西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/06/18(木)

[]真剣勝負 22:08 真剣勝負 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 真剣勝負 - 西川純のメモ 真剣勝負 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は我がゼミ生とは真剣勝負をしますが、それ以外の方とは基本的にはしません。何故なら、それを望んでいないと思っているからです。だから、大学の授業も、講演会でも、飽きさせない、そして啓発される内容を含んだ話をしますが、真剣勝負はしません。でも、私の講義を最後まで聴いてくれるような方とは真剣勝負がしたいと思います。

 真剣勝負の内容は、「『学び合い』より従来の授業が優れているところは何か?」です。これに関して、受講生から受けるであろう太刀筋は、見切れる自信があります。おそらく無意識で受け流せるでしょう。しかし、油断は大敵です。満身の力を込めた一撃があるかもしれません。楽しみです。でも、残念ながら多くの場合、本気で打ち込むことはありません。せいぜい「学校教育には躾も大事だ」とか「若い教師が実践するには周りの抵抗が多い」とか、手引き書の完全版に対応が書かれているレベルの打ち込みだと思います。もし、そんなレベルであるならば、私は満身の力を込めて、以下のように打ち込みます。

 「みなさんは志を持って、教師という職を選んだはずです。その志を失えば、これから数十年の教師人生をどのように生きるのでしょうか?「『学び合い』より従来の授業が優れているところは何か?」という問いかけではなく、別な問いかけをしたいと思います。それは「あたなの志は何ですか?そして、あなたが持っている志を実現するに、『学び合い』より従来の授業が優れているところは何ですか?」

 相当、気に触る問いかけです。こんな真剣勝負は基本的にゼミ生以外にはしないのは当然ですよね。だから、授業や講演会ではそれを避けています。

watatomowatatomo2009/06/18 18:43授業おつかれさまです。
本当にいつも授業を見ている方が、授業をしているのをみる事ができ幸せです。
今日は先生が20分の時間を与えたとき
U くんと「どうだろう」と話をしていたときに
現職の先生とS研のマドレーヌをもってきたHくんがきて、様々な質問をされました。
本当に『学び合い』の率直な疑問がきけて、うれしかった。「なるほどなぁ〜」と聞き入っていました。
その現職の方は『学び合い』に興味があるらしく、是非明日や今度私が企画しようと思っている埼玉に是非お越し下さいといっておきました。
H君に関しては、「最近学び合いが楽しくて楽しくてしょうがないんだ」とおっしゃってました。多分先生のご尽力の賜物であると信じています。

jun24kawajun24kawa2009/06/18 22:10『学び合い』は常に手の内をさらします。何故なら、勝つことが目的ではなく、負けることが目的だからです。学習者が自分を越えてくれることによって、私は成長できるからです。期待しています。

motoryoumotoryou2009/06/18 23:03「志」今日の私にはしみる言葉です。ある方の質問に対して4時間も丁寧に受け答えたつもりです。話していて,自分の考えが昨年よりは少しは進歩しているかも…と感じられたのが収穫です。

おすぎおすぎ2009/06/19 00:47西川先生こんばんは。ちょっと気になる情報を得ました。

今日、クローズアップ現代という番組で『学び合い』のような取り組みが放送された、とある保護者の方からメールいただいたんですが、ご存知ですか?
また、ここを読んでいらっしゃる方でどなたかご覧になった方はいらっしゃいますか?もしいらっしゃったら詳細教えてもらえると嬉しいです!

twoyoshitwoyoshi2009/06/19 01:19佐藤 学先生でした。

twoyoshitwoyoshi2009/06/19 01:19HP見ると概略わかります。

おすぎおすぎ2009/06/19 01:40twoyoshiさんありがとうございます。HP確認しました。佐藤学先生だったんですね。