09/07/14(火)

[]記念日 21:57 記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 記念日 - 西川純のメモ 記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我が家には年に何度も記念日があります。本日は、家内と最初に出会った日です。祝杯を挙げました。

furutatsuuufurutatsuuu2009/07/14 22:51本当に家族を大切にされている先生みたいな男になりたいです。
かかさず記念日をお祝いしていらっしゃる先生は男の中の男ですね。

jun24kawajun24kawa2009/07/14 22:54男は弱いものです。家族に守られて、「やっと」世の中で活きていけるのです。家族を大事にしなければ、やっていけません。良き人に出会ってね。

furutatsuuufurutatsuuu2009/07/14 23:04今度先生の馴れ初めを是非、聞かせてください。

jun24kawajun24kawa2009/07/14 23:07バーカ~
大事なところは、ひ、み、つ
だよね。
あはははは
でも、君の話を話したら、二人だけの
ひ、み、つ
にしてもいいよ。
あははははは

dacchadaccha2009/07/15 00:58suuziiがブログを立ち上げて以来、長らくお待たせしました。
私はまず両親と祖父母を大切にしなきゃと思います。
自分のことで頭がいっぱいになるとはっとすることが良くあります。

watatomowatatomo2009/07/15 02:32おめでとうございます。
だから麦わら帽子の出で立ちだったのですね

jun24kawajun24kawa2009/07/15 06:27dacchaさんへ
家族が基本です。
watatomoさんへ
あははは
それは腹の贅肉対策ですよ。

o4dao4da2009/07/15 06:38新しい手引き さっと目を通しましたが、実にすばらしいです。何も誤解は起きない気がしました。今まで質問したいことが、よーくまとまっていて、しかも現実的です。勇気をいただきました。

jun24kawajun24kawa2009/07/15 08:02多謝!

09/07/13(月)

[]質問に応えて2 22:26 質問に応えて2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問に応えて2 - 西川純のメモ 質問に応えて2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小林小学校での講演での質問の残りです。

Q 教師は,具体的に何をしたらよいのかと思いました。「この課題をやりなさい」と指示するだけではうまくいかないように思います。本を読ませていただきたいと思いました。

A はい、教師がやるべき事はあります。HPhttp://www.iamjun.com/)に手引き書が公開されています。それをご参照下さい。

Q 分からない子どもは,その時間の中で「分かる喜びをもつことができるのか?」と思いました。分かる子どもは,どのようにして『学び合い』を感じているのか疑問に感じました。『学び合える学級』を作るためには,そこまでの積み上げが必要なのではないかと感じました。

A 詳しくは、「勉強しなさい!を言わない授業」(東洋館出版社)に書きました。簡単に言えば、教師が想定するような固定的な教え教えられる関係ではなく、流動的な関係が形成されます。

Q 可視化は,どうすると効果的なのでしょうか。自分のやっているのは,そこがなかなか上手くいかない気がします。

A HPhttp://www.iamjun.com/)に手引き書が公開されています。それをご参照下さい。

Q 45分間の授業を考えた時に,「最初の教師の働き掛け」「最後のまとめ方」をどのようにしたらよいかと考えさせられました。

A HPhttp://www.iamjun.com/)に手引き書が公開されています。それをご参照下さい。

Q 教師の役割は,『学び合い』の中ではどのようなものか。「連絡事項・課題提示,計5分」なら,専門性がいらないのではないか。(ある研究者が「この課題いいですよ」というものを,誰でもよいから,子どもに示すだけでよいことになる)この指導の繰り返し,どのようにとらえたらよいか教えてください。

A 教師の役割を上記に関連づけて説明すれば、やる気にさせる、ということです。例えば、剣道部の顧問が毎日、「素振り100回」という課題を与えたとしても、子どもが本気にやるか、おざなりにやるかは顧問によります。さらに言えば、全員が本気にやるか、おざなりにやる子が数人いるかは顧問によります。上記の出来る顧問が何をしているか、それは『学び合い』と一致しています。

Q 『学び合い』の導入時期に注意すること,配慮することは何か教えてください。

A HPhttp://www.iamjun.com/)に手引き書が公開されています。それをご参照下さい。

Q どの学年からでもよいのか。低学年からがいいのか。

A どの学年からでもOKです。幼稚園の年中でも、また、私のように四十近くの現職者でも。

Q 集団の人数はどのようなものでもよいのか。

A 人数が多い方が楽です。

Q 課題を解決しようという意欲を高める必要があると思いがそれはどのような働き掛けか。

A 何のために学校で学ぶのかをちゃんと語り、それが指導において一貫していることです。

Q これまで,「かかわり合い」の中で,課題を解決しようとしてきた(子どもたちが主体なって)実践があるが,『学び合い』との違いは何か。また,「かかわり合い」について『学び合い』の視点からどのようにとらえているか。教えてください。

A おそらく最も違うのは、子ども達を有能と考えるか否かです。一般の関わり合いの場合は、教師がごちゃごちゃと指示や準備をしなければ関わらないと思っています。例えば、机の配置や班構成など。ところが、『学び合い』はそんなことしなくても、ちゃんとできると信じます。

Q 『学び合い』が応用可能な範囲をどのように設定しているのか教えてください。

A 人間の集団においては、ありとあらゆる範囲で適用可能です。

Q ごちゃごちゃした中(集団が)で,ある程度バランスがいいと『学び合い』が成立しない。または,誤概念定着してしまうのではないかと機具を抱きます。どのようにして解消すればよいのでしょうか。

A 教師は与えられた子どもに対して高い達成度を実現しなければなりません。ゴチャゴチャしたほうがいいですが、そうでなくても可能です。また、誤概念が定着することはありません。クラス全員が誤ることはありません。従って、クラス全員が関わることが実現できれば、誤概念が定着することはありません。

Q 今,2年生の担任をしています。低学年でも,『学び合い』は可能でしょうか。

A 可能です。低学年は直ぐに学び合います。彼らは本能のままに動きますから。

Q 集団の高まりを実感しました。能力的な高まりを個に焦点化すると,どのような実能があるのか伺いたいところです。

A 一人一人多様です。一人一人が一生懸命に高まろうとするところが良いところです。

Q 教師の役割は,学習手段の組織,みとり,励まし・・・。明確になっているところが知りたいです。(原則的なもの)

A HPhttp://www.iamjun.com/)に手引き書が公開されています。それをご参照下さい。

Q 初めて『学び合い』を始めるとき,子どもたちにどのような話をして始めたらよいのでしょうか。

A HPhttp://www.iamjun.com/)に手引き書が公開されています。それをご参照下さい。

Q 高学年のグループ化は,学習のさまたげになるのではないかと思うのですが,いかがでしょうか。

A はい、そのような固定的な集団を崩すことが出来るのが『学び合い』の良いところです。

[]異学年 17:28 異学年 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 異学年 - 西川純のメモ 異学年 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学校で『学び合い』に取り組んでいる地元の学校に行きました。片道20分ですので楽ちんです。

 前回から1週間半ほど立ちますが、先生方に腑に落ちていくのが分かります。明らかに子どもの声がけ、立ち位置、動きが変わります。何よりも、不安な表情から笑顔に変わっています。基本的に、「もう大丈夫だな~」っと感じました。さらに、本日は異学年のトライです。経験されたことがない先生にとっては、異学年の教科学習は驚天動地だと思います。でも、すんなりと子どもは異学年に入りました。当たり前ですね。異学年の方が自然ですから。異学年が広がれば、子どもたちのパワーもアップします。それ以上に、教師の協働力がアップします。

 午後、大学に帰るとDVDが封筒に入っていました。沖縄の学校から、7月7日、8日、9日に連続で行った6年、5年、2年の異学年の算数の授業です。笑っちゃうほど良いです。1日ごとに先生方の動きが変わっていきます。もちろん、子どもの動きは凄く良いです。異学年の方が楽で素晴らしい、それをよく分かっている私でさえも、笑っちゃうほど、すんなりと入っていきます。こりゃ、面白い化学反応が起こります。

 その学校とは21日の午前中にスカイプを通して職員研修会に参加します。

 文明の利器に感謝です。

[]質問に応えて 08:38 質問に応えて - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問に応えて - 西川純のメモ 質問に応えて - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先だっての小林小学校におけるアンケートの中に、明らかに質問と思われる部分を抜き出し、私なりの応えを書きます。納得できなかったら、どうぞメールしてください。私は、まじめなメールには徹底的に応えます。

Q 学校で取り組むのは良いが,学級・学年だけで取り組んで大丈夫なのか?やはり,全体で取り組まなくてはならないのか?

A 学校で取り組む方が良いに決まっています。しかし、学校で取り組んでから、では、今目の前にいる子どもを救うことは出来ません。まずは自分から、まずは出来るところからだと思います。

Q なぜ,評価を与えないのか?KR情報は?と不安になった。評価を与えると個にかえるので,『学び合い』集団から個にもどるのかと考えた。私は,「教えて考えさせる」授業づくりを進めている。「教えたあとに学び合う」授業作りをすると,どんなに質が高くなるだろうと期待がもてる。知のネットワーク作りを呈した認め合う集団は素晴らしいと考える。目指すゴールがなくても,学び合いながらゴールが分かり,目指すことができる。ゴールがまちがっていると危険があると考える。特に解が拡散しているゴールの学習で『学び合い』ができるようになれば,素晴らしいと考える。

A 評価は与えています。ただ、我々は子どもたちを一人一人違うと考え、一人一人に評価をすべきだと考えています。これは現状の授業では出来ません。だから、子どもたちと一緒になって形成的評価をするようにしています。そして、最後の評価は現状と同じで、テストです。

学び合い』ではゴールで一番大事にするのは、良いゴールではなく、それ以上に、子どもに分かるゴールを目指します。それ故、ゴールが間違う危険性は従来に比べて格段に少ないと思います。

 小林小学校から情報が送られ次第、上記以外の質問にも順次、応えていきたいと思います。いましばらくお待ち下さい。

watatomowatatomo2009/07/13 19:08なるほどー。
やはり、多様な者の集まりである異学年は自分もとても興味があります

jun24kawajun24kawa2009/07/13 19:23私のところにDVDがあるからみてね。

09/07/12(日)

[]個人的必然 22:16 個人的必然 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 個人的必然 - 西川純のメモ 個人的必然 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 bunbunさんから霊的は駄目だとのご指摘がありましたので、自己分析をします。あははは。全ての人には一人一人の必然性があると思います。私の考え方に至る必然性の、後知恵を書きます。

学校観

 私は大学院の時代は毎日、土日もなく13時間以上も本を読み続けました。だから教育学の古典は一応読んでいました。そして、常に「建前論だな~」っと感じていました。それが確信したのは、最底辺校で教えた経験です。子ども達は、素直に「何で勉強するんだよ~」っと語ります。子ども達に、教育学で言われているような学ぶ意味を語りました。しかし、それらは非常に単純な論理で論破されます。言っている私自身が、「俺の方が負けだな~」と納得しました。そして、彼らを納得させるような目的ではなければならないと思いました。それが『学び合い』の学校観に繋がりました。

 もし、私が大学院で古典を読んでいなければ、「なんか分からないけど、世の中には凄い目的論があるだろうな・・」という幻想を持ったかもしれません。もし、私が最底辺校で教えてなければ、大学院でのたまっている教科内容依存レベルの目的論で満足していたでしょう。だって、大抵の子どもは、それを表だって反対しませんから。

 そして乗り越えられたのは、私が生物学を学んでいたからだと思います。進化論的に人間を見られた点がよかったと思います。

子ども観

 私は最底辺の子ども達を教えました。そして、その純粋無垢オール1の子どもも普通の子どもであるということは体に染みついています。多くの教師は時代遅れのピアジェの発達論に縛られています。ちょいと勉強すれば、あれがとうの昔の話であることが分かるはずです。そして、生まれたばかりの乳児でさえ、基本的能力は全てそろっていることが分かります。

 私は上越教育大学の教官に採用されました。本学は現職教員と徹底的に子どもを分析できます。これは東大でも駄目です。その結果、子どもの凄さを知ることが出来ました。その結果、テレビドラマ的なヒーローがいる授業ではなく、どこまでもゴチャゴチャしている授業の姿を学ぶことが出来ました。最底辺の子どもさえも戦力となり得る、数十人の子どもの凄さを知ることになります。

 授業観は上記の学校観、子ども観の必然です。

 最後に、私は生物物理学を専攻した結果として、物理学を学んでいました。物理学を学ぶことによって、単純の美しさを学ぶことが出来ました。複雑な現象を単純なモデルで近似でき、それが有効で美しいことをしっていました。

 ま、一人一人は違った履歴と経験によって、『学び合い』に至ったと思います。

[]考え方 17:28 考え方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 考え方 - 西川純のメモ 考え方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 次の時代に、たった一つの科学法則しか伝えられないとしたら、何を伝えるか?おそらく、それは粒子という考え方だと思います。古代ギリシャから現在の最先端の素粒子においても命脈を保っています。

 それに比すのはおこがましいですが、『学び合い』の三つの考え方は、『学び合い』研究を始めたごく初期から変わりありません。何故、それに出会えたか、とても不思議です。もちろん神様が教えてくれたというものではありません。ただ、その考え方がシンプルで「美しい」と感じさせてくれたからです。科学において正しいものはシンプルで美しいものです。だから、それを基本原則として研究・実践を続けました。ただし、基本的な考えは一貫しているのですが、その言葉の深みを毎年思いさらされる日々が続いています。

 例えば、「15分ぐらいのエクササイズを3回ぐらいで『学び合い』は出来るほど、子どもは有能である」と初期は考えていました。つまり、「15分ぐらいのエクササイズを3回ぐらは学び合うには必要だ」と子どもの能力を見くびっていたのです。これは今でも同じでしょう。私は考えられる全てのことは子ども達集団で可能とすると考えています。でも、無意識に出来ないことを除外しているのでしょう。来年の私は今の私を「子どもの能力を見くびっていたな~」と思っているでしょう。そして、そう思いたい。

 宗教じみていますが、『学び合い』の考え方には霊的なものさえ感じます。でも、それは数学者が素数の世界に神の御技を感じるようなものです。

[]思いつきました 17:28 思いつきました - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 思いつきました - 西川純のメモ 思いつきました - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現在、『学び合い』を実践している人は数が増加しています。従って、『学び合い』を経験している子ども達は増加しています。おそらく上は大学生、下は小学生で数万人以上いるはずです。そして、その2割程度は、志の高い行動が期待できます。

 もし、適切な目標と適当な仕組みと保証すれば、凄いことが出来ます。これが実現したら、教員養成系学部以上の人数の教員が、ネットワークの中で生まれます。でも、そんなことを私が考えなくても、誰かが生むような気がします。ただ問題は、それがいつか、ということです。

bunbun-hbunbun-h2009/07/12 18:38『シンプルで「美しい」から』
うつくしいことばです。
ただ、『学び合い』を霊的に表現することは私に任せて、先生は「科学的に」でお願いします(笑)。

jun24kawajun24kawa2009/07/12 18:43ふぉふぉふぉ
科学と美は一致、その美に畏敬を感じるのは当然ですよ。

bunbun-hbunbun-h2009/07/12 18:46ですよねー

09/07/11(土)

[]伝えにくいところ 22:19 伝えにくいところ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝えにくいところ - 西川純のメモ 伝えにくいところ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 多くの人にとって、『学び合い』とは「教師が教えない授業方法」と理解しているでしょう。それより分かっている人は、「教師が学習内容、学習方法を直接教える変わりに、子ども達が学習内容を学ぶ方法を自らで学ぶために、教師が様々なことをする授業方法」と捉えているでしょう。でもね、本当に大事なのは考え方です。上記のレベルでは、色々なことがあると、直ぐにぶれる。でも、考え方が分かれば、失敗しても、問題が起こっても、ぶれなくなります。でも、しょうがありません。形から入り、色々なことを経験して、考え方が理解できるのですから。

学校観

 人格の完成とは、多様な人と折り合いをつけて、自らの課題を解決できることである、ということが伝えられません。

 人格の完成が何か、それが分かっていないと、心の成長と学力の保証を対立的に考えてしまいます。代表的な誤解は

 学活・部活で人生を語ることによって、授業でガンガンに教え込みをすることの免罪符としている。

 学力というものを明確に子どもや保護者に伝えられないにも関わらず、テストの点数を上げることを卑しいことと考える。

子ども観

 多様な子ども達は有能であるということが伝えられません。多様な子ども集団という考えが出来ません。目立った「その子」に心が奪われたり、金太郎飴のような一律の子どものように捉えたりします。いずれも集団として捉えられません。

 例えば、荒れた学級では『学び合い』は出来ない、とよく言われます。では、荒れた学級では、子ども達みんなは「荒れて」いるのでしょうか?たしかに荒れている子どももいるでしょう。でも、「この荒れた状態が続けばマズイよな」と気づける子はいますし、気づいている子はいます。そして、何とかしなければならないと積極的に考えている子どもはいます。その子どもの多様性に気づけない。そして、集団として動かせれば、凄いことが出来ることを知らない。そして、集団の最底辺に心を奪われる。だから、子どもは無能だと思ってします。でも、子ども「達」は有能なのです。

授業観

 授業とは、指導要領に規定された目的を達成するために行うことです。この当たり前のことを伝えられない。

まず、「本時の目標は?」と聞かれて、ちゃんと応えられる教師がどれだけいるでしょう。もちろん、指導主事訪問の時は指導案に書きます。でも、あんなご大層なことを毎日出来るわけありません。大抵は、あまり考えません。まあ、「数理的な思考」とか「深い読み」とか訳の分からんレベルでOKにしていると思います。私の採用1年目は、「教科書に書いているようなことを用いて、授業の体裁を整える」という、もの凄く恥ずかしいレベルが本時の目標でした。

 そして、それを曖昧にしていると、評価が甘くなります。そして、目標を達成することが目的ではなく、自分が何をやったかが重要になります。例えばです。初詣の際、お賽銭をいっぱい入れると御利益があるように思いますね。でも、本当ですか?そうだと思える根拠を言えますか?何となく、自分なりの努力をすれば、それなりの御利益がある、と思っていませんか?じゃあ、何故、どうやったら御利益があるか、それを真面目に調べようとしないのでしょうか?そりゃ、その程度の御利益であると評価しているからです。本気で株でもうけようと思う人は、それなりに株の勉強をします。

 もちろん、一生懸命に勉強している教師は少なくありません。でも、それが本当に役に立ったか、それを評価しているでしょうか?評価していれば、気付くはずです。子ども達の中には、自分が何もしなくてもそれを達成するであろう子がいることを。そして、自分ではどうしようもない子どもがいることを。そして、両者の子どもがクラスの多くを占めることを。本気で株でもうけようとしている人は、自分が損していることにも気付くし、損切りしているはずです。

makine45makine452009/07/12 06:41この“考え方”がわかってから『学び合い』を始める人は少ないと感じています。とりあえず始めて見ると、この“考え方”が体の中に落ちてくる感じがしました。同志としゃべっていると、この“考え方”がすとんと降りてくる感じもありました。理解の仕方は多様なので、理解してから入ってくる人もいるのでしょう。私の場合は、今考えるとこの“考え方”がわかって始めたわけではないように感じています。長くなるので、自分のブログに書きます。

jun24kawajun24kawa2009/07/12 07:46あははは
私だって、院生さん、学生さんに教えてもらいつつ、十数年かかったんですから。

scorpion1104scorpion11042009/07/12 21:58評価って、むずかしいですね。
自分の尺度では、「学び合い」が見え初めてきて満足でも
他の教師からするとそうは見えない。

研究授業の本時の授業の評価は付けたしのような存在で、教師側の個々の主観でよかったとか悪かったとか発言される。
曖昧で漠然とした授業の内容の評価や全体的な児童の姿の大まかな評価が多い。
でも、それでも皆さん不思議な感情はないようです。
何がよくて、何が悪いのかがはっきりしていないからだと思います。
だから、校内研究は発表が終わると跡形もなく消え去ってしまうのでしょう。資料は、たくさん古いものが残ってますが~。


人格の完成についてのお話ありがとうございました。
人格の完成とはどういうことをいうのかと聞かれたら、
私ははっきりと答える自信は、ありませんでした。

jun24kawajun24kawa2009/07/12 22:18だいじょうぶ。
伝わっている人は、必ずいます。
分かっている人は、必ずいます。
みんなで、みんなを変えましょう。ね。

09/07/10(金)

[]初体験 21:45 初体験 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 初体験 - 西川純のメモ 初体験 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ある学校でボランティアで入っている学部3年生が、自習監督1時間を任せていただいたとのことです。子ども達からは『学び合い』をしたいとのことです。そこで『学び合い』です。ところが、1時間の半分ぐらいはうまくいったのですが、後半は課題量の関係でだれてしまいました。そのことを学部学生は凄く落ち込んでいました。

 あははははは

 私は、どうすればいいかを懇切丁寧に教えました。どうすればいいかなんて、簡単なことです。このような学生をゼミ生としていることを誇りに思います。『学び合い』で一番大変なのは「やる」と決心すること。それを乗り越え、失敗し、そして、乗り越えました。それが二十歳で出来るのです。

09/07/09(木)

[]ブレーキ 21:53 ブレーキ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ブレーキ - 西川純のメモ ブレーキ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 人の車に乗ると、自分とはブレーキのタイミングが違うと、横で乗っていても、右足で無意味にブレーキを踏みたくなります。

 そういえば、本日の参観では、自分が「そうしたらいいよな~」と思い始めると、その学校の先生がそうします。私の『学び合い』のイメージと、その学校の先生方のイメージが一致しているのだと思いました。小気味が良い。

[]普通 21:31 普通 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 普通 - 西川純のメモ 普通 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は、講演前に買っておいたサンドイッチとおにぎりを食べながら、講演後に高速道路を走り帰宅しました。息子は既に寝ていました。

 本日は、息子と風呂に入り、家内と晩酌し、息子の添い寝をして、今、起きました。

 やっぱ、普通がいい。

[]安心 18:28 安心 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 安心 - 西川純のメモ 安心 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、地元の学校での異学年の『学び合い』を参観しました。安心して観てられます。後は、その学校なりの、その先生なりの『学び合い』を構築するでしょう。楽しみです。

watatomowatatomo2009/07/10 17:13西川先生の子ども思いの気持ちがつたわって、暖かいきもちになりました

jun24kawajun24kawa2009/07/10 19:18はい、今日も楽しい晩酌です。

twoyoshitwoyoshi2009/07/10 19:21私のブレーキのタイミングは、西川先生とはだいぶ違うようです(笑)。

jun24kawajun24kawa2009/07/10 20:47あははは
そのタイミングが合ってくるよ
そして、修了後は違ってくるよ
でもね、運転のレベルでは一致するんだよ。
守破離なんだよ。
でも、守は大事

09/07/08(水)

[]講演 21:47 講演 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 講演 - 西川純のメモ 講演 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、講演しました。強制された研修ではなく、新潟市の人たちにとっては忙しい、この日に、5時半から7時半に集まっていただいた方々に感謝します。

09/07/07(火)

[]虫取り 22:56 虫取り - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 虫取り - 西川純のメモ 虫取り - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子の作文には独特のリズム感があります。それは私が読んだ、どの文章にもありません。親ばかですが、天才だと思います。

 『今日、たぶん、3回目だとおもいますがー。月かげの里にいきました。

 そして、さっそく虫をゲット!その虫の名前は、シオカラトンボです。じつはこれ、川でれんしゅうしたものです。

 さて、こん虫の楽園(?)とも言われる田んぼにつくとすぐに、きいろくてとんでいる化け物があらわれました。ん?書面から見ると、糸トンボという虫でした。今日は、えさがいっぱいいいる日なのか、トンボがやけに多く飛んでいます。ぼくはあみをかまえ、すぐに、「おりゃ」。バサッ。けれども、トンボは、人間とくらべたら、スピードはけたちがい。うへー。そこにはまちゃった。おべんとうを体いく館でたべます。さて、ごご。ぼくのねらいは、チョウだったんだけど、ルリシジミでした。でも、これがたのしいときだってあるんだよねー。なんかふくざつだな。そして、帰りぎわチョウをにがしてやりました。バイバーイ。』

 ということで、土曜日の虫取りは活きました。

[]迷い 22:25 迷い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 迷い - 西川純のメモ 迷い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 野外には色々な雑草があります。どちらが信じられますか?

a) 全ての雑草は美味しく食べられます。ただし、最初は苦いと思います。しかし、黙って50回嚼んで下さい、とても美味しくなります。

b) 雑草には美味しく食べられるものがあります。特に、キク科植物のオニタビラコは特に美味しいです。ただし、最初は苦いと思います。しかし、事前に10分間レンジで温め50回嚼んで下さい、とても美味しくなります。

 どうでしょうか?おそらく、b)の方だと思います。b)の説明だとオニタビラコを食べてみようかなと思うかもしれません。そして、それが美味しければ、他のキク科植物も食べしてみようかと思うかもしれませんし、やがてイネ科植物も食べてみようという気になるかもしれません。

 ずっと前から迷いがあります。

 『学び合い』のことを説明すると、「そんなこと出来るわけ無い」、「特別なクラスの場合に出来る」・・・と言われます。それに対して、どんな論理的な説明をしても、どんなデータを示しても、納得しません。だって、「そんなはずない」という強い思いこみがあるからです。まあ、「2mの垂直跳びを出来る」という話を信じられないのと同じです。

 これに対して、「特別に優れた教師だけが出来る超高度な指導法」という説明ならば納得しやすいと思います。そこで「優れた教師になれるには・・・」という説明ならば受け入れやすい。少なくとも最初から拒否することは無いと思います。

 現状で『学び合い』が出来るというのは特別か?といえば、ある意味正しい。でも、多くの人の特別という意味ではなく、別な意味で特別なのです。そりゃ、食べてみると決心できるという意味で特別なのです。

 しかし、上手く説明できないのですが、「それは正しくない」と私の直感が囁きます。信じてもらうには大変でもb)ではなくa)を選ぶべきだと直感が囁きます。多くの教育の研修会では、名人教師・スパー教師が奥義を伝授しています。でも、『学び合い』の会では、そのような姿ではありません。「ごく普通の自分でも出来ます」、「こんなことがあるけど、大丈夫、子どもは凄い力があります」というスタンスでみんな発表していると思います。そんなのが、いい、と思います。

追伸 言うまでもなく、オニタビラコは美味しくないですよ。たとえ話です。あはははは

[]一斉指導的『学び合い22:25 一斉指導的『学び合い』 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一斉指導的『学び合い』 - 西川純のメモ 一斉指導的『学び合い』 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現在、手引き書をHPで公開しています。その前身は奥義書というたいそうな名前です。今から2年前に公開しました(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20070329/1175159564)。私は、長らくノウハウ本は書かないようにしていました。理由は『学び合い』は考え方であるにも関わらず、テクニックと誤解されることを恐れたからです。しかし、誤解される危険性を理解しつつ、ノウハウ本を作りました。

 総合的には、成功だったと思います。あの本によって、一歩を踏み込めた人も少なくなかったと思います。同時に、一歩踏み込んで、迷った人の道しるべになったと思います。

 今、テクニックと誤解されることを恐れつつ、次のことを考えています。それは、現状の指導に近い『学び合い』を実践する方法を書いたものです。『学び合い』は考え方です。従って、現状の指導をしつつも、『学び合い』の考えを取り入れて指導することは可能です。誰から見ても従来の指導と見まがうが、『学び合い』は出来ます。それは分かっているのです。でも、一斉指導的『学び合い』と『学び合い』的一斉指導が見た目は紙一重なのです。そこに危うさを感じます。が、その危険性を理解しつつ、書こうと思い始めました。

[]嫌われる 22:25 嫌われる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 嫌われる - 西川純のメモ 嫌われる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は嫌われるのが、大嫌いです。信じられないかもしれませんが、本当です。嫌われるぐらいならば、引きこもりたい。

 私は『学び合い』は正しいと思います。でも、『学び合い』を嫌う人がいても、しょうがないとお思います。でも、『学び合い』を正しいということで、私を嫌う人がいることは、正直辛い。あまり辛いので、面と会う人に対しては、私が『学び合い』を正しいと思っていることを隠したいという気持ちが起こります。少なくとも教職大学院では、私は『学び合い』を封印したくなっています。

 教職大学院では、臨床的に教科教育を分析するという立場で押さえます。そして、本や講演会やHPで『学び合い』を伝えるという方法もあるのではないか、とも思います。

 職場で辛い同志の気持ちも分かります。

 明日は新潟市の小林小学校で講演をします。

[]動きの違い 16:15 動きの違い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 動きの違い - 西川純のメモ 動きの違い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ゼミ生が教職大学院五十数名に対して『学び合い』の授業を行いました。学卒院生が現職院生を含む面々に『学び合い』を実践した心意気を高く評価します。

 『学び合い』では集団の色々なものが見えます。本日も見えました。自分の課題の解決に専念する人、自分の課題の解決のために周りの人と関わる人、周りの人の課題の解決のために周りの人に関わる人、そして、五十数人の課題の解決のために自分が何をなすべきかを考える人、と様々です。それらはほぼ、年齢に比例しているように見えました。同じ現職院生でも40代と30代では動きが違います。しかし、それは能力の違いとは思いません。おそらく、現場の学校にいたとき、どのような動きを求められており、そして、その求めに応えていたかを示すものです。

 中でも、数人の院生さんは、思わずうなってしまうような動きをしていました。こんな人は、速く出世してもらいたいと思います。若い院生さんもなかなかのものです。中には可愛い顔をしながら、三十代後半の動きをしている学生さんもいました。

 全体的に見て、実に良い集団だと思いました。

twoyoshitwoyoshi2009/07/07 19:50私は西川先生の動きを観察していました。

bunbun-hbunbun-h2009/07/07 20:11ははははははははははは・・・最高!

jun24kawajun24kawa2009/07/07 22:26その見ている、あなたを見ていたんだよ。
だから、首を振ったんですよ。あははは

cyorisocyoriso2009/07/07 23:17私は品定めをしておりました!!一瞬一瞬が大事です。

furutatsuuufurutatsuuu2009/07/08 00:35さりげない仕草の意味・大切さを改めて学びました。
自分もできるよう頑張ります。

jun24kawajun24kawa2009/07/08 06:49cyorisoへ
君は、おちゃらけて逃げてはいけないよ。
明るいのはとてもいいけどね。
君が演じている人以上の人であることは見抜いているよ。
ふぉふぉふぉ
furutatsuuへ
加減せずに、ばりばりやりなよ。無茶苦茶にバリバリ出来るのは、この2年間ぐらいだよ。一気に、自分の殻をたたき割りなさい。ね。

twoyoshitwoyoshi2009/07/08 07:55私は先生が一斉指導的『学び合い』を書く事には反対します。現状だと間違いなく、指導法の一つとして一般化され、そしてあっという間に消費されてしまう気がします。
特に学校という惰性が強い社会では、現状を変えようと思っている教員ほど大所高所に立てずにミーハーになってしまう傾向が強いです。
『学び合い』はでか過ぎてミーハーな人は気持ちではできませんし、『学び合い』を実践することそのものが上っ面だけでない、子どもにどう向き合うかという事につながると思います。

jun24kawajun24kawa2009/07/08 08:27理解しております。
では、一歩を踏み込めない人に、踏み込める代案を教えて下さい。
『学び合い』が広がるにつれて、『学び合い』を実践しようとする人の質が変わっているのです。
理屈は正しいからやろう、という人は少ない。理屈は分かっているけど、でも不安、これが普通です。
言ってみれば、物理が分からない人が多い理由と同じです。
物理を抽象的な理論から入り、それを具体的な問題に適用する、という人もいます。物理が好きな人は、このタイプがいます。
でも、理論はさておいて、具体的な問題の適用を積み上げていくうちに理論の理解に至る人もいます。
実際は、相互作用がありますが、相対的にどちらかによっていると思います。
私は後者を作る必要があると思っているんです。
駄目かな?
その場合は、代案教えてね。

jun24kawajun24kawa2009/07/08 09:16どあはははは
何度も書きますが、私は教祖様にはなるつもりはありません。

twoyoshitwoyoshi2009/07/08 09:16わかりました。代案考えてみます。でも、先生が『学び合い』の考え方を我々に突きつけ続けずに、いったい誰がその役割をするのでしょうか?私たちは先生の考え方を人に伝える事はできます。しかし誰も先生の代わりはできません。

watatomowatatomo2009/07/08 13:24コメントが遅れました。
私の授業をみてくださり3先生には感謝申し上げます。
お話をお伺いしましたが、わたしは西川先生には『学び合い』を教えていただく責務があるのだろうと考えています。
私は、もし上越の地に降り立っていなければ、『学び合い』の存在も知らず、西川先生をセミナーや本等で見る事はなかっただろうと考えています。
元々、私は人付き合いがうまい人間ではありません。そんな私が人とつながる事の大事さを感じたのは先生のおかげなのです。『学び合い』だろうと思います。
『学び合い』という事を言い続ける事で価値があるのだろう。重みがあるのだろうと考えています。私たちが思い、信じてきた道は決して間違いのないものだろうなぁと信じています

jun24kawajun24kawa2009/07/08 13:39期待しているよ

09/07/06(月)

[]気楽にね 19:37 気楽にね - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 気楽にね - 西川純のメモ 気楽にね - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平常の学校で、2週間以上授業を担当しているならば、そこに現れる子どもの姿は、自分の責任と考えるべきでしょう。子どもが悪い、親が悪い、教科の特性・・・と他に責任を転嫁してもしょうがありません。

 しかし、飛び込みで1回の『学び合い』をする場合、話は別です。そこでの授業者の責任は最初の語りと、課題のみです。最初の語りをちゃんと語り、課題がもの凄くひどいものでない場合、そこに現れる姿は、その集団の素の姿です。その責は、普段担当する授業者集団、そして、その管理者にあります。

 ということで気楽にね。そして、本学の「集団」の素の姿に期待しています。

watatomowatatomo2009/07/06 23:45自分で出来る限りの事はやってみたいと思っています

jun24kawajun24kawa2009/07/07 06:22期待しているよ。

09/07/05(日)

[]釣り記念日・チョウチョ記念日 19:16 釣り記念日・チョウチョ記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 釣り記念日・チョウチョ記念日 - 西川純のメモ 釣り記念日・チョウチョ記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は息子を近くの川の土手に連れて行き、チョウチョ採りを手ほどきしました。高校時代は、チョウチョ採りに明け暮れていました。その当時は、なんと現在の貨幣価値では5万円ぐらいの捕虫網を持っていました。特段に材料が効果というわけではなく、とにかく使いやすい、捕らえやすい網です。それを持ってるぐらい入れ込んでいたのですから、自信を持って教えられます。

 が、最近、息子は釣りがしたいと言います。そこで、全くのド素人ですが息子を釣りに連れて行きました。場所は市内の海洋フィッシングセンターです。竿もかしてくれるので仕掛けに悩むことはありません。全く素人ですが、小型のフグとなんだか分からない小魚をゲットです。息子に簡単に教えたら、餌をつけて釣り始めました。その息子が小型のフグを釣ったのですから、偉いと思います。

 どなたか、釣りを趣味としている方いませんか?とにかく、子どもでも出来る、ド素人でも出来る、そして、それなりに楽しい釣り、教えて下さい。

twoyoshitwoyoshi2009/07/05 19:59ここにいますよ(ニヤリ)。

bunbun-hbunbun-h2009/07/05 20:06灯台下暗しですか(笑)

mana-mama5mana-mama52009/07/05 21:21直江津の漁港で豆アジを釣った事があります。朝4時、サビキつりで入れ食いでした。小さいけど100匹くらいの釣果でした。その釣りたてのアジに小麦粉をつけて、そのまま携帯コンロの上で煮えたぎる油のなべの中へジュジューッと入れて、カラッと揚ったところをパクリ。美味でございますぅ~。

jun24kawajun24kawa2009/07/05 22:43多謝!多謝!

ジョンジョン2009/07/06 04:27私は,初級程度。
講演会窓口は,プロ並みですよ。

09/07/04(土)

[]川藤先生 21:55 川藤先生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 川藤先生 - 西川純のメモ 川藤先生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 どの世代も、理想の教師像を描いたドラマがあります。それらはいつも同じです。ルーキーズは私が小学校・中学校に放映された「我ら青春」に繋がる一連のドラマと一緒です。本当に同じです。あれを見て、子どもも教師も涙します。私も涙します。

 でも、私は知っています。一話完結で終わらない問題が多いこと。ドラマで人気俳優が演じない役の子どもにも、人生があることを。(例えば野球部以外の生徒にも人生があります)みんなみんな教師を慕い、それでいいと思いこむ子どもと、そして、それを教師の醍醐味と思う教師。でも、そんな教師を大好きになる子どもがいる一方、大嫌いな子どももいる。みんなが教師を向くと、子ども同士が教師の歓心を争うライバルになる。

 あんなドラマで強くなれるチームを作れるのは、どんどん才能のある子どもが入部して、どんどん切れるチームだけ。普通の公立学校で優勝をねらえるチームを作るためには、違った教師が必要です。

 あのドラマで間違った教師像を持って教師になり、子どもの協働を阻害し、自らは家庭を顧みない「理想?」の教師になることを強いる。

 あれもやった、俺はこれも出来る・・・それを誇る教師がいます。でも、な~んもしない、俺はこんなことも出来ない・・・そういいつつも高い成果を上げる教師がいます。どちらが教師の力量があるでしょうか?私は後者だと思います。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20030321/1172994735

追伸 これを書きながら、多くの良き教師から嫌われるであろう事を分かっていて、書かねばならない業を呪います。はやく良い人の役回りになりたい。他の人が、やってくれれば、そうなれるのに。

[]ミーハー 17:34 ミーハー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ミーハー - 西川純のメモ ミーハー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ネットサーフィンをしていたら、野中信行先生のブログに私の小文の紹介があった(http://nonobu.way-nifty.com/blog/2009/07/post-5819.html)とても嬉しかった。

 野中先生といえば、私の人物カテゴリ-においては「大西忠治、大村はま、斎藤喜博」に広義では入ってしまう先生である。(おそらく、わたしゃそんな年ではないよとおしかりを頂くかも知れませんが・・・)その先生から賛同されると、猫がのどをなでられたように「ゴロゴロ」のしたい気持ちである。その単純さに自分でも呆れてしまう。

 今までにも、本で読んでいた尊敬する実践者である方々からブログで紹介していただく機会を得た、ただ、その多くは私とほぼおない年か、若い方々である。日本の古くからの伝統である、長幼の序による「お世辞」も幾分かはあると割り引きます。しかし、野中先生から世辞を頂く、理由は何もありません。

 年長者からのお褒めの言葉・同意の言葉というのは、若年者にとって魔法のエネルギーがあります。それは異学年学習の研究でも既に知っていることです。しかし、我が身に振り返って、改めて実感しました。

[]難しい 09:13 難しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 難しい - 西川純のメモ 難しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、「私の言っていることは難しいことを言っているんだ」ということを再確認しました。なにをいまさら、と思われる方も多いでしょうね。全ての人に分かる説明というのは無いことは百も承知なのですが。おそらく、論理や基本データで議論すれば、ほぼ100%論破できる自信があります。だって、馬鹿馬鹿しいほど単純な論理ですし、我々が積み上げているほどのデータを持っている人はまず無いでしょうし。でも、納得させるのは別です。納得しなくない人を説得させることは出来ませんから。

 ようは分かる人を増やし、その人が伝えるしかないと思います。

ジョンジョン2009/07/04 16:06賛成します。

ジョンジョン2009/07/04 19:09野口先生の文章,美しいですね。
思わず,見とれました。
さて,宗家ものどを鳴らすほどの味わい。
(評価者としての教師の出場で,
子どもたちにも味合わせてあげたいなぁ)
と,思いました。

ジョンジョン2009/07/05 05:57上記記述訂正
「野中先生の文章」

twoyoshitwoyoshi2009/07/05 15:48私も、もう一度仕切り直しというところです。初心に帰ります。

ジョンジョン2009/07/06 04:29ぼくらの時代は,
「フィーバー」
「レモンの香り」
なにかな。と,思いました。

09/07/02(木)

[]外からは分からない 22:13 外からは分からない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 外からは分からない - 西川純のメモ 外からは分からない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 よく苦労した人は人に優しい、と言いますが、あれは嘘です。苦労した人に は二種類います。もちろん、「俺は苦労したから、おまえにはそういうことはさせないよ」という人もいますが、「俺も苦労したんだから、おまえもそうするの が当たり前だ」という人もいます。たいていの人の場合は、「苦労はためになるよ」なんていうことを言い訳につけるかも知れませんね。

 若い人は革新的で、年長者は保守派である、というのも嘘です。経験したから保守的になる人もあれば、経験したから大胆になれる人もいます。経験が無いから革新的になれる人もあれば、経験がないから保守的になる人もいます。

 経験ではなく、その経験をどのように生かすかという、根っこの部分が大事のように思います。その根っことは、経験があろうが無かろうが、どうあるべきかということを理解するセンスです。どうあるべきかが、あって、現実をそれに近づける意思の力です。

[]禁煙 22:05 禁煙 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 禁煙 - 西川純のメモ 禁煙 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今を去ること四半世紀以上前、私が大学院1年のある日、禁煙しました。その時、同級生のTと、互い持っていたタバコを全てその場で吸い、それ以来、一度も吸いません。禁煙は辛いものです。いまだにタバコを吸わないのは、あの禁煙の辛さをもう一度やりたくないからです。その経験によれば、止めたときにはすぱっと止めるほうが辛くないと思います。世の中には、日に2箱を、日に1箱にして、10本にして・・・というふうに止める人がいるのかもしれません。でも、私には絶対に無理です。1本でも吸えば、誘惑に負けて、あっという間に2箱になってしまう。だから、止めたときはすぱっと止める方が辛くない。

 本日、地元の学校に行きました。今年から学校で『学び合い』に取り組むと決めた学校です。参観してみると、『学び合い』に対する間合いが様々でした。つまり、私がよく例示するように、教師の語りは数分で、あとは子どもに任せる、という先生もおられます。一方、一斉指導と見まがうように、『学び合い』を取り入れている先生もおられます。その様々な間合いがあることがとても、いいな~っと思いました。

 私は、『学び合い』の考え方をシンプルに徹底した方が、良いと思っています。禁煙と同じで、苦しいですが、短い期間で従来から決別できる。でも、世の中には別な人がいても良いと思います。元の木阿弥になる危険性があるものの、従前の授業と徐々に変わっていく流れがいい人がいても良いと思います。

 方法は良いんです。要は、自分が子どもに接する時間の1分、1秒の例外なく、子どもを大人にする時間になっているという確信を持ちたいと思うことです。自分がすくなから無い子どもを見捨てている、あの子を見捨てている、という自責の念から脱することを目指すことです。そして、自分が素晴らしい人生を過ごしているという確信を持てるために、人に何かを与え続けているという確信を得るために。

 とても、したたかな学校に、安心を頂きました。

[]基礎 18:55 基礎 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 基礎 - 西川純のメモ 基礎 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は一斉指導(まあ、従来の授業というぼやっとした意味で捉えて下さい)の基礎の上に出来ると考える方がおられます。一部は正しく、一部は間違っています。

 素晴らしい一斉指導の出来る先生は、素晴らしい『学び合い』も出来ます。これは正しい。でも、逆に言えば、素晴らしい『学び合い』を出来る先生は、素晴らしい一斉指導も出来ます。これは意外な人もいますが、事実です。

 どうも、声の出し方がうまい、とか、絶妙な発問を出来る、とか、教材の引き出しが多い、とかが出来て、子どもを掌握した後に、『学び合い』が出来ると思っている方は少なくありません。私もかっては、そう思っていました。しかし、今はそう思っていません。

 例えば、かつて西川ゼミは「好きな先生」はどんな先生かを調査しました。そのころは私はうまい授業に誇りを持っていた時期ですから、当然、授業のうまい先生が必須要件であるという結果が出ると予想していました。ところが、違いました。「授業は分からないけど、好き」という回答は少なくありません。でも、考えれば当たり前です。

 我々の子どもの時を思い出して下さい。担当の教師をテクニックレベルで好き嫌いを評価していなかったと思います。結局、「自分たちをどう思っているか」ということを感じ、評価していたと思います。つまり、ハートで評価してたと思います。まあ、女性を口説くのにテクニックがあった方が良いに超したことはありません。でも、テクニックだけだと早晩、見破られてしまいます。結局は、ハートです。ハートがあれば、やがて分かってくれます。もちろん、ハートとテクニックの両方あれば良いに超したことはありませんが、どちらか一つと言えばハートです。少なくとも、くっついたり離れたりの遊び相手ではなく、生涯の伴侶ならば、ハートだと思います。

 でも、ハートがあっても口説けない場合はあります。相性がありますから。教師も同じです。ハートがあっても、その教師を好きな子どももいますが、嫌いな教師もいます。しかし、優れた授業をしている教師は、集団の動かし方を知っています。つまり、クラス運営を知っています。自分と相性が悪い子どもであっても、自分の相性の良い子どもを通じてつながることを知っているのです。

 上記のことは『学び合い』でも、一斉指導においても同じです。

 でも、上記を満たしている教師が全てではありません。上記を満たしていない一斉指導をする先生もいます。上記を満たしていないで『学び合い』(?)をする先生もいます。どちらも、救える子どもがいる一方、救えない子どもがいると言うことは同じです。教育効果に関しては、どちらも不十分です。しかし、両者には違いがあります。上記を満たしていない一斉指導をしていても、そのアラが見えにくいという特徴があります。ところが、上記を満たしていないと、『学び合い』はもろに見えてしまうという特徴があります。

 私はもろに見えてしまうという恐ろしさの反面に、それ故に、改善が図れるという点で『学び合い』は優れていると考えています。それに、一斉指導の路線で、授業改善するということは、無茶苦茶に大変なことなのです。というのは、全ての子どもに分かる説明をして、全ての子どもにやる気を持たせる授業をすることを実現しなければならないからです。これには無限の記憶と、無限の才能と、無限の努力が必要となります。一方、『学び合い』は考え方を定めて、子どもに求めるという、至極シンプルなことをすればいいのです。これは凡夫でも出来ます。

 つまり、全員の学力の確保、全員にいごこちのよい場の保証、そして全員が大人になるということを実現するというこを求めるならば、『学び合い』の方が楽です。しかし、全員の学力の確保、全員にいごこちのよい場の保証、そして全員が大人になるということを実現ことを求めないならば、現状では一斉指導の方が楽です。残念ながら、現状の学校は、全員の学力の確保、全員にいごこちのよい場の保証、そして全員が大人になるということを実現を本気で願っていないようです。

 全員が実現できなくても、「子どもが悪い」、「親が悪い」、「制度が悪い」、「だって他のクラスだって同じだもん」ですましています。ま、それはそれでしょうがないのかも知れません。でも、そういう合理化をしたら、ボディーブローのように効いてきます。教職に対する誇りが腐ってしまいます。

ジョンジョン2009/07/02 19:32くさっちゃ,いけませんよね。
皆さんも,そう思われませんか?

bunbun-hbunbun-h2009/07/02 20:25そうは思いません。
と、確信をもって書いたのですが、よくわからなくなちゃった・・・

twoyoshitwoyoshi2009/07/02 20:32そして私のようにK.O.されるのです。

bunbun-hbunbun-h2009/07/02 20:38そして、意味不明のコメントが延々と続くのであった・・・(にゃはは)

jun24kawajun24kawa2009/07/02 20:58どあははあ

bunbun-hbunbun-h2009/07/02 21:00にゃはは

kirikiri2009/07/03 07:41このスタンスの学校への導入は,本校がそのものです。無理強いは結局反感しか生まないと考え,先生方には伝えてあります。緩やかな向上,あるいは元の木阿弥,かもしれませんが,それもしかたない。

jun24kawajun24kawa2009/07/03 08:05元の木阿弥にならないポイントは何か?
それさえ分かれば、マニュアルを書いても良いと思っています。
実際、一斉指導的『学び合い』なんて、超かんたんです。しかし、それと『学び合い』的一斉指導との差がハッキリ分かってもらうのはどうするのか悩むのです。「考え」と言ったって、それが分かるのは考えを理解した人なのですから。

ジョンジョン2009/07/03 22:23「根っこ」と「センス」に賛成。
(このあたりに,マニュアルはない,
オートマティックであるのではないでしょうか?)
と,私は思います。

ジョンジョン2009/07/03 22:39やっぱり,
自分の考えに賛成。
だって,みんな違うのですもの。
「根っこ」と「センス」は,
感じていただけなければ・・・。
パーソナルアイデンティティです。
(おゆずりすることはちょっと・・・ね)
と,思いました。

ジョンジョン2009/07/04 05:12宗家が,よいとお考えなら,
現場の私の実践も,
1つのポイントとして
お使い願いたいです。

09/07/01(水)

[]若い人は偉い 18:31 若い人は偉い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 若い人は偉い - 西川純のメモ 若い人は偉い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2007年10月3日に関西の3人の学生さんが私の研究室に遊びに来ました。話していて、その志の高さに驚きました。日本の教育を良くしようという志を持っていました。そして、それが抽象論ではなく、自分たちにも出来ることがあるという確信を持っていました。事実、私がビックリするようなことを、若い学生さんが実現していることに驚嘆を禁じ得ませんでした(私がビックリするというのですから、そのレベルのことです)。

 あれから1年半になります。本日、本学の教職大学院には、彼らに比肩しうる若い人がいることを知りビックリしました。私の大学院時代とはレベルが違います。私は彼らほどの志を持っていませんでした。

 今年の教職大学院の新入生歓迎会では、私はアテネの奇跡(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20030529/1172990474)を述べて、「君らは教育のエリートである」と語りました。エリートとは出自ではなく、収入ではなく、志によって決まるものです。

 私は彼らがエリートになり得る人材であることには確信しており、それ故に語りました。しかし、愚かにも、私は彼らがエリートとなるのは、修了後しばらくしてからと見積もっていました。しかし、彼らは既にエリートです。

 教職大学院の教員として大いに誇ります。

追伸 全国の教員採用担当者の方々へ。彼らを採用しないならば、大損ですよ。

[]政治 07:01 政治 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 政治 - 西川純のメモ 政治 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は27歳で大学に勤め、それから7年間は、会議では全く発言しませんでした。というのも、私がお仕えした教頭の言葉によるものです。教頭曰く「ごちゃごちゃ言わなくても、誰かが言ってくれるから」。確かに、私の勤めた高校はそうでした。が、大学は違うと7年間勤めて理解し、覚悟しました。

 大学は政治活動を常にしないと、潰される、怖いところです。16年間、政治をする際、一番大事にしていることがあります。それは、信じるに足る人は誰か、ということを見極めることです。後は、その人と、ゴチャゴチャといっぱい相談することです。

 個々の戦術はつまらんことです。戦略が大事。その戦略は「人」です。

ジョンジョン2009/07/01 21:26なるほど,
そういう人を現場は求めています。
(後は,うでだな)と,思いました。

furutatsuuufurutatsuuu2009/07/01 23:20本日は貴重なお話ありがとうございました。
正直、二人の志はとても高く、まずは小さなことからと考えていた自分とは比べものにならないほどでした。でも、小さな事を積み上げて、いずれ大きな山にしたと思います。あの二人に出会えたからこそそう思えました。人生を変える経験を与えることができたら、その子どもが次の世代にそうしてくれるのを信じていきたいと思います。

twoyoshitwoyoshi2009/07/02 00:14若い力はすごいですね。毎日驚かされます。

ジョンジョン2009/07/02 04:06(文科省に聞かせてあげたい)と思いました。
若人の志高きとき,
乱世でもあり・・・かな?

jun24kawajun24kawa2009/07/02 06:57私が若かったときも、ジョンさんが若かったときも、若い人は常に凄いのだと思います。
その凄さを見いだし、守れているか?
年長者の方が身を正せねば、と一層思っています。

jun24kawajun24kawa2009/07/02 07:05furutatsuuuさんへ
なにをおっしゃる、君は君の得意で牽引しなければ
期待しています。
twoyoshiさんへ
オジサンパワー期待していますよ。

twoyoshitwoyoshi2009/07/02 08:09まだオニイサンです(鼻息)!

jun24kawajun24kawa2009/07/02 08:20あはははは
そりゃ、私から見れば、兄ちゃんだよ。
で、も、ね
あなたが二十歳前半だったとき、あなたの年齢の人を、
お兄さんと分類していた?
ま、心はお兄ちゃんであることは、認めるよ。

ジョンジョン2009/07/02 19:34なるほど!
言われてみれば,
宗家も私も,たしかに若い!!