西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/06/28(日)

[]誇りに思います 18:37 誇りに思います - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誇りに思います - 西川純のメモ 誇りに思います - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は人を志で評価します。

 人の能力なんて、そんなに違いがない、それは私の実感です。私は純粋無垢のオール1の子ども達がわんさかいる学校にいました。その中には本当に知的に障害のある子がいました。そうではなくとも、会話をすると知的能力が低いなと感じる子はいます。しかし、大多数の子どもと会話して違和感を感じることは殆どありません。勉強に関するジャンルの会話をすると違和感を感じたとしても、その他の会話をする限りは頭の回転の速さを感じたり、ウイットを感じます。純粋無垢のオール1の子たちでさえもそうだという私の原体験は、人の能力なんて、そんなに違いがない、という私の確信を基礎づけています。

 同時に、何かの仕事をすると、そのパフォーマンスに関しては天と地ほどの差があることを知っています。一緒に仕事をすると、「どうして、ここまで無能な人間が世の中に生息しているのだろう」と感じる、大卒の人間は山ほどいます。

 結局、人間をコンピュータに置き換えるとしたら、CPUやメモリーや外部記憶装置等の基本的なハードウエアーには差がないが、ソフトには天と地ほどの差があると考えています。例えば、人よりも遙かに仕事は早いし、質も高いと自負しています。でもそれは私が頭が良いからではなく、仕事のこなし方を知っているからにすぎません。それも秘伝といえるほど複雑なものではなく、ごくごく単純な当たり前のことをしているだけのことです。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20090503/1241357484

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20060223/1140679791

他の人も、そのレベルだと私は思っています。

 だから、私は人を、特に若い人を、その時点の能力で評価しないようにしています。いくらでもソフトはインストールできるわけですから。では、どこで評価するか、それが志です。新たなソフトをインストールをするのは大変です。でも、それをやり続けるには志が必要です。また、多様なソフトを得るためには、多様な人と繋がらなければなりません。その多様な人と繋がるには、志が必要です。だって、自分の利害しか考えられない人と繋がるような奇特な人はいませんから。例えば、自分の採用試験合格のみ、自分の授業力アップのみしか見えない人は、繋がれる人は、せいぜい同じ学校の先生ぐらいですね。

 本日、ゼミ生をからかった後(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/cyoriso/20090628/1246176960)、色々と話しました。その中で、高い志を感じました。私は高い志を持つ学生には、高い課題を与えます。その課題は、普通から言えば無茶苦茶に困難な課題です。しかし、私は無茶苦茶とは思いません。我がゼミが蓄積した方法論と全国に広がるネットワークを利用すれば、やろうと思うならば実現可能なことを述べています。そして、その課題を越えたとたんに、こともなげに次の課題が現れます。それを乗り越えると・・・。その結果、無茶苦茶な成長があります。

 が、それを成り立たせる基礎は志です。ゼミ生にその志を感じ、それを誇らしく思います。

追伸 これが長い前振りのある、プレッシャーであることはおわかりですよね。ふぉふぉふぉ

watatomowatatomo2009/06/28 20:01このブログを見ていない事にします(笑)

bunbun-hbunbun-h2009/06/28 20:22watatomoさん、ナイスな反射神経ですね(笑)

o4dao4da2009/06/28 20:41僕と同じソフトな若者しとめました。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/mizyukukyoushi/

furutatsuuufurutatsuuu2009/06/28 21:13watatomoさん、chorisoさんの無茶苦茶な成長を
楽しみにするとともに、それに乗っかって行きたいと思います。
でもまずはご冥福をお祈り申し上げます。笑

cyorisocyoriso2009/06/28 22:00たいして暑くないのですが、
キーボードは汗でビショビショでございます。
これが本当の冷や汗ってやつですね。

jun24kawajun24kawa2009/06/28 22:31みんな、みんな
なでなでしちゃうぞ!
可愛いな!
そして、何をやらかすか、期待しています。

twoyoshitwoyoshi2009/06/29 12:47実は私、「口災い」と「教育改革」の二人の成長度がすごくて怖くなるんです。涼しい顔してますが、実はこっちは伸びしろがあまり無いんで焦ってます。でも、まだまだ若いものには負けませんよ〜!

jun24kawajun24kawa2009/06/29 15:28そうそう
『学び合い』は学習者の相互作用が面白い
ふぉふぉふぉ
自分のためにも、術中にはまりましょうね

ジョンジョン2009/07/02 04:08学習そのものが,
相互作用では?
宗家,いかがですか?