西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/06/16(火)

[]問いかけ 09:06 問いかけ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 問いかけ - 西川純のメモ 問いかけ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある同志が、テストの点数が悪くて落ち込んでいました。私は、子どもに問いかけることをアドバイスしました。すると、その同志は「テスト結果を示してどうする、これから」と聞けばいいか、「先生もどうしていいかわからないから教えて」と聞けばいいか、迷っています、というメールを頂きました。

 どちらだと思いますか?私は0.2秒の迷いもなく、前者です。理由を説明します。

 教師の仕事と、子ども「たち」の仕事は違います。例えば、「もっとしっかり学び合いたい」、「遊んでいる人を引き込みたい」、「問題の出しあいっこをする」というレベルのことは「子どもたち」の仕事で「教師」の仕事ではありません。教師の仕事は、そのような子どもたちの仕事がうまくいくようにすることが仕事です。つまり、テストの点数(正確には最低点。すぐに、とんたんさんからつっこまれそうなので、あくまでもレトリックですからね)でクラスの状態が示されることを語るべきでしょう。そして、クラスの状態が良くないと、どのようなことが起こるか、それを改善するとどんなことが起こるかを語るのが仕事です。そして、子どもたちにはそれを乗り越える力があることを語るべきです。

 「先生もどうしていいかわからないから」の「先生も」の「も」が示しているのは、教師が子どものレベルで悩んでいることを示しています。

 おわかりだよね?○さん。あははは

[]授業参観 09:06 授業参観 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業参観 - 西川純のメモ 授業参観 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある『学び合い』のメーリングで、とても素敵な文章に出会いました。メーリングでクローズするにはもったいなさ過ぎるので、個人特定できないようにしてご紹介したいと思います。さわやかな文章です。

『土曜参観の代休を使って、○の教室に行きました。『学び合い』の授業を見せてもらいました。『学び合い』には、教師によるパフォーマンスやサプライズはない。『学び合い』には、変に意気込んだ教師も生徒もいない。ただ、課題と仲間に誠実に向き合って、自分の力を出そうとする子どもたちと、それを「すてきだね」って喜ぶ教師がいて、つくりだされているのは「授業」というより「学習の時間」という印象でした。(わたしの授業観の問題が浮き彫りに…)『学び合い』っていうのは、子どもたちの関係性づくり、やり方であり在り方なんだと思いました。子どもたちへの感謝がない、という印象は何となく分かる気がします。感謝という姿勢ではない気がします。(違ったらごめんなさい、○と○先生)でも、子どもたちを人として認め、尊敬し、人として尊い行為を「尊いね」と愛でる(喜ぶ)関係は、くっきりとそこにありました。それは、セミナーでの模擬授業のみでは体感できないことかもしれない。』

tontan2tontan22009/06/16 20:33えー、最低点についての議論はもう出尽くしましたで^^;
ただ、上記の点については、0.2秒で、「どっちでもいい」と感じました。だって、子どもは教師の「言葉」を聞いているのでなく、「思い」を感じ取るからです。教師の口ではなく、身体から発散される「気」だと思います。

jun24kawajun24kawa2009/06/16 21:57はい、「気」の問題だと思います。で、「も」と書いた、「気」を感じた次第です。

ghjalghjal2009/06/17 00:45本当に。とても素敵な言葉を頂いたなと感じています。『学び合い』の的を得ている。確かに。感謝じゃないかも。尊敬かもしれない。子供に対する感情は。これまでの「授業」とは感覚は違うかもしれない。この思いを3人で分かち合い。そして全国に伝えていく。なんだかいい感じ。

jun24kawajun24kawa2009/06/17 06:31感謝は感謝なんですが、今までの「よくできたね」ではなく、本当の感謝になるのだと思います。