西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/05/17(日)

[]怒りの履歴書 22:49 怒りの履歴書 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 怒りの履歴書 - 西川純のメモ 怒りの履歴書 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 添い寝から起き出しました。あわてて書きます。

 私は教師になってから25年たちますが、怒るとか、叱るというのは殆どありません。あるのは説教するというのが年に1度あるかないかだと思います(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20030617/1172988763

 一方、この25年間に関係を切るという非生産的なことをしたのは5回だけです。一つは、印税を踏み倒そうとしたK出版社、人の努力を無にしようとしたKセンターとT書籍(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20050124/1172710446)、誠意のない人(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20071205/1196813030)、(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20040120/1172875822)のようなケースです。いずれも、私は最終的な関係断絶をする前に、明確な最後通牒をします。その数ヶ月以内(多くは1週間以内)に、以前以上の不誠実を示されたときに断絶します。怒ると言うより、関わりたくなくなるのです。

 上記の過去のメモをお読み下さい。多くの人と関わると、とてつもない人がいるものです。

 ということで、ご不快な思いをさせた方々にお詫び申し上げます。

daitouirukadaitouiruka2009/05/17 18:55さっそくに、とてもご丁寧な回答、ありがとうございました。
子どもの理解の状態のことを細かく分析してもきりがなく、様々な理由が重なり、間違っていたり、効率の悪い方法を選んでいたり。
結局は結果が出せるかどうか、ということで判断し、その結果を子どもたちに返し、改善策を考えてもらうということでしょうか。
ありがとうございました。