西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/06/28(日)

[]嬉しい 22:29 嬉しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 嬉しい - 西川純のメモ 嬉しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』では教えすぎるな、と主張します。そうなると冷たいと言われます。心外です。

 私は教え子が可愛い!未熟な私を信じてくれて、頼ってくれる。心の底から可愛い!高校教師の時は、ダッコをしました。高い高いをしました。ほおずりをしました。猫かわいがりをしました。とにかく、可愛いのです。暴走族や不良なんかは、敵でないと分かれば、無茶苦茶に私に甘えます。素直に可愛い。

 でも、失敗しました。可愛がりすぎれば、子どもは教師にべったりします。そうなれば、可愛がり方に軽重が出来ます。これは高校教師の時から意識できました。でも、中々分からなかったのは、みんながみんな私に向いて、それが、みんなの関係を阻害することです。

 27歳で大学に異動すると、指導する現職院生さんは私より年上です。でも、それでも私は可愛いと感じます。10年もたてば、現職院生さんは私より年下です。もちろん、可愛い。二十歳程度の学部学生さんはもちろん、もちろん、可愛い。

 私は常にゼミ生には多くを求めてきた。おそらく怖いぞ、恐ろしいぞと言われていたのにも関わらず、私を選んでくれたゼミ生は格別嬉しい。さすがに、大学生なので我慢していますが、心の中では高校教師の時のように、ダッコしたいし、高い高いしたいし、頬ずりをしたい。

 でも、『学び合い』では教えるな、ということを自分に強います。でもね、教えなければ良いんです。期待することはOKなんです。

可愛がって良いんです。子ども同士のネットワークを阻害する危険性を意識していれば良いんです。からかって、じゃれたってOKなんです。いや、『学び合い』の方が、普通の教師以上に子どもを可愛がれます!

 なかなか理解してもらえませんが、私は『学び合い』を強いません。強いること自体が『学び合い』の考えに反します。もちろんゼミ生にも同様です。だから、『学び合い』の素晴らしさを伝えたとしても、それを強いません。彼ら、彼女らの置かれた状況で、正しい判断を出来るのは私ではなく、彼ら、彼女らですから。

 可愛い、可愛い、教え子の一人が自らの意志でネットワークに入ってきました。嬉しい。

 『学び合い』で一番大変なのは、「やりはじめること」です。次の山は、失敗してもやりつづけ、そして、「人に聞くこと」です。彼は、二つの山を越えました。

追伸 今、私はゼミ生以外に、可愛いと感じる同志をいっぱいます。教師冥利・研究者冥利です。

watatomowatatomo2009/06/28 20:01このブログを見ていない事にします(笑)

bunbun-hbunbun-h2009/06/28 20:22watatomoさん、ナイスな反射神経ですね(笑)

o4dao4da2009/06/28 20:41僕と同じソフトな若者しとめました。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/mizyukukyoushi/

furutatsuuufurutatsuuu2009/06/28 21:13watatomoさん、chorisoさんの無茶苦茶な成長を
楽しみにするとともに、それに乗っかって行きたいと思います。
でもまずはご冥福をお祈り申し上げます。笑

cyorisocyoriso2009/06/28 22:00たいして暑くないのですが、
キーボードは汗でビショビショでございます。
これが本当の冷や汗ってやつですね。

jun24kawajun24kawa2009/06/28 22:31みんな、みんな
なでなでしちゃうぞ!
可愛いな!
そして、何をやらかすか、期待しています。

twoyoshitwoyoshi2009/06/29 12:47実は私、「口災い」と「教育改革」の二人の成長度がすごくて怖くなるんです。涼しい顔してますが、実はこっちは伸びしろがあまり無いんで焦ってます。でも、まだまだ若いものには負けませんよ〜!

jun24kawajun24kawa2009/06/29 15:28そうそう
『学び合い』は学習者の相互作用が面白い
ふぉふぉふぉ
自分のためにも、術中にはまりましょうね

ジョンジョン2009/07/02 04:08学習そのものが,
相互作用では?
宗家,いかがですか?