西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/05/31(日)

[]戦略と戦術 21:59 戦略と戦術 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 戦略と戦術 - 西川純のメモ 戦略と戦術 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日は結婚記念日後夜祭です。ということで、今日「も」家族で祝杯です。飲みながら「天地人」を見ました。そこでは上杉は損を承知で「義」を貫き通した、というような流れで話が進みます。が、私はそうはおもいません。「義」が有利だから上杉謙信は上杉家の基本方針としたのだと思います。上杉の戦いは「義」ばかりではありません。人道に恥じる事もしています。姑息なこともしています。しかし、「基本は「義」である」と主張し、それを疑われないような行動をし続けていたと思います。もし、上杉は「義」を掲げなければ、身内から裏切りが続出します。自分は「不義」でありつつ、身内に「義」を求めることは不可能です。もし、身内に「義」を求めるとしたら、自分が「義」を掲げなければなりません。世の中には「戦略」と「戦術」があります。戦略とはその戦い全体の勝利のための行動です。戦術とは、目前の戦いの勝利のための行動です。

 我々は一生という戦いを生き抜いています。そのためには「戦略」と「戦術」が必要です。1年の担任(教科担任も)であっても「戦略」と「戦術」が必要です。戦術は個人の経験によって得ることが出来ます。しかし、戦略は理論が必要です。それも、バカみたいに単純な理論が必要なのです。そして、優れた戦略は、個々の戦術群に指針を与えます。

 目前の戦いに目がくらみ、戦術の積み上げが戦略であると誤解する人は多い。でも、違います。戦略は戦略です。『学び合い』は戦略なんです。戦術ではありません。

[]机の配置 08:22 机の配置 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 机の配置 - 西川純のメモ 机の配置 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はコの字の机の配置はあまり好きではありません。

 その理由の一つは子どもが移動しづらいからです。真ん中に大きなスペースを作り出すために、相対的に机と机をくっつける必要があります。しかし、最大の理由は、教師がその配置に拘ると、子どもがその配置を崩すことが困難になるからです。

 子どもは課題によって集団を変えます。例えば、算数・数学の場合は情報がコンパクトです。だから、身一つで他の子どものところに行って相談し、分かれば自分の席に戻り自分で問題を解決します。ところが社会の場合はノートにまとめるということが相対的に長くなります。身一つでという分けにはいきません。ノートを持って行くことになります。そして、そのノートを書くために机が必要となります。そのため、社会の『学び合い』では机をつけて作業する場合が多くなります。そして、その作業を通してノートのまとめ方が伝搬し、それが学力を保証します。そのため、机の移動が自由であることが重要になります。

 多くの学校は机を黒板に向けて、一つ一つの机の間を開けた配置をしていると思います。基本的には先生の話をずっと聞くという従来の授業のスタイルに沿ったものです。しかし、その配置が単純であるため、掃除の際に便利だと思います。そうであるにも関わらず、コの字になっているということは、教師が「コの字」が良いんだという思いがある可能性が高いと思います。それが問題です。「机の配置なんて教師が考えることではない」と考えるのが『学び合い』だと思います。『学び合い』の理想の教室とは、自由なのです。どの部屋に行っても良いし、机で勉強しても、床で勉強しても、長机で勉強しても・・、それが許される教室です。

 もし、ある教室に行ったらコの字に机を配置していたとします。私が「何故、コの字にしているのですか?」と聞いたら、「あ、そうですね。気にしていませんでした。なんか子どもが勝手にそうしているみたいですね」と応えたとしたら、そりゃ『学び合い』だと思います。

 教師の仕事は課題を与え、評価すること。そこに頭を費やすべきです。環境を整える上で重要なのは、教師が考えるベストな方法がやりやすい環境を与えるのではなく、子どもが自由に方法を選択できる環境を保証することです。

[]講演 08:25 講演 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 講演 - 西川純のメモ 講演 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月に金沢大学附属小学校で講演することが昨日決まりました。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2009/05/31 09:09西川先生、お久しぶりです。
昨日はおめでとうございます。

先生の今日のメモを読んで私はハッとしました。
実は私もコの字型にしてみようかな・・・と思ってしまった時期もありずっともやっとしていたのです。
でも、子どもたちやベテランの先輩教員が私に以下のことを言ってきました。
「G8先生、必要に応じて机の移動ができる方が良い!その方が自由に机の移動ができたり何かと私たち(子どもたち)にとっては便利だ!!」と。
今の子どもたちと一緒に学び合いをして早2ヶ月が過ぎましたが、コの字型スタイルにするならば、クラス会議の真面目なテーマとか、丸字型スタイルにするならば、クラス会議のイベントといったくだけたテーマなどなど子どもたちはいろいろと考えていることを私に伝えてくれました。
授業でも、算数と理科、社会と国語などなど、教科によって、いや、内容によって子どもたちの動きが変わってきて、これまた面白いです。
子どもたちは自分で必要に応じて行動し、自分でしっかり選んでいてすごいなぁって発見しました。
なので、それを私は「ほ~」「へぇ~」「なるほど~」など子どもたちにコメントしながら、子どもたちに見えないようにメモができるというのは、所見を書くことや、保護者にも伝えられるというのはこれほどすごいものはないと思います。
今40人学級と多いのですが(昨年は25人でしたが)『学び合い』のおもしろさを少しずつ私も子どもたちも実感しつつあるのかなぁって感じています。
また報告します。
どうぞよろしくお願いします。

jun24kawajun24kawa2009/05/31 09:29人数は多い方が良いですよね。
多すぎたら、子ども達は小集団を自分で創りますから。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2009/05/31 09:41そうなんです!!
実は、昨年は個人行動が多かった学級と言われてG8が引き継いだのですが、『学び合い』の導入で40人学級の子どもたちがやった行動は「小集団」を自分たちでつくり、そのグループ同士で活動することができるようになってきたのです。

これは昨年担任だった先生も驚いていました。
人数が多ければ多いほど子どもたちはどうしたら良いかを子どもたちなりに考えて行動していたので私にとっても大変興味深いものでした。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2009/05/31 09:43西川先生、コメントそれも早いコメントありがとうございました。
とてもありがたいです。励まされました。
明日からもがんばれそうです!!

jun24kawajun24kawa2009/05/31 10:00自分の実践ではなく、もっともっと高い志を持って行動しましょうね。そうでないと子どもが腐りますよ。期待しています。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/05/31 15:37「環境の整備」という点において、

>環境を整える上で重要なのは、教師が考えるベストな方法がやりやすい環境を与えるのではなく、子どもが自由に方法を選択できる環境を保証することです。

この部分、自分のまわりの人たちに伝える際には、今後意識して強調していこうと思います。今までの自分の伝え方だと、誤解されて伝わってしまっていたかもしれないな、と思いました。自分自身の認識も、この3行でさらに明確になりました。

ghjalghjal2009/05/31 16:15うちの学級はその「コ」の字型です。教師主導でやる時や話し合いのときなどに、「コ」の字型はやりやすかった。その名残かな。「ロ」の字型のこともあったし。以前は「○」字型が理想だななんて思っていました。

ただし、現在『学び合い』が始まると、当然机はぐちゃぐちゃです。というか、人っ子一人教室からみんながいなくなることがあります。生活班も当番活動のときの分担程度の役割しか果たしていません。学習中は班という概念も無くなりました。

子どもの選択する余地ですか。当然、大切にしたい考えです。

jun24kawajun24kawa2009/05/31 18:21osugiさんへ
あなたはオーラが強い。それを意識する必要があるかもしれませんね。あははは
ghjalさんへ
子どもが教師のくびきから逃れているならば、なんでもありですよ。安心して下さい。でも、掃除の時、不便じゃありませんか?あはははは

iku-nakaiku-naka2009/06/01 12:33「戦略」と「戦術」の話、まるで今の私のことを言われているような気がしました。テクニックは所詮テクニック。分かってはいるのですが・・・精進します。

jun24kawajun24kawa2009/06/01 19:42悩んで良いんですよ。いつまでいっても悩みは尽きません。
ただ、基本を忘れずにいれば、対処療法・テクニックはありです。

kitami104kitami1042009/06/05 01:54金沢大学付属小学校の仕掛人は、きっとHa先生ですか?
すご〜い先生です。
そうか、金沢大学付属小学校も、ここにやってきましたか・・・。
広がるのは、うれしいことですね。

jun24kawajun24kawa2009/06/05 04:56今回の仕掛け人はNOR先生です。多士済々なのですね。