西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/06/20(土)

[]無理はさせない 16:23 無理はさせない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無理はさせない - 西川純のメモ 無理はさせない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 M研のある学生さんが5人前のラーメントライして、早々に白旗を揚げたことを知りました。からかうことが大好きな私としては、直ぐに「そんなのは情けない」とからかいました。その学生さんは真顔で再度トライすることを宣言しました。が、そのとたんに私の頭の中には警告ランプが点滅します。自分の指導教員先生教授から「5人前食べろ」と言われたと本気になって無理に食べたら大変だという警告ランプです。まだ入学後2ヶ月程度です。私というオッサンの真面目と不真面目の境目が分からず、無理に5人前食べたら体に悪い。ということで、直ぐに「今のは冗談だからね」と言いました。

 その瞬間に自覚しました。私という人間は、極めて小心で、失敗が大嫌いです。何かを計画するときは、ありとあらゆる悪知恵を総動員して、ありとあらゆる小技・大技を駆使して事をなします。

 学生さん研究テーマもそうです。学生さんから、これこれをやってみたいと言われれば、直ちに「あなたの好きなようにしたらいいよ」とOKします。おそらく、何も考えず、適当に言っているように思えるかもしれません。だって、私にそのことを言った瞬間に、OKを出すのですから。でも、私もプロです。聞いた瞬間に最低限のリスク管理をします。それが失敗したからといって、大事にはならず、せいぜい私が嫌な思いをするぐらいに納められるレベルか、否かを判断します。そして、その課題の最低限のところは、よほどのことがない限り、本人がやる気になれば実現可能であることを判断します。仮に失敗しても、そこそこの形にすることは私の能力で簡単にできることを判断します。そして、おそらくは私の想像を超えることを成すであろうということを判断します。そして、過去23年間の全ての卒業研究指導、修士論文指導で失敗したことはありません。だって、学会レベル論文だったら3ヶ月ぐらいあれば、 さっさと書き上げるだけの実力がありますから、最悪の場合の尻ぬぐいはいくらでも出来ます。そして、百数十の学会論文の業績があるのですから、論文タイトルを聞いただけで、大抵の論文の流れと計画は立てられますから。

 ということで、私が学生さんに「あなたの好きなようにしたらいいよ」言ったときは、「失敗しても大事にはならない。」、「最低限はほぼ確実に実現できる。」、「私の能力でいくらでも尻ぬぐいは出来る。」、「私の想像を超える成果を上げることが大いに期待できる」と私は確信しています。ただし、「私の想像を超える成果を上げることが大いに期待できる」が欠けた、「失敗しても大事にはならない。」、「最低限はほぼ確実に実現できる。」、「私の能力でいくらでも尻ぬぐいは出来る。」のみの場合は、心の底から呆れた声で「つまらない」と切って捨てます。

 私はミニ西川養成したくて教師になっているわけではありません。私を越える方を養成し、そのお力で私が成長したいと願っているからです。それは現職院生さん、学卒院生さん、学部生に違いはありません。

twoyoshitwoyoshi2009/06/22 02:54先生を超えようと、虎視眈々とねらってますよ〜。当分はかないませんけど。

jun24kawajun24kawa2009/06/22 06:45まって、ま~す

jジョンjジョン2009/06/26 21:44師を越える弟子はいないはずです。
私だけかな?
そう思うのは・・・。