西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/05/07(木)

[]語りながら気付く 22:10 語りながら気付く - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 語りながら気付く - 西川純のメモ 語りながら気付く - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は本年度二人目の洗脳旅行者を受け入れました。東京の某小学校校長先生です。ジーパンと革ジャンでハーレーダビットソンにのって東京から来られたとのこと、脱帽です。

 良い悪巧みをいっぱいしました。あはははは

 その先生も授業に参加いただきました。今日のお題は、環境教育に関する研究です。そこで、自分の本に書いたことを授業で語りながら、自分で納得しました。

 ロジャーズの普及理論によれば、ものが広がる際の行動に関して、「革新者」、「初期採用者」、「前期多数採用者」、「後期多数採用者」、「遅滞者」がいるとされています。それによれば、革新者は2~3%、初期採用者は10%強といわれ、多数採用者は70%弱、遅延者は15%だとされています。さて、革新者とそれ以外の人との違いは、革新者は公共性の高い情報、例えば記事や論文によって行動を定めます。ところが、それ以外の人は、周りの人がやっているか否かによって行動します。

 私たちの環境教育研究によれば、環境教育の知識は「すべきだ」ということには影響を与えます。しかし、行動するという段階に進むには周りの人の行動が決定します。

 結局、私の語りや本は革新者には影響を与えますが、その方以外には影響を与えないのではないか、と再確認しました。 

tatsutatsu2009/05/08 00:16本日はとても面白い講義をどうもありがとうございました。
「行動を決めるのは周囲の人物の影響が大きい」との内容でしたが、日本人は特にその傾向が強いのではないかなと思いました。
所属欲求が強い日本人だからこそ、その傾向であり、諸外国ではどう作用するのかなと些細な疑問を抱きました。
お忙しい中だとは思いますが、先生のご意見をいただきたいです。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/05/08 00:38僕の現時点の課題は、いかに周りに広げる力のある「初期採用者」と「前期多数採用者」と繋がるかです。彼らと繋がり、彼らが自ら考え動けるような環境を整備することが課題だなぁ…と感じています。

jun24kawajun24kawa2009/05/08 06:40tatsuさんへ
おそらく協働の方法はその国の文化によって変わる可能性はあります。しかし、協働するというのはホモサピエンスの一貫した戦略だと思います。
違いはありますが、それに着目するのではなく、その上の次元で物事を見る必要があると思います。
osugi-symphonicityさんへ
その当たり「も」の才能は「天才的」にあると思います。期待しています。

tontan2tontan22009/05/08 15:28学校という現場だと、「キャズム」を感じます。アーリーアダプターの先生方には比較的に簡単に伝わります。新しい方法を常に求めているからです。しかし、アーリー・マジョリティの先生方は、本当によいかどうか見極めるのに時間をかけます。それは年単位です。校長などが一気に広げない限り、キャズムで火が消えていくことになりかねません。うちの学校でさえ、アーリーマジョリティーに時間をかけいるが故に、下手するとつぶれかねません。そのギャップをどのように乗り越えるか、「学び合い」が真に広がるかどうかこれからの2~3年が勝負になると考えています。

jun24kawajun24kawa2009/05/08 16:21私自身はキャズム理論よりも普及理論の方がしっくりします。というのは理論自体がシンプルだからです。
生物の特性は本来連続的なものであり、ギャップがあることはまずありません。アーリアダプターの中にも、アーリーマジョリティの特性があり。アーリーマジョリティーの特性がある。だから、キャズムは無いと思います。
が、小集団の中では、統計的なユラギが大きな影響を与えることがあります。tontan2さんの悩みを解決するのは、ネットワークを大きくするしかありませんね。
私も2、3年に注目しています。

tontan2tontan22009/05/08 19:4616%の壁をどのように乗り越えるか……。
うちの学校ではアーリーアダプターとなる先生がいい感じで多くの先生方に広げてくれています。それにともなって興味・関心の目を向けてくれる方も多くなってきています。その先の戦略を今、練っていますが、難しいですね~。ごり押しにならないように頑張ってみます。

jun24kawajun24kawa2009/05/08 23:03大丈夫ですよ!
ちょいと長い視点で見ればばっちしです。