西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/06/05(金)

[]スピード 22:51 スピード - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - スピード - 西川純のメモ スピード - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2007年11月21日に群馬県の県センターで講演しました。それをきっかけに群馬のある先生からメールをいただいたのは「2007/12/04 0:04」です。そして、「2008/03/21 23:55」に、その先生の教え子からメールをいただきました。その内容は以下の通りであり、ぶったまげました。

『始めまして、こんにちばんは。私は学びあいを理科で取り入れている学校の生徒です。学びあいはとても効率がよくて、友達とかかわれるいいキッカケになると思います。(中略)理科などの理解が必要な教科では学びあいやすいです。ですが、歴史や漢字などのまるっきり覚えるような暗記の世界の教科だとなにをすればいいのかよくわかりません。この前少しだけやったのですが、みんなでチェックしあうというだけの活動になってしまい、あまり効率的に動けませんでした^^;どうやればもっと効率的に動けますかね・・・。やり方を教えてくれとまではいきませんがせめて、ヒントを教えてください。そうすればみんなでどうやったら効率がいいかなどを討論すればいいと思います。なのでヒントをください。m(._.)mおねがいします。』

 読んでおわかりのように、教師の視点に立っているのです。本当に、学習者は有能です。そして、その学習者を育てた教師も有能です。その後のメールのやりとりで、どんな凄い子どもなんだろうと思っていましたが、昨年の埼玉の会で会ったら、本当に可愛い男の子でギャップにどぎまぎしました。その子が埼玉の会で発表するのです。学習者が教師と並んで発表する、そんなことが出来る教育の研究会って、今まであったでしょうか!(でも、当たり前ですよね。だって、子どもに学ぶ教師の会、なんですから。あはははは)

 神奈川県から最初に同志として付き合ったのはjanglejapさんです。最初はブログでのコメントで日付は「2007/10/12 20:38」です。メールとしてのつきあいは「2007/10/22 21:10」です。そして、二番目の同志であるIさんからメールをいただいたのは「2008/04/04 21:18」でした。私は神奈川に『学び合い』が根付くには時間がかかると思っていました。ところが天の采配か、繋がるべくして繋がった人たちのおかげで、明後日に神奈川の会が開かれます。そして、janglejapさんの『学び合い』の最初の教え子に会えるのです。

 私が理学部から教育研究に足を踏み込んだ直後は、教育研究なんて古くさい文献を読んで、らちもない言葉遊びをしているだけと思っていました。でも、こんなダイナミックで面白い経験を出来るなんて想像もしていませんでした。

[]埼玉・神奈川 21:49 埼玉・神奈川 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 埼玉・神奈川 - 西川純のメモ 埼玉・神奈川 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 明日は埼玉、明後日は神奈川で会があります。楽しみです。

janglejapjanglejap2009/06/05 21:57さっき保護者から電話があり、あの初めて学び合いに挑戦したときの子どもたちが、声をかけ合い集まってくれているそうです。
それだけで、私は学び合いのおかげと感激しています・・・。

jun24kawajun24kawa2009/06/05 22:01あはははは
心が豊かになります!
凄いスピードで物事が進んでいますよね。

hayato-rikahayato-rika2009/06/05 23:22あれ?見覚えのある文章・・・。(笑)
改めて見ると恥ずかしいものですね。今考えれば、何も考えずにメールしてたなぁ、と思います。(まぁ、今となっては、それがいい方向に流れたのでよかったですが)

明日は、西川先生の講演を楽しみにしています。あまり、ハードルをあげないでくださいね。(涙)

ghjalghjal2009/06/06 00:10ちょっと感動的なフレーズです。
ゆうゆうさんの教え子のお話を直接聞きたかったな。
神奈川に根付くのに時間がかかるという懸念をさらにさらに払拭したいなと思っています。

twoyoshitwoyoshi2009/06/06 00:30明日が待ち遠しいですね。

bunbun-hbunbun-h2009/06/06 01:49私が『学び合い』に出合い、当時のバスケクラブでそれを取り入れた半年後に、保護者会からの批判の声を聞き、先生にメールを初めてさせていただいたのが、2007年10月19日でした。
感慨深いものを感じます。
そして同期というものを思います。
みんな一人じゃないんだ、どこかでつながっているんだという思いとともに。

jun24kawajun24kawa2009/06/06 05:01Hayato-rikaさんへ
 私の講演は、あなたの話の前振りにすぎません。期待しています。
Ghjalさんへ
 もう払拭していますよ。みなさんの馬力ならば、あと1年でどれだけ進められるか、想像できない。
Twoyoshiさんへ
 寝坊しないでね~あははは
Bunbun-hさんへ
 どこでブレイクスルーするかわかりません。おごらず、くさらず。みんなでやりましょう。