西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/05/31(日)

[]戦略と戦術 21:59 戦略と戦術 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 戦略と戦術 - 西川純のメモ 戦略と戦術 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日は結婚記念日後夜祭です。ということで、今日「も」家族で祝杯です。飲みながら「天地人」を見ました。そこでは上杉は損を承知で「義」を貫き通した、というような流れで話が進みます。が、私はそうはおもいません。「義」が有利だから上杉謙信は上杉家の基本方針としたのだと思います。上杉の戦いは「義」ばかりではありません。人道に恥じる事もしています。姑息なこともしています。しかし、「基本は「義」である」と主張し、それを疑われないような行動をし続けていたと思います。もし、上杉は「義」を掲げなければ、身内から裏切りが続出します。自分は「不義」でありつつ、身内に「義」を求めることは不可能です。もし、身内に「義」を求めるとしたら、自分が「義」を掲げなければなりません。世の中には「戦略」と「戦術」があります。戦略とはその戦い全体の勝利のための行動です。戦術とは、目前の戦いの勝利のための行動です。

 我々は一生という戦いを生き抜いています。そのためには「戦略」と「戦術」が必要です。1年の担任(教科担任も)であっても「戦略」と「戦術」が必要です。戦術は個人の経験によって得ることが出来ます。しかし、戦略は理論が必要です。それも、バカみたいに単純な理論が必要なのです。そして、優れた戦略は、個々の戦術群に指針を与えます。

 目前の戦いに目がくらみ、戦術の積み上げが戦略であると誤解する人は多い。でも、違います。戦略は戦略です。『学び合い』は戦略なんです。戦術ではありません。

[]机の配置 08:22 机の配置 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 机の配置 - 西川純のメモ 机の配置 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はコの字の机の配置はあまり好きではありません。

 その理由の一つは子どもが移動しづらいからです。真ん中に大きなスペースを作り出すために、相対的に机と机をくっつける必要があります。しかし、最大の理由は、教師がその配置に拘ると、子どもがその配置を崩すことが困難になるからです。

 子どもは課題によって集団を変えます。例えば、算数・数学の場合は情報がコンパクトです。だから、身一つで他の子どものところに行って相談し、分かれば自分の席に戻り自分で問題を解決します。ところが社会の場合はノートにまとめるということが相対的に長くなります。身一つでという分けにはいきません。ノートを持って行くことになります。そして、そのノートを書くために机が必要となります。そのため、社会の『学び合い』では机をつけて作業する場合が多くなります。そして、その作業を通してノートのまとめ方が伝搬し、それが学力を保証します。そのため、机の移動が自由であることが重要になります。

 多くの学校は机を黒板に向けて、一つ一つの机の間を開けた配置をしていると思います。基本的には先生の話をずっと聞くという従来の授業のスタイルに沿ったものです。しかし、その配置が単純であるため、掃除の際に便利だと思います。そうであるにも関わらず、コの字になっているということは、教師が「コの字」が良いんだという思いがある可能性が高いと思います。それが問題です。「机の配置なんて教師が考えることではない」と考えるのが『学び合い』だと思います。『学び合い』の理想の教室とは、自由なのです。どの部屋に行っても良いし、机で勉強しても、床で勉強しても、長机で勉強しても・・、それが許される教室です。

 もし、ある教室に行ったらコの字に机を配置していたとします。私が「何故、コの字にしているのですか?」と聞いたら、「あ、そうですね。気にしていませんでした。なんか子どもが勝手にそうしているみたいですね」と応えたとしたら、そりゃ『学び合い』だと思います。

 教師の仕事は課題を与え、評価すること。そこに頭を費やすべきです。環境を整える上で重要なのは、教師が考えるベストな方法がやりやすい環境を与えるのではなく、子どもが自由に方法を選択できる環境を保証することです。

[]講演 08:25 講演 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 講演 - 西川純のメモ 講演 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月に金沢大学附属小学校で講演することが昨日決まりました。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2009/05/31 09:09西川先生、お久しぶりです。
昨日はおめでとうございます。

先生の今日のメモを読んで私はハッとしました。
実は私もコの字型にしてみようかな・・・と思ってしまった時期もありずっともやっとしていたのです。
でも、子どもたちやベテランの先輩教員が私に以下のことを言ってきました。
「G8先生、必要に応じて机の移動ができる方が良い!その方が自由に机の移動ができたり何かと私たち(子どもたち)にとっては便利だ!!」と。
今の子どもたちと一緒に学び合いをして早2ヶ月が過ぎましたが、コの字型スタイルにするならば、クラス会議の真面目なテーマとか、丸字型スタイルにするならば、クラス会議のイベントといったくだけたテーマなどなど子どもたちはいろいろと考えていることを私に伝えてくれました。
授業でも、算数と理科、社会と国語などなど、教科によって、いや、内容によって子どもたちの動きが変わってきて、これまた面白いです。
子どもたちは自分で必要に応じて行動し、自分でしっかり選んでいてすごいなぁって発見しました。
なので、それを私は「ほ~」「へぇ~」「なるほど~」など子どもたちにコメントしながら、子どもたちに見えないようにメモができるというのは、所見を書くことや、保護者にも伝えられるというのはこれほどすごいものはないと思います。
今40人学級と多いのですが(昨年は25人でしたが)『学び合い』のおもしろさを少しずつ私も子どもたちも実感しつつあるのかなぁって感じています。
また報告します。
どうぞよろしくお願いします。

jun24kawajun24kawa2009/05/31 09:29人数は多い方が良いですよね。
多すぎたら、子ども達は小集団を自分で創りますから。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2009/05/31 09:41そうなんです!!
実は、昨年は個人行動が多かった学級と言われてG8が引き継いだのですが、『学び合い』の導入で40人学級の子どもたちがやった行動は「小集団」を自分たちでつくり、そのグループ同士で活動することができるようになってきたのです。

これは昨年担任だった先生も驚いていました。
人数が多ければ多いほど子どもたちはどうしたら良いかを子どもたちなりに考えて行動していたので私にとっても大変興味深いものでした。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2009/05/31 09:43西川先生、コメントそれも早いコメントありがとうございました。
とてもありがたいです。励まされました。
明日からもがんばれそうです!!

jun24kawajun24kawa2009/05/31 10:00自分の実践ではなく、もっともっと高い志を持って行動しましょうね。そうでないと子どもが腐りますよ。期待しています。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/05/31 15:37「環境の整備」という点において、

>環境を整える上で重要なのは、教師が考えるベストな方法がやりやすい環境を与えるのではなく、子どもが自由に方法を選択できる環境を保証することです。

この部分、自分のまわりの人たちに伝える際には、今後意識して強調していこうと思います。今までの自分の伝え方だと、誤解されて伝わってしまっていたかもしれないな、と思いました。自分自身の認識も、この3行でさらに明確になりました。

ghjalghjal2009/05/31 16:15うちの学級はその「コ」の字型です。教師主導でやる時や話し合いのときなどに、「コ」の字型はやりやすかった。その名残かな。「ロ」の字型のこともあったし。以前は「○」字型が理想だななんて思っていました。

ただし、現在『学び合い』が始まると、当然机はぐちゃぐちゃです。というか、人っ子一人教室からみんながいなくなることがあります。生活班も当番活動のときの分担程度の役割しか果たしていません。学習中は班という概念も無くなりました。

子どもの選択する余地ですか。当然、大切にしたい考えです。

jun24kawajun24kawa2009/05/31 18:21osugiさんへ
あなたはオーラが強い。それを意識する必要があるかもしれませんね。あははは
ghjalさんへ
子どもが教師のくびきから逃れているならば、なんでもありですよ。安心して下さい。でも、掃除の時、不便じゃありませんか?あはははは

iku-nakaiku-naka2009/06/01 12:33「戦略」と「戦術」の話、まるで今の私のことを言われているような気がしました。テクニックは所詮テクニック。分かってはいるのですが・・・精進します。

jun24kawajun24kawa2009/06/01 19:42悩んで良いんですよ。いつまでいっても悩みは尽きません。
ただ、基本を忘れずにいれば、対処療法・テクニックはありです。

kitami104kitami1042009/06/05 01:54金沢大学付属小学校の仕掛人は、きっとHa先生ですか?
すご〜い先生です。
そうか、金沢大学付属小学校も、ここにやってきましたか・・・。
広がるのは、うれしいことですね。

jun24kawajun24kawa2009/06/05 04:56今回の仕掛け人はNOR先生です。多士済々なのですね。

09/05/30(土)

[]結婚記念日 21:50 結婚記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 結婚記念日 - 西川純のメモ 結婚記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、家族で飲みに出かけました。

09/05/29(金)

[]当たり前 22:47 当たり前 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前 - 西川純のメモ 当たり前 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は非常に当たり前のことで、単純なことを主張しているだけのことです。でも、それを理解してもらえない。論理的に議論したら、そりゃ論破できる。でも、たいていの場合は感情的になってしまう。理解と納得は違います。

 でも、『学び合い』を理解する人が一定数以上になれば、状況はがらりと変わるはず。当たり前のことを、当たり前に受け取られるようになる。そうすれば、「なんで、こんな当たり前のことを分からなかったんだろう」と人から言われるのだろうな、と思います。が、今のところ、当たり前のことを言っている私の方が異常者に分類される。それが難儀だ。

[]偉いな~ 22:47 偉いな~ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 偉いな~ - 西川純のメモ 偉いな~ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 あるゼミ生の机の脇に「日本の教育を変えてやる!」という言葉があったので、私の昔を思い出しました。

 私のゼミに所属する人は偉いと思います。だって、「日本の教育を変える」ということを連呼する暑苦しい人を指導教員に選ぶのですから。大学院を出て自らが実践する場は、『学び合い』は主流でないことは十分に理解しているのにも関わらず、選んだのですから。安全パイならば、もっと分かりやすいテーマを選ぶはずです。

 でも、思い出しました。私も院生の時、人から「何のために大学院に入学したの?」と聞かれれば、迷い無く「世界平和」と答えました。そして、それを目指した修論テーマを選びました。なぜ「世界平和」というような冷静に考えれば荒唐無稽とも思える目標を自らに課したのでしょうか?それは自分が大嫌いな自分の現状の変えるには、自分の狭いエゴでは越えきれないことを理解していたからです。自分の安直なエゴを越えて、自らを高めるには高い、高い志が必要だと感じていたのでしょう。

 教師として高い、高い志を多くの人に伝えたい。教員採用試験に合格したい、上手い授業をしたい、とりあえず2年間穏やかに過ごしたい、では、その先が現状で予想できる範囲に留まります(でも、安全です)。

 ただし、志は高く、現実には柔軟に!実はそれが一番大変です(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20050508

[]前夜祭 19:35 前夜祭 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 前夜祭 - 西川純のメモ 前夜祭 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我が家には家族の誕生日以外に色々と記念日があります。特に大事な記念日には、前夜祭と後夜祭があります。本日は、結婚記念日前夜祭です。

 家族で飲むぞ~!

gtinouegtinoue2009/05/29 21:31おめでとうございまーす!!

jun24kawajun24kawa2009/05/29 22:15ありがとうございます。

HirarinHirarin2009/05/30 02:34おめでとうございます。
私はその日を何度も忘れていた過去があります。
以後気をつけたいと思います。

jun24kawajun24kawa2009/05/30 06:45そうならないように、ヤフーカレンダーに家族の記念日を登録していますよ。

09/05/27(水)

[]引きこもり 22:16 引きこもり - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 引きこもり - 西川純のメモ 引きこもり - 西川純のメモ のブックマークコメント

 相田みつをは、人の幸・不幸は人の出会いによってきまると看破しました。その通りです。

 でも、善意のある人の暴走が、善意の人を傷つける。狭い視野の世界の中ではハッピーエンドです。でも、ちょいと広げると大きな問題を起こす。明日から戦闘モードにならねばならない。嫌だな。

 私は退職したら絶対に引きこもりになりたいと思います。

[]マップ 05:29 マップ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - マップ - 西川純のメモ マップ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 メールマガジンの管理者のスミちゃんが、またまた面白いこと考えました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sumi-chan/20090526/p2

 是非、是非、お願いします。

sumi-chansumi-chan2009/05/27 10:34『学び合い』マップの宣伝、ありがとうございます。
早速、いろんな方がトライして下さって、楽しいです。

jun24kawajun24kawa2009/05/27 10:44いろいろアイディア、面白いですね。

twoyoshitwoyoshi2009/05/27 22:49私も別件で戦闘モードに入らねばならなくなりました。でもその人は悪意ある人のようなので、心おきなく全開でいけます。ちなみに4月から出会った方々ではないので、念のため。

jun24kawajun24kawa2009/05/27 22:53上手く戦いましょうね。

twoyoshitwoyoshi2009/05/27 23:07Yes,sir.

09/05/26(火)

[]申し込み 22:11 申し込み - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 申し込み - 西川純のメモ 申し込み - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大抵は『学び合い』の会の申し込みは最後の1週間ぐらいに、どかどかと入り始めます。気持ちとしては、「まあ、直前で良いかな?」とか「ハッキリと決まってから」という人が多いと思います。しかし、主催者の方は気をもみます。

 来月初めに埼玉の会と神奈川の会が連続してあります。連続していますが、その色合いはかなり違います。神奈川の会は入門者を強く意識した会です。埼玉の会は、発展した姿を見せてくれます。

 入門者の方は、埼玉の会で「へ~、こんなことまで出来るんだ~」ということを学び、「じゃあ、どうすればいいの?」を神奈川の会で学べばいいと思います。逆に、数年来の実践している方の場合は、「あの人の実践どうなっているかな~」を埼玉の会で学び、神奈川の会で初心を思い出して下さい。だって、自分の周りの人に伝えるには、周りの人の気持ちを思い出さねばなりません。

 ということで、「参加しよう」と思っている方は、それぞれの事務局に参加申し込みをして下さい。一回の出張で2度美味しい。

[]予想 09:04 予想 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 予想 - 西川純のメモ 予想 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある方が『学び合い』にトライすることになりました。そこで、先ず課題を考えてください、と求めました。その返信が以下の通りです。

****************************

 単元は、「動物の誕生」で「メダカの誕生」と「ヒトの誕生」の選択単元です。メダカかヒトを選ぶわけですが、今回はメダカの誕生を中心に探求活動をおこなって、まとめの部分でヒトの誕生についても触れようかと考えています。(でも、この時点で子どもに自分の学びたいものを好きに選ばせ、探求活動を行わせて、最後に交流してまとめてもよいかなとも思ってしまいます。)

課題としては

1時間目は「メダカが卵を産むための飼い方を考えよう」

      雄雌混ぜて飼うこと

      えさのやり方

      水槽の環境(水温、水草など)を理解する。

2時間目は「卵の観察や世話の仕方を考えよう」

     どのように世話したら、子メダカが誕生するのか、また

     卵の変化の観察・記録の仕方について、理解できるようにする。

です。いまいち子どもたちがどのように動くのか予想できず、課題もこれでよいのか,それとも、もっと具体的に細かく書いた方がよいのか迷ってしまいます。もう少し単元構成について考えてみたいと思います。

**************************

それに対する私の返信は以下の通りです。

**************************

さて、手ほどきです。

第一に「いまいち子どもたちがどのように動くのか予想できず」とありますが、

そんなの予想しなくて良いんです。

だって、あなたの前にいる三十人の子どもの動きを予想できます?

出来ないでしょ?

あなたが子どもの動きを予想すると、三十人の子どもにその動きを強いてしまうのです。

重要なのは、課題をシャープにシンプルにすることです。

1時間目は「メダカが卵を産むための飼い方を考えよう」

      雄雌混ぜて飼うこと

      えさのやり方

      水槽の環境(水温、水草など)を理解する。


2時間目は「卵の観察や世話の仕方を考えよう」

     どのように世話したら、子メダカが誕生するのか、また

     卵の変化の観察・記録の仕方について、理解できるようにする。

以上を、子どもが分かる言葉で表現して下さい。

特に、その課題が達成されたか、達成しなかったかが子どもが分かるような課題として下さい。

「理解する」では曖昧ですよね。

***************************

直ぐに以下のレスが来ました。

***************************

返信ありがとうございます。

30人の動きを予想する=子どもの動きを強いる 納得です。

私は何度もやっていると思います。

指導案の予想される児童の活動も私が誘導する児童の活動になっています・・・

課題についてですが、シャープにシンプルにですね。

もう少し考えてからまたご連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。

***************************

 普通の授業では、子どもの動きを予想し、それを強います。『学び合い』で強いるのは、最終的な結果であり、その過程は任せます。考え方の違いですね。

 『学び合い』における「予想される子どもの反応」は「分からない。分からないから、楽しい」です。予想されること、願うことは「全員、一人の例外なく課題を達成する」であり、そして「私はなんて愚かだったんだろう、と子どもたちの素晴らしい姿に感涙する」です。

tontan2tontan22009/05/26 12:58横からすみません。
21年度の5年生の理科では、メダカと人との課題選択はなくなった(どちらの実施)と思いますが、ご確認してみてください。

tontan2tontan22009/05/26 12:59(どちらも実施)です。 すみません。

jun24kawajun24kawa2009/05/26 16:03心にとめていただいて感謝です。

twoyoshitwoyoshi2009/05/26 21:21最近本学の先生方の講義のほとんどが、『学び合い』を指向している気がします。様々な学習上の問題はほぼ全てが『学び合い』によって解決しますね。

jun24kawajun24kawa2009/05/26 22:00そうだったら嬉しいと思います。
少なくとも本学教職大学院の仕組みは『学び合い』によって構成されています。だって、その仕組みを作ったのは私だからね。あはははは

twoyoshitwoyoshi2009/05/26 22:16やっぱり(嬉)。ブログにも書きましたが、「探求と発表」の設定が絶妙ですよね。

ghjalghjal2009/05/26 23:34シャープでシンプルに。正にシャープでシンプルな視点ですね。シャープでシンプルに。合言葉にしていきます。

jun24kawajun24kawa2009/05/27 05:33twoyoshiさんへ
エッヘン!
ghjalさんへ
頭が『学び合い』脳になると、自然にそう考えるようになりますよ。あはははは

09/05/25(月)

[]物と人 22:17 物と人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 物と人 - 西川純のメモ 物と人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 NHKの朝のニュースで、国語辞書を使って言葉を調べ、付箋を入れる指導を紹介していました。う~んっと思いました。言葉がネックになっている、それに対応しているから有効だと思います。でも、付箋を使うことを強いていることが気になります。まあ、一般的に教育の教材は「物」によって解決しています。でも、一番に有効で、興味関心を引き出すのは人なのに、と思いました。そんな付箋を使わなくても、『学び合い』では徹底的に国語辞書を使うのに・・・と思いました。

[]私の性格 22:17 私の性格 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 私の性格 - 西川純のメモ 私の性格 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 どうも私の性格は敵を作りやすい。悪気はないのですが、そうなってしまいます。本日もそんなことがありました。落ち込みました。でも、結局、八方美人をやっても、それを嫌う人はいます。私のような者でも、好んでくれる人がいます。全ての人に伝えるなんて、どだい無理。分かってくれる人に、確実に分かってもらうことを大事にすべきです。そして「みんな」が大事です。

[]全国デビュー 22:17 全国デビュー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 全国デビュー - 西川純のメモ 全国デビュー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、「コロコロイチバン」という雑誌の214ページに、読者から送られた名産怪獣の一つに、息子の茨城県の名産怪獣「なっとう兄弟}というのが掲載されていました。

 私の作品が全国版に載ったのは25歳の時です。ところが我が息子は9歳で全国デビューです。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/05/25 22:34以前国語辞書を使って付箋を入れる指導を推し進めているある有名な学校に見学に行きましたが、子ども達の辞書はすごかったです。付箋でびっしり。分厚い。子ども達にとっては達成感がその分厚さによって可視化されるので一生懸命調べるのでしょうが、どこか「目的と手段が逆転してないかな?」と感じさせるものでした。辞書で調べて付箋の数を増やすことが目的になってしまっている子は、将来的に、例えば営業で目先の数字だけを追うことになってしまう…ということになるんじゃないかなぁ、というのは飛躍しすぎでしょうか。
…と、どうしてもそんなことを書いてしまうので、僕の性格も敵を作りやすいです。でも、味方も多いですよね^^

twoyoshitwoyoshi2009/05/25 22:46私も以前その取り組みの特番を見たことがあります。確かに目的と手段の逆転があるかとは思いますが、そのような動機付けもありかと思います。高校時代の英語は私にとってはパズルを解く楽しさ以外何もなかったですから。動機付けが転化することもあるかとも思いますしね。
先生、私は今日の先生の優しさに感謝しています。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/05/25 22:58osugiさんへ
 あなたは味方が多い。私の場合は、それが弱いと思います。ただ、私の味方に、それが強い人がいるので、救われます。
twoyoshiさんへ
 期待していますよ。

yukari0841yukari08412009/05/29 15:31「なっとう兄弟」昨日拝見しました。(^-^)

jun24kawajun24kawa2009/05/29 15:58ありがとうございました。

09/05/24(日)

[]運動会 18:25 運動会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 運動会 - 西川純のメモ 運動会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を始めたばかりの人に対して、「個を見ています。全体を見て下さい。そのために離れてクラスを見て下さい」とよくアドバイスします。

 本日は息子の運動会です。見事に個を見ています。運動会なんて、私にとってはどうでもいいのです。息子です。息子。

 私がクラスを見るようになるとしたら、それは息子がクラスを見るようになったらです。

twoyoshitwoyoshi2009/05/24 21:53親は子どものことになるとみさかいがなくなりますね。私もそうです。でも教師の立場だとそれを「おかしいこと」と捉えてしまいます。親にとって我が子のことは「理屈ではない」と考えることが、保護者とのよい関係をつくる一歩かと思います。

twoyoshitwoyoshi2009/05/24 21:53親は子どものことになるとみさかいがなくなりますね。私もそうです。でも教師の立場だとそれを「おかしいこと」と捉えてしまいます。親にとって我が子のことは「理屈ではない」と考えることが、保護者とのよい関係をつくる一歩かと思います。

jun24kawajun24kawa2009/05/24 22:15はい、教師も普通の親であることを、子どもにも保護者にも伝えるべきだと思います。

toshimtoshim2009/05/25 00:5824sikawa先生でもそうなのですね。
じゃあ、自分は無理だな。きっと自分の子しか見ない親になるな(笑)。でも、子がクラスを見るようになると変わるという言葉に妙に納得しました。なるほどっ!!

jun24kawajun24kawa2009/05/25 06:58われわれは普通人。聖人ではありません。
その普通人が続けられるから、『学び合い』は良いと思います。

mana-mama5mana-mama52009/05/25 08:02自分の子の出番が済んでしまうと、娘の友達や、町内の育成会で「みんな」で育てている子を探して応援してます。見守っているうちに自分の子との境がなくなります。

jun24kawajun24kawa2009/05/25 08:48偉い!
私は、その境地には達していません。

09/05/23(土)

[]二人 11:05 二人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 二人 - 西川純のメモ 二人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 明日は息子の運動会。本日はその準備のため、息子は学校です。ということで、家内とのんびりとお茶を飲んでいます。

 久しぶりだな~・・・

 映画にでも誘おうと思ったら、明日のお弁当の下準備があるそうです。残念です。

yu-rikiya-ta-35yu-rikiya-ta-352009/05/23 16:56西川先生沖縄研修会でのお疲れはないですか。?
もう運動会ですか。早いですね。うちの所では、9月~11月がほとんどです。夏休み前は、梅雨それが終わると本格的な夏ですから。
それにしても沖縄での研修会は、朝から授業参観、授業研究会、講演会、夜の懇親会と凄くハ-ドスケジュ-ルでしたね。おまけにその前日には、私たちとの懇親会も引き受けて下さいました。こんなふうに日夜、全国を飛び回っているんですね。ただただ頭が下がる思いです。私が今回一番感動したのは、そのような仕事に対する西川先生の姿勢と講演会や懇親会で見せたユ-モアあふれる人柄の良さです。講演会では、「学び合い」が良く伝わりました。あんなパワフルな講演会を聞いた事がありません。ビデオに撮りましたので知り合いに見せたいと思います。
「沖縄の宝は人・コミュニティーだと思いました。私は沖縄が大大大好きになりました。」と西川先生は、仰って下さいました。私も生の西川先生と会って今まで以上大大大・・・好きになりました。
機会がありましたら今度は、御家族でおいで下さい。沖縄の自然も気に入ると思いますよ。

jun24kawajun24kawa2009/05/23 17:04はい、なだらかにつづく山並み。透き通った海。あれが沖縄の人を創ったのだと思いました。

twoyoshitwoyoshi2009/05/23 23:54先生!ブログできました!

jun24kawajun24kawa2009/05/24 05:39まってました

09/05/22(金)

[]酔う 21:40 酔う - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 酔う - 西川純のメモ 酔う - 西川純のメモ のブックマークコメント

 若い頃は、毎日、一升以上飲みました。でも、年を取ると弱くなります。そして、家で晩酌すると、笑っちゃうほど少しで酔います。幸せです。

09/05/21(木)

[]神戸にて 22:02 神戸にて - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 神戸にて - 西川純のメモ 神戸にて - 西川純のメモ のブックマークコメント

 関西近郊の皆様にお誘いします。

 6月20日の土曜日に『学び合い』のライブが見られます。詳しくは以下をご覧下さい。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ybhdv7/20090517/1242574100

[]再確認 21:56 再確認 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 再確認 - 西川純のメモ 再確認 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、18時半に家に到着しました。家族とちゅちゅして、息子と風呂に入ります。食事をして、仕上げ磨きをして、添い寝をして、今起きました。

 出張から帰ると再確認します。出張先がいくら楽しくても、出張は嫌だということです。家族と一緒に寝て、食事するのが一番です。

[]沖縄 07:34 沖縄 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 沖縄 - 西川純のメモ 沖縄 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 3泊4日、沖縄にいました。

 以前、私の研究室に所属した沖縄の現職院生さんから、「沖縄では1月に菜の花が咲く」、「5月から海水浴が始まる」という驚天動地の話を聞いていました。そのため、私の中では、マンゴーやパパイヤがいっぱい茂っている異国情緒あふれる町並みを予想しました。でも、空港に降りてみる町並みは「ふつー」でした。また、沖縄の方は毛深く、彫りの深い顔立ちの方ばかりと思っていました。ところが「ふつー」の人が大多数でした。沖縄は高い山が無いせいか、風景は平野で、島という感じがしません。つまり、拍子抜けするほど「ふつー」でした。

 でも、しばらくすると気づくことがあります。以前、沖縄料理は美味しくないと聞きました。ところが、これが美味しい!同じチャンプルでも、こうも味が違うのかとビックリです。刺身は味が落ちますが、それ以外はおしなべて美味しい。泡盛はあくが強いと思っていました。ところが、恐ろしいほど端麗で飲みやすい。

 ある人から沖縄の結婚式の話を聞きました。なんと400人も集める結婚式をするそうです。そのため、結婚式に呼ばれる機会は、やたら多いそうです。そのため、基本的に祝儀は1万円というルールがあるそうです。健全だと思いました。ビックリしたのは席次です。私の知っている結婚式では、席次で頭を悩ますが通例です。年齢、職階、また、だれとだれが仲が悪い、良いを勘案して、綱渡りのような席次を決めます。が、沖縄ではそんなことはなく、あまり考えずに席を決めるそうです。その人曰く、「沖縄では結婚式は祭りなんです。同じ席に座った人が、めいめい勝手に仲良くなって、楽しむんです」。凄いな!、良いな!と思いました。そういえば、昨日の飲み会には、教育委員、教育長、議員、指導主事、教師・・・が列席したのですが、全員が「さんづけ」で呼び合っているのです。

 昨日の朝早く、ホテル近くの海岸を散歩しました。海岸近くのベンチで6人ぐらいのおじいさんがだべっているんです。服装はごくごくラフ、と言うかだらしないかっこです。話題は、つりの話です。たわいもない話題をダラダラと話しているのです。

これにはビックリしました。私は日本全国を旅行しますが、こんなことは初めてです。道を歩いて、二人のおばあちゃんがだべっているのを見ることはあります。しかし、おじいちゃんが、それも6人もだべっている姿を見ることは全くなかった。なんて豊かなんだろう、と思いました。退職後は家に引きこもって、話し相手は家族だけ、それも馬鹿にされながら・・・という生活とは天と地の開きがあります。

 私の風景に対する拍子抜けと対照的に、沖縄の人に関する驚きは鮮明です。沖縄の宝は人・コミュニティーだと思いました。私は沖縄が大大大好きになりました。

[]最短記録 07:34 最短記録 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最短記録 - 西川純のメモ 最短記録 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 一昨日、お世話になった中川小学校の校長が、今年、昨日お世話になった兼次小学校の校長に異動しました。そして、昨年、積み上げたものを白紙にして、『学び合い』でやると宣言して、どんどん進めます。これって掟破りですよね。ふつーは、異動した1年目は前年度の計画の元に進め、2年目から自らのカラーを出すというのが一般的です。が、その校長はふつーではないのです。おそらく先生方は、何が何だか分からない状態だったと思います。それも、常識的な先生だったらクレージーと思える『学び合い』をやるのですから。

 だから、正直、ドキドキで昨日の学校におじゃましました。先生方からの「こいつが『学び合い』なんていうものを言い出すから、私たちは迷惑するんだ!」という突き刺すような視線が降りそそぐのではないかと覚悟しました。

 朝のお迎えは教頭先生です。緊張しましたが、穏和な方でした。話してみると、『学び合い』を理解されている方です。というのは、自身の過去の経験と『学び合い』を正しく関連づけた話をされます。これは、通り一遍では出来ません。嬉しくなって、私が多弁になってくるのが分かります。

 でも、管理職の方だからだろう、と解釈しました。職員室で先生方に紹介されました。幸いににらみつけるような方はおられません。ほっとしました。むしろ、私を怖がっているの様子ですので、ニコッと笑って「怖い先生ではありませんよ~」と言いました。

 1時間目は3年生の授業を見ました。ビックリしたのは『学び合い』になっているんです。いくつかのアドバイスをしましたが、ちゃんと理解されました。

 休み時間、学校のクラスや図書館を回りました。というのは、阻害されている子は、そのようなところでポツンとしているからです。ところが、そのような子はいません。みんな、いろいろなところで遊び回っています。

 2時間目は4年生の授業を見ました。ビックリしたのは『学び合い』になっているんです。いくつかのアドバイスをしましたが、ちゃんと理解されました。休み時間に見回りましたが、阻害されているような子は見あたりません。

 3時間目は5年生の授業を見ました。ビックリしたのは『学び合い』になっているんです。いくつかのアドバイスをしましたが、ちゃんと理解されました。休み時間に見回りましたが、阻害されているような子は見あたりません。

 4時間目は6年生の授業を見ました。ビックリしたのは『学び合い』になっているんです。いくつかのアドバイスをしましたが、ちゃんと理解されました。休み時間に見回りましたが、阻害されているような子は見あたりません。

 私は本当にビックリしました。学年1クラスの学校ですので、少なくとも3分の2の学級担任が『学び合い』が出来ることを確認しました。

 午後の研修会で質問を受けましたが、『学び合い』を前向きにとらえていることが質問の内容でよく分かります。だって、やりたくない人の質問って、決まり切っていますから。授業を見せていただいていない1年の先生の姿は印象的でした。私の説明の「つぼ」のところになると、品の良い、ゆっくりとしたうなづきがあります。それが「つぼ」とピタリとしているので、小気味が良い!

 講演会では、熱く、暑苦しく、語りました。そこにはその地域のお歴々が来ていただきました。その方々の心に伝わったと私は感じました。

 夜の飲み会では、キャラの濃い「ふつー」でない校長の話に笑いました。行政の先生方のとはボケつっこみは漫才のようです。私はしつこく、しつこく、異学年学習を勧めました。2年生の先生も含めて「じゃ、ためにしやってみよう」ということになりました。

 「ふつー」でない校長が異動して2ヶ月以内で、上記が成立しました。私の知る限り、最短記録です。それをなしえた「ふつー」でない校長、「ふつー」でない『学び合い』を吸収しえた先生方、それを可能とした子どもたちに深い敬意を表します。

 凄い!

追伸 あんまり「ふつー」でない校長のペースに乗せられ続けるのもしゃくだから、ものすごい宿題を校長にたたきつけました。色々と逃げの説明に入る校長に対して、「聞きたくない、聞きたくない、結果を出して下さい。期待しています」と言いました。その私と校長の掛け合い漫才を先生方がニコニコと笑っていました。期待しています。

enablerenabler2009/05/21 08:29西川さんの笑顔が浮かんできました。
いいですね。いろんなところでいろんな人の笑顔がみられることは。もちろん子どもたちの笑顔も!

OB1989OB19892009/05/21 09:14あの校長先生なら,さもありなんです。中川小より凄いことになってますね。実績がなせる快挙でしょう。

kan66kan662009/05/21 15:29私も昨年、校長先生に圧倒されました。沖縄の『学び合い』がますます凄いことになっていきそうですね!

yu-rikiya-ta-35yu-rikiya-ta-352009/05/21 19:09兼次小学校大変羨ましいです。こんな理解のある校長先生もいるんですね。うらやましがってばかりでは、どうしようもありませんね西川先生も仰るようにできる事をしたいと思います。

jun24kawajun24kawa2009/05/21 21:53enablerさんへ
昨日は一日中にこにこでした。
OB1989さん、kan66さんへ
校長先生は健在です!
yu-rikiya-taさんへ
期待していますよ

ybhdv7ybhdv72009/05/21 22:30ライブの案内をアップしていただき、ありがとうございます!
多種多様な方々が学び合う様子にわくわくしています。
K先生のクラスの児童に会える日が待ち遠しいです!

jun24kawajun24kawa2009/05/21 22:41どかんと、やりましょう!

09/05/20(水)

[]研究授業 07:01 研究授業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究授業 - 西川純のメモ 研究授業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日の研究授業の様子を、ちょいと紹介します。

 本日の課題は、割り算の計算です。前時では、二桁の数を一桁の数で割る仕組みを、図や言葉で理解するというところまで終わりました。本字は、それを筆算でやる方法を学ぶところです。

 事前の授業検討では、最初は一つの割り算を全員が出来ること、そして、「自分」が分かった説明を書けることが「みんな」出来る、という課題としていました。しかし、これでは時間が余ってしまうのではないかと授業者が危惧されました。そこで議論の結果、問題を3問にして、そして「みんな」が分かる説明を書けることが「みんな」出来る、という課題としました。

 いずれにせよ、従来の授業をやっている方だったら、想像も出来ない課題です。だって、割り算の筆算のやり方を教えてない子どもに、計算して、それを説明せよという課題です。最後に授業者にアドバイスしたのは、「子どもたちに、中川小学校を変えるのは君たちだ、沖縄を変えるのは君たちだ、と檄を飛ばして下さい」と「スマイル、ニコニコしましょうね」です。

 授業開始です。学年1クラスの人口一万余の町の学校の、二十数人の子どもたちを百人の先生方が参観するのです。筑波大学附属小学校の子どもはいざ知らず、おそらく子どもたちにとっては生まれて初めての状況です。その中で授業者の先生は最初に課題を語ります。丁寧に説明しているので約8分ぐらいかかりました。私の感想では、ちょっと丁寧かなと思いました。授業開始です。緊張のせいか、子どもたちの動きは悪いです。まあ、当たり前です。だって、一度も割り算の筆算の仕方を教えられていないクラスで、割り算を筆算しろという課題なのですから。しかし、まあ十分程度で動くだろうと思いましたが、その通りでした。

 子どもたちが動き出して20分ぐらい(つまり授業開始30分ぐらい)たつと、「説明」説明する子どもたちがかなり増えました。

 廊下にあふれかえる先生方の顔を見ると、「????????」という様子が見られます。会話を聞くと「この子たち、筆算の仕方を教えられていないの?」とか、「これじゃ学級崩壊しちゃんじゃないの?」という声も聞こえます。授業が押し詰まってくると「この様子だと、まとめしないんじゃない」という声が聞こえます。

 そして、授業を終了しました。残念ながら全員達成は出来ず、子どもたちから「あと十分やらせて」という声が聞こえました。

 授業後は授業者がひどく落ち込んでいると教頭先生から聞きびっくりです。話してみると、全員達成が出来なかったからということでした。そこで語りました。まず、今回の課題はメチャクチャ難しい課題です。筆算の仕方を教えてないクラスに、筆算をさせて、はては、「みんな」に分かる説明をせよという課題です。ですので、『学び合い』の初期段階(中期段階かもと思える子どもたちです)の子どもが出来るわけありません。結局、「みんなできた~?」と教師の視点でクラスを考える子どもが数人(クラスの1、2割)以上現れるまでは絶対に無理です。もちろん、今の段階の子どもたちであっても、あと十分あれば出来たと思います。そのために問題数を1問程度にして、最初の課題定時を2分程度に短縮すれば出来たと思います。でも、出来なかったのは意味があったと思います。つまり、出来ないという現実を子どもたちに提示し、それを乗り越えろと求めるのです。それが先に述べた教師の視点で考えられる子どもの出現を促せるのです。1時間の課題の達成よりも、クラス創りが大事であることを説明しました。そして素晴らしい授業であったと評価しました。

 授業参観者の評価が高かったと思います。しかし、やはり同じ授業を見ても二通りの反応があります。『学び合い』を疑問にもたれる方の場合は、課題達成が出来なかったこと、落ち着きのないクラスであることに着目します。でも、私としては「じゃあ、あなたの授業で、今回のクラス以上に筆算の仕方を理解させることが出来るの?」と聞きたいと思います。まあ、最後まで説明することは出来るでしょう。でも、教師が説明することと、子どもが理解したということは別のことです。

 でも、『学び合い』をやってみたい、と思われる先生の場合は違った視点でみます。つまり、筆算の仕方を一度も教えたことがないクラスで、あれだけ達成されたことにビックリされます。また、授業中、課題から離れる子どもはおらず、1校時、ずっと全員が集中している子どもにビックリされます。そして、楽しそうに算数を学習し、全員が出来ないと、「あと十分やらせて」と懇願する子どもの姿にビックリします。

 最後に、その授業者の先生に私は求めました。授業に関する教師のアンケート結果を、加工せずに子どもたちに見せて欲しいと願いました。良い評価も、悪い評価も、子どもたちは受け止めて、いっそう奮起するはずです。そして、それが授業を見せてくれた子どもたちに対する、当然の「礼儀」だと思うからです。

[]特別支援 07:01 特別支援 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別支援 - 西川純のメモ 特別支援 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、ある方から「うちの学校には特別支援の必要な子が多いのですが、『学び合い』は出来ますでしょうか?」と聞かれました。私はいつも通りのことを言いました。なお、これは他のどんな質問に対しても基本的には同じです。

 まず、「では、現状で教えられるのでしょうか?」と聞くと、首を振ります。

 次に、「そうであれば、きっと教師はイライラしているでしょうね。座りなさい、静かにしなさいと怒鳴りまくっていたり、自分を責めていたり。でも、イライラしている教師、落ち込んでいる教師に良い授業が出来るでしょうか?」と聞くと、首を振ります。

 次に「ですよね。だから教師一人が背負うのではなく、クラスみんなで背負う方が良いですよね?」と聞くと、うなずかれます。

 最後に、「だから、クラスみんなが背負うクラスを創るのが『学び合い』です。実は、特別支援の子どもも絶対に切らないクラスをつくれば、次に自分が切られるのではないか?と思っている子どもたち、これって少なくないですよ、が安心できるクラスを創れます。そして、最終的には全員にメリットがあり、それを全員が理解できるクラスが創れます。」と申し上げると、うなずかれます。

 そこで、「詳しくは、気になる子の指導に悩むあなたへ、という本に書いています」とにこっと笑いました。

追伸 ごくまれですが、「では、現状で教えられるのでしょうか?」という私の質問に、「はい、私は全員を教えることが出来ます」とおっしゃる人がいます。その人も不幸ですが、その人のクラスの子どもがもっと不幸です。

iku-nakaiku-naka2009/05/20 09:06昨年度、10名の子どもたちが、80名近い先生方を向こうにまわしながら研究授業を行ったことを思い出しました。授業中、まさに「大人の壁」をかき分けながら、必要な資料を探し、説明をする生徒達の姿の「根っこ」には何があるこかを感じて欲しいと私は思いました。授業検討会ではいろいろなことを言われましたが「分かって下さった先生」もいました。沖縄にも『学び合い』の輪が広がって行くのを感じ、昔を思い出しつつ、うれしく思いました。

jun24kawajun24kawa2009/05/21 07:39子どもたちにとって、良い経験になったと思います。そして起爆剤になったと思います。

09/05/19(火)

[]中川小学校 23:04 中川小学校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中川小学校 - 西川純のメモ 中川小学校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は朝から夜まで、沖縄の中川小学校の先生方と一緒でした。とても幸せな時間です。

 研究授業では、もう一段階成長した授業を見せていただきました。

 研究授業・講演会には、その地域の小学校の企画としては予想外の100人がご参集いただきました。感謝です。私の方は、熱く、暑苦しく語りました。

 飲み会がありましたが、人口1万余の町に、これだけ熱い人がいることにビックリです。その飲み会には中川小学校の先生方はもちろんのこと、近隣の先生、近隣学校の先生、教育長、教育委員、義務教育課長、指導主事が一堂に会して、みんな仲良く、町に対する愛に満ちた話をしていました。

 あ、そういえば嬉しいことがありました。学校でうろうろしていると、一人の小学校3年生が私を見つけて「いくつ?」と聞くので、私が「もうすぐ五十だよ」と教えると、本当にビックリしました。そして、「え、三十ぐらいだとおもった」と言ったので、大爆笑しました。まあ、四十五程度ならば率直に喜べますし、四十前半と言われたらお世辞として喜べます。でも、三十にはビックリしました。校内を歩くと、子どもたちが挨拶をちゃんとしてくれます、中川小学校の子どもはとても良い子だと思いました。あははははは

 明日も、兼次小学校で朝から一日中の仕事です。

[]同志 06:43 同志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 同志 - 西川純のメモ 同志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は沖縄の同志と飲みました。あ~楽しかった。あ~美味しかった。

 我が年代の方と語ると、若々しく感じます。それも嬉しい。

 ただ、泡盛が異常に飲みやすいので、注意、注意。

 本日は7時半から夜の19時半まで、分刻みのスケジュールです。

 そりゃ、大枚の予算を組んでいただいたのですから、骨の髄まで使っていただかねば。

yu-rikiya-ta-35yu-rikiya-ta-352009/05/19 18:47うちの同学年の女の子(20代、30代の女性)西川先生の講演会のチラシの写真を見せたら若いねぇ、私たちより若いんじゃないと言っていました。私と同じ年だよ。と言ったらチラット私の顔を見て受け流していました。???・・・。明日講演会よろしくお願い致します。

jun24kawajun24kawa2009/05/19 22:48はい、しっかり語らせていただきます。

ghjalghjal2009/05/19 22:48しゃぶられつくしても、きっと西川先生は西川先生のままなのでしょう。沖縄に負けないくらい、神奈川でもしゃぶりつくそうと考えています。日々、全国でおいしいお酒が飲めるのはうらやましい。というか、そういう日々が明日を作っていくのでしょう。

jun24kawajun24kawa2009/05/19 22:52全国の酒は美味しいですが、一番は家内のお酌で飲むことですよ。ふぉふぉふぉ

ghjalghjal2009/05/19 23:14ふわっふわっふわっ!そう来ましたか。

OB1989OB19892009/05/20 06:11中川小学校での『学び合い』がずっとずっと発展している様子で何より嬉しいです。金武町に『学び合い』がしっかり根を張っていくことを願っています。

jun24kawajun24kawa2009/05/20 06:17安心して良いと思います!

09/05/18(月)

[]出発 05:49 出発 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出発 - 西川純のメモ 出発 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、沖縄に出発します。コミュニティーを創るをキーワードとして熱く、暑苦しく語りたいと思います。

yu-rikiya-ta-35yu-rikiya-ta-352009/05/18 07:13待ちに待った講演会です。とても楽しみです。よろしくお願いいたします

jun24kawajun24kawa2009/05/18 07:22期待して下さい。
いい話しますよ~ふぉふぉふぉ

09/05/17(日)

[]怒りの履歴書 22:49 怒りの履歴書 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 怒りの履歴書 - 西川純のメモ 怒りの履歴書 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 添い寝から起き出しました。あわてて書きます。

 私は教師になってから25年たちますが、怒るとか、叱るというのは殆どありません。あるのは説教するというのが年に1度あるかないかだと思います(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20030617/1172988763

 一方、この25年間に関係を切るという非生産的なことをしたのは5回だけです。一つは、印税を踏み倒そうとしたK出版社、人の努力を無にしようとしたKセンターとT書籍(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20050124/1172710446)、誠意のない人(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20071205/1196813030)、(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20040120/1172875822)のようなケースです。いずれも、私は最終的な関係断絶をする前に、明確な最後通牒をします。その数ヶ月以内(多くは1週間以内)に、以前以上の不誠実を示されたときに断絶します。怒ると言うより、関わりたくなくなるのです。

 上記の過去のメモをお読み下さい。多くの人と関わると、とてつもない人がいるものです。

 ということで、ご不快な思いをさせた方々にお詫び申し上げます。

[]すみません 21:03 すみません - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - すみません - 西川純のメモ すみません - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「仕事を一緒に出来ない人」のようなメモを書くと、「私ではないでしょうか?」という方が現れます。違います。すみません。その方は、はっきりと自分だと分かると思います。そして、それは私とのやりとりで、宣告されています。そのような方は、2、3年に一人ぐらいの人です。

 繰り返します。その方は、私から宣告されています。

 今から、息子の添い寝に入りますので、短いですが、取り急ぎメモります。

[]最後のまとめ(その2) 17:56 最後のまとめ(その2) - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最後のまとめ(その2) - 西川純のメモ 最後のまとめ(その2) - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は家族旅行に行きました。明日からの3泊4日の出張の罪滅ぼしです。と、いうことでレス遅れました。

 さて、昨日のメモに対してdaitouirukaさんから具体の姿を教えて下さいとのお申し出がありました。そこで、もう少し詳しく申し上げます。

 問題は小数点の問題です。1.2×6はいくらかという問題だとします。この答えは、7.2です。さて、ここで小数点の位置はどうすべきかと言うことを考えさせるとします。標準的な問題の解き方としては、1.2を10倍して12として、その12に6かけて72として、その72を十で割って、7.2とします(解法1)。もしくは、1.2を1と0.2にわけて、それぞれに6をかけると6と1.2です。合わせて7.2となります(解法2)。でも、あまり考えずに筆算すると72となります。でも、72では「変だな~・・」と感じて、7.2とします(解法3)。

 さて、授業の最初すらすらと解く子(A)がいます。その子がクラスの子どもに解法1で教えています。そして、そのクラスの中で勉強の不得意な子(B)にその子が説明します。ところが中々分かってくれません。そこで十数分粘って、AはBの席から離れました。Bはしばらくそれを考えていて、終了15分前ぐらいに席を立ち始めて、周りの子に説明し始めました。とても得意そうに説明しています。Aはその後、あまり周りの子どもに説明しませんでした。

 そのクラスに今年度転校した子どもがいます(C)。まだ『学び合い』に慣れていないCは殆ど立ち歩きません。終了20分ぐらい立ってから一人の子どもが近づいて話しています。解法2で問題を解いたCはそれを説明しています。ニコニコ話している姿にホットします。しかし、その子が離れてから、その子は席に座ったまんまです。

 さて、そのクラスの担任の先生は机間巡視をしながら、解法3ままで分かったと思いこんでいる子どもが5、6人いることに気付きました。先生は「クラス全員、本当に分かっているのかな?」と全体に声がけしてるのですが、中々改善されません。

 そこで、終了5分前ぐらいに全員を席に座らせます。そこで解法3で解答した子どもを当てて、発表させます。その子が「なんとなく変だから」ということを言うと、その子も、クラス全体も「いい加減だな・・」という雰囲気です。そこで、Bを当てて答えさせると、すらすらと解法1を説明します。その後、それがAから聞いたことをBが言います。そして、次にCを当てて解法を当てて、解法2を発表させます。そして、A、B、Cのように分かっている子どもは広げる努力をすべきであるということと、もっとみんなが積極的に会話することを求めます。それで終わりです。

 まず最初に言いますが、一般的なまとめの展開と似ているようですが、根本的に違います。というのは、一般的なまとめで上記のような展開をする目的は、解法1と解法2をクラス全員に伝えることが目的です。しかし、ナンセンスです。というのはBが語る解法1の説明で分かる子どもは全員ではありません。また、Cが語る解法2の説明で分かる子は全員ではありません。解法1にせよ、解法2にせよ、それを本当に分かるためには対話が必要なのです。

 しかし、上記の先生がまとめをした理由は解法を伝えることではありません。第一に、対話をしないと分からないことを気付かせることです。第二に、A、B、Cのクラスにおけるポジションを改善することです。つまり、人間関係に主眼があります。それならば5分間を費やす価値があります。

 ただし、万人に勧めません。これが出来る先生もいますが、万人とは思いません。これが出来るためには、子どものノートをちらりと見ただけで、典型的な誤解を気づける看取りの能力が必要です。また、子どもの発言を関係づける力が必要です。これは万人が出来るわけではありません。また、名人教師であっても間違えるのです。

 では、私のお薦めは何か?それは上記のような個の見取りをして、それによって改善するのではありません。テストの点数という厳然とした結果を通して、全員が達成することを求めるのです。教師が上記の手だてを考えるではなく、クラスの中で4、5人が上記の手だてを考えるようなクラスを創るのです。それが『学び合い』です。

[]仕事を一緒に出来ない人 17:56 仕事を一緒に出来ない人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事を一緒に出来ない人 - 西川純のメモ 仕事を一緒に出来ない人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 世の中には、悪い人ではないのですが、私といっしょに仕事が出来ない人がいます。

 おそらく、その人はその人の職場においては、仕事は出来ると思います。ところが、その人の職場から離れた私とは仕事を一緒に出来ないのです。一緒の職場にいれば、様々な情報を共有しています。例えば、その人の「嫌そうな顔」という情報を得ることが出来ますので、軌道修正します。ところが遠方であれば、そのような情報を得ることが出来ません。では、そういう場合はどうしたらいいでしょうか?

 大人のルールです。要は赤の他人に対して仕事を頼んだり、頼まれたりした時のルールです。ところが、これが出来ない人がいます。このような人と関わると、関われば、関わるほど不快になります。と、偉そうに言っている私が出来るかと言えば、非常に危ういと思います。何度も書いているように、私は対人関係能力に著しい欠落があります。ですので、少なくとも二つを気にしています。

第一に、赤の他人とのやりとりなのですので、損得勘定が割に合うようにします。私の都合で何かを頼む場合は、相手が思う以上に得になるように準備します。逆に私が何かを頼まれる場合は、著しく相手が損になるようにならないようにします。つまり、いつでもこちらから関係解消できるような状態にします。もう一つあります。何度も繰り返したことでない状況では、自分がどう振る舞うかに関して信頼できる人に相談します。これが大事です。上記の二つのことやれば、そこそこはクリアーできます。

 悪い人ではないので、一緒に仕事は出来ませんが、それだけのことです。

daitouirukadaitouiruka2009/05/17 18:55さっそくに、とてもご丁寧な回答、ありがとうございました。
子どもの理解の状態のことを細かく分析してもきりがなく、様々な理由が重なり、間違っていたり、効率の悪い方法を選んでいたり。
結局は結果が出せるかどうか、ということで判断し、その結果を子どもたちに返し、改善策を考えてもらうということでしょうか。
ありがとうございました。

09/05/15(金)

[]最後のまとめ 10:57 最後のまとめ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最後のまとめ - 西川純のメモ 最後のまとめ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は基本的には、最後のまとめは不必要だと思います。しかし、本日、なるほど、と思えるまとめを見ました。

 地元の学校で『学び合い』2年目の先生の算数の授業を見ました。実に落ち着いていて、いいです。最後に、何人かの子どもを当てて発表させているので、どうかしらん、と思ってみていました。ところが、机間巡視をしながらポイントとなる子どもをどんどん当てていました。私が、いいな~、と思ったのは、その目的がその日の問題を分からせることが主眼ではなく、『学び合い』においてどのような行動をすべきかというクラスづくりが主眼になっている点です。さらに、実に効率が良い。

 普通のクラスで子どもを当て、発表させるとなると、大抵は小さい声で発表するし、それ以前に、なかなか発言しません。結局、教師が発言を促したり、その子の発言を補足・整理しなければなりません。ところが、そのクラスでは、そのようなことはありませんでした。教師が当てた子どもの特質もあったと思いますが、クラス全員が受け入れようという構えが出来ており、それが発表する子どもにも伝わったのだと思います。

 いいな~

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/05/15 11:51ちょうど今算数の授業を見終わったところです。授業中に「この場合まとめはどうしたら一番いいのでしょう?」と授業者に相談されました。(不謹慎と思われる先生もいるかもしれませんが・・・)多様な考えがあるのですが、広がりが見られないと判断したようです。そこで、その先生は、最後に自分の考えを発表させていました。いわば可視化です。そしてそれぞれのよさを子どもに語らせていました。打合せで、「どの考えがいいかは子どもが判断するから。」と言ってあったのでそれはしません。言いっぱなしです。実は、多様に広げたことをいかして次の時間をすすめるからです。
その先生はこういうまとめがあるんだ!と言っていました。が、授業の最後にみんなを集めて発表させることをまとめというのかな?と考えてしまいました。他の友だちのよさを感じること、友だちと学び合うことがどれほどいいことかに気づくための種まきをすることもまとめって感じるんだなぁ・・・とぼ~っと自分の部屋に戻ってきたのです。よく、最後はどうするんですかって聞かれます。しかし、方法ではなく、考え方なんだなぁと思いました。考え方がぶれなければまとめは必要か不要化という議論はいらないな。と思いました。

jun24kawajun24kawa2009/05/15 12:12そうですね。ただし、それに拘る人の心の中にあるものを氷解させるには、不要であることを語る必要があります。

daitouirukadaitouiruka2009/05/17 08:42すみません。もう少し詳しく知りたいので質問させてください。「まとめをしたいから」ではなくて、『学び合い』の「考え方」をさらに深く厚みをもって知りたいからです。「具体」を集めていくことで、「考え方」が分かってくることもあると思いますので。

「ポイントとなる子ども」とは、具体的にどのような子どもだったのでしょう?


「その目的がその日の問題を分からせることが主眼ではなく、『学び合い』においてどのような行動をすべきかというクラスづくりが主眼になっている点」とありますが、今回、具体的にどのような行動だったのでしょうか?そして、その「行動」がみんなに伝わる発表とは、どのような発表だったのでしょうか?


お忙しいところ、すみません。

abematuabematu2009/05/19 05:34ちょっとわからない部分があったので、教えてください。

>その目的がその日の問題を分からせることが主眼ではなく、『学び合い』においてどのような行動をすべきかというクラスづくりが主眼になっている点です。

というところです。
「学び合い」は言わば、この時間に限って言えば「その日の問題を分からせる」ためにやるのですよね。
で、「学び合い」そのものを可視化して「学び合い」のことを子どもたちに発表させたとしたら、「学び合い」そのものを目的化した動きに子どもたちはなりませんか?つまり授業のめあてを達成しようと思って「学び合う」のではなく、先生に認めてもらう、ほめてもらうために「学び合い」を行うようにはならないのでしょうか?

まぁ、これも他コメントにありますように、

>机間巡視をしながらポイントとなる子どもをどんどん当てていました。

という部分の「ポイント」をもう少し具体的に書いてもらうことで理解できるのかもしれませんが。

jun24kawajun24kawa2009/05/19 06:37分かりにくい文章ですみません。
16日に続報を書いたのですが、それでも分からないでしょうか?

abematuabematu2009/05/20 03:47なるほど。
やはりこれも「可視化」の一つなのでしょうね。
「学び合い」をどのようにしていっていいのかという「説教」を目の前の子どもの実例を通して説明したということですね。
了解です。

09/05/14(木)

[]『学び合い』中信ブロック 19:46 『学び合い』中信ブロック - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』中信ブロック - 西川純のメモ 『学び合い』中信ブロック - 西川純のメモ のブックマークコメント

 長野県松本市を中心とした中信ブロックの『学び合い』の会が立ち上がります。詳しくは、以下の通りです。

 日時 5月29日(金) 18:30~20:00

 会場 松本市立鎌田小学校

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kan66/20090514/1242287163

[]また化けた 19:41 また化けた - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - また化けた - 西川純のメモ また化けた - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、地元の中学校(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20090428/1240904796)を久しぶりに参観しました。また、化けました。あはははは

 もうしばらくしたら、初期段階から充実段階に移行し始めると思います。

[]スカイプサポート 19:41 スカイプサポート - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - スカイプサポート - 西川純のメモ スカイプサポート - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は全国の方をサポートしています。その多くはメールですが、スカイプもしています。面談すれば、メールよりも効率が良いです。ご希望ならば、どうぞ。ただし、スカイプの設定は、お近くのコンピュータの強い人に相談して下さい。なお、コンピュータのメモリー増設が足りないと、フリーズしますのでご注意下さい。

 本日も、沖縄の学校と交信しました。

[]祈る 06:37 祈る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 祈る - 西川純のメモ 祈る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は「家族仲良く、健康で」以外の祈りの言葉はしないようにしています。それ以外は、神様のお手を煩わすことなく、自らが最善を尽くすべきだと感じています。しかし、保護者の方のブログの最近の一連の記事を読むと嬉しくもあり、かつ、切なくもあります。そのなかの記事(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/mana-mama5/20090513)にあった「0.00000000・・・・1%に神様がささやいてできるかもしれないので、.000000000・・・・1%を応援します(笑顔)」には、「ウッ」となってしまいます。思わず祈りたくなりますが、ぐっと我慢しました。この子たちを、何年も待たせてはいけない、と思いました。祈る以外に私でも出来ることがあります。

[]埼玉の会 05:59 埼玉の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 埼玉の会 - 西川純のメモ 埼玉の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 6月7日の神奈川の会の前日に埼玉の会があります。連続して関東で開催されますが、色合いがだいぶ違います。神奈川の会の方は、どちらかといえば「入門」という色合い強く出しており、私の講演も三崎先生、水落先生も、それを意識された講演をされると思います。もちろん、既に『学び合い』を実践されている方にも意味ある話をするつもりです。フリートークでのやりとりを聞けば、「あ~、そうなんだよな。あの当たりが、気になっていたんだよな」と懐かしく思い出されると思います。

 一方、埼玉の会は、「『学び合い』が成立するとどんなことが起こるか」というあたりが聞けます。私や三崎先生の紹介は省略するとして、その他の実践発表の方を簡単に紹介します。

 杵淵さんは、上越教育大学大学院に埼玉県から派遣され、私の研究室に所属された方です。大学院では『学び合い』の自己評価を研究されました。私の講演の中で、「小学生に指導要領の原文を与え、授業をさせる」と紹介しますが、その方です。『学び合い』は優れていますが、完全ではありません。その山と谷を両方とも経験された方です。

 青木さんは、日本で初めて学校として『学び合い』を取り組んだ群馬県のY小学校で中心的に活躍された方です。当然、ご自身はもちろんのこと学校の中では色々なドラマがあったと思います。フリートークでそのあたりを聞けると思います。今、新しい学校で実践を深めています。私は、青木先生のクラスの保護者の方と話すのが大好きです。

 齊藤さんは、中学生です。学習者で『学び合い』グループのブログを書いていただいている方です。しっかしりた文章を書いているので、どんな中学生だと想像していたら、直にあったら、とても可愛い(いや失礼、あははは)中学生でビックリしました。でも、あの頃の中学生はズンズン成長しますので、どれだけ変わったか楽しみにしています。おそらく、『学び合い』の会以外では、教育の研究会に参加するのは教師ぐらいだと思います。それが参加するだけではなく、中学生が教師と並んで発表するというのは『学び合い』なればこそです。

 遠方から参加される方も多いと思います。一回の旅費で、2回おいしい。是非、両方とも参加いただければと思います。

6/6(土)12:40受付~16:45終了

       (懇親会17:00~19:00)

 会場 早稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンター

 参加費 2,000円

 主なプログラム

 ・西川 純先生(上越教育大学)の講演(60分)質疑(15分)

 ・『学び合い』実践報告(4名・20分ずつ)

   杵淵 眞 先生(埼玉・小学校)

   青木幹昌 先生(群馬・小学校)

   齊藤隼人 さん(群馬・中学生)

   三崎 隆 先生(信州大学)

 ・おまかせフリータイム(報告者への質問、参加者同士の情報交換・近況報告・歓談、各自休憩など。)

 ・終了後 懇親会(3,500円)

  http://www2.ocn.ne.jp/~kamisato/saitamanokai.htm

 お申込み先・・・gtinoue@peach.ocn.ne.jp

1お名前 2所属 3懇親会参加の有無をお知らせください。

gtinouegtinoue2009/05/14 12:41西川先生、宣伝ありがとうございます。
事務局長の井上です。
どなたもお気軽にご参加くださーい。

jun24kawajun24kawa2009/05/14 19:49目指せ、4桁。

kan66kan662009/05/15 14:14長野県中信ブロックの会のkan66です。
西川先生、宣伝ありがとうございます。
いよいよスタートです。近隣の方はお気軽にお越し下さい!
お待ちしております!

09/05/13(水)

[]「学び合い』入門セミナーin 横浜 06:36 「学び合い』入門セミナーin 横浜 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「学び合い』入門セミナーin 横浜 - 西川純のメモ 「学び合い』入門セミナーin 横浜 - 西川純のメモ のブックマークコメント

申しこみはこちら ↓↓↓

manabiai.yokohama@gmail.com

1.名前

2.所属

3.連絡先メールアドレスまたは電話番号

4.懇親会参加の有無

をお知らせください!!

6月7日(日)12:30 受付 13:00 開会~17:20 閉会 

神奈川近代文学館ホール(港の見える丘公園)

    http://www.kanabun.or.jp/0g20.html

参加費 2500円 (学生1500円)

プログラム

学び合い』とは?     西川先生・上越教育大学(50分)

学び合い』出前授業    三崎先生・信州大学  (60分)

学び合い』安全な入門講座 水落先生・上越教育大学(50分)

学び合い』実践紹介(10分×2人)

フリートーク  全体20分、分かれて20分を目安に

終了後 懇親会(参加費4000円)があります。

janglejapjanglejap2009/05/13 06:52jun14kawa先生、ありがとうございます!
大勢の方のご参加をお待ちしています!!

jun24kawajun24kawa2009/05/13 10:49期待しています!

ghjalghjal2009/05/14 00:36横浜/神奈川初!楽しみです。力強い講演が神奈川を揺さぶり、変える。そう、変えていきたいです。

jun24kawajun24kawa2009/05/14 06:39みなさんならば、数年で流れを変えることが出来ます!
期待しています。

09/05/12(火)

[]幸せ 23:06 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は多くの教師(また、これから教師になろうとする学生さん)に『学び合い』における本当の教師の幸せを教えてあげたいと願っています。『学び合い』では、教師は関わるのではなく、一歩引きます。でも、それによって多くを得られることを教えたい。

 本日、ある同志から以下のメールをいただきました。

『ただいま家庭訪問中です。

長い教員生活ですが、家庭訪問で初めて「やきもち」をやかれる経験をしました。

 ある家庭の保護者(お母さん)に「学級懇談会の話を聞いて、先生にやきもちをやいてしまいました。先生に、うちの息子をとられるような気がして・・・。帰りの車の中で、息子に、『おまえはお母さんの子だよ』と言ってしまいました。」と言われたのです。

「・・・?」の私に、お母さんは、続けました。

「先生の話を聞いていると、先生がクラスの子どもたちのことを大好きなのが伝わってきて、うちの子のことも褒めてもらい、とっても嬉しかったのです。よく先生が見ていてくれるのがわかってとても安心しました。でも、かわいい息子のことを学校にいる間、とられてしまうような気がして仕方がないのです。やっぱりやきもちをやいちゃうんです。」

 そんな話を聞いて、びっくりして大笑いしながらも、私も嬉しくて思わずウルウル。ハンカチの登場となってしまいました。

 私は、『学び合い』で、とてもよく友達と学び合っている子ども達のことを学級懇談会で話しました。色々な子ども達の色々な場面を、時間が許す限り、話しました。もちろん、『学び合い』でなければ、見取ることができない姿です。そうすることが、一番『学び合い』を理解してもらえるのかと感じたからです。

 おかげで、どの家庭に行っても、「次の授業参観が楽しみです」と言ってもらえます。私も「もっともっと進化させておきます」と返事を繰り返す毎日です。』

 私の返信は、いつも通り、日本を変えよう!という宿題です。あはははは

mitaka2mitaka22009/05/13 06:07今、地震があったことを知りました。
皆様、おかわりありませんか?

jun24kawajun24kawa2009/05/13 06:32はい、大丈夫です。ご心配おかけします。
震度4ぐらいですので、ちょいと強い地震だな・・程度です。

09/05/11(月)

[]軍団 22:31 軍団 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 軍団 - 西川純のメモ 軍団 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は私、久保田、水落の3研究室の合同新入生歓迎コンパでした。我々はかなり以前から軍団と評されていました。それが一層パワーアップです。異質であり、でも、協働できるとき、最も凄いことが出来ます。

09/05/10(日)

[]気が利く 19:12 気が利く - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 気が利く - 西川純のメモ 気が利く - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、上越の高田は28度の夏日でした。母の日のプレゼントとして息子が選んだのは、缶ビールでした。カーネーションより気が利いていると思いました。

[]臨界量 06:19 臨界量 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 臨界量 - 西川純のメモ 臨界量 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の会の懇親会の度に連鎖反応と臨界量ということが頭に上ります。どこまでさかのぼればいいのか分かりませんので、とりあえず平成20年2月23日から話を始めましょう。その日、高崎で『学び合い』の会が開かれました。その会に宮城の同志が3人参加して、懇親会にも参加しました。そこで、宮城の会をやろうということになりました。平成20年11月29日に宮城の会が開かれました。その会に、11月8日の大阪の会に参加され『学び合い』に出会われた東京の同志が再度参加されました。懇親会で、「東京の会を開いて良いですか?」と私に聞いたので、私は大笑いしながら、そんなの誰の了解も必要なく、勝手に開けばいいと言いました。その話から、平成21年の3月28日に東京の会が開かれました。その会に神奈川の人たちが集まりました。そこで急遽、6月7日に神奈川の会が開かれることになり、9月5日に第二回の東京の会が開かれることになりました。以上の会には、全国から百人規模の参加者が集いました

 非常に反応率の高い同志が、どんどんと核分裂を起こし、それによって次の核反応を起こしています。それが現在の『学び合い』の急激な広がりの原動力なっています。あともう少しで臨界量に達するように感じます。つまり、ある反応が次の1つ反応を引き起こすという連鎖ではなく、ある反応が次の複数の反応を引き起こすのです。例えば、今年の東京の会では、神奈川の会の発足と第二回の東京の会が年度中に開催が決まった様にです。そうなったら一気に臨界状態に持って行けます。どんどん近づいているように思います。

 全国各地の同志が、『学び合い』ならではの試みを行っています。例えば、今回の長野の会では、一つの中学校がバスを仕立てて『学び合い』の会の会場に移動し、そこで、実際の授業を公開する。そして、授業後に、参観者からの質問を子ども達が応える。こんなこと『学び合い』だからこそ出来ることです。そして、『学び合い』の会には、どんどんと保護者や一般人が参加します。これも『学び合い』だからこそ起こることです。全ての人が繋がって共同体になるということの真の姿が実現できます。それによって、参加者の反応率を高め、臨界状態に近づけます。

 全国の同志に何度も書きます。皆さんの教え子を今年は守ることが出来ます。しかし、来年はどうでしょうか?再来年はどうでしょうか?中学校や高校に進学した後はどうでしょうか?社会に出てからはどうでしょうか?今のままでは守りきれません。そして、何よりも家庭人として健全に、かつ、誇りを持って教師人生を全うするためには、今のままでは不十分です。また、我が子、我が孫を『学び合い』の中で守りたいと思いませんか?私は我が事として願います。今の教え子、未来の教え子、そして、何よりも自分と家族のために、何が出来るか考えましょう!

iku-nakaiku-naka2009/05/10 10:32昨日のお話、以前にもまして納得しました。
将来においても安心して暮らせる集団を育てるため、時々凹むこともありますが、今後も『学び合い』に精進したいと思います。今後ともよろしくお願いします(深々と礼)。

jun24kawajun24kawa2009/05/10 10:37深く、深く、期待!

sumimonsumimon2009/05/11 00:36土曜日はありがとうございました。
一緒に行ったOくんは頭の中が「???」だらけのようです。連れて行った甲斐があったというものです。再び会えるように誘っていきますので、そのときはナデナデしてあげてください。

jun24kawajun24kawa2009/05/11 06:41土曜もなでなでしてあげましたよ。あはははは

09/05/09(土)

[]長野の会 21:38 長野の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野の会 - 西川純のメモ 長野の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 長野の会から戻ってきました。あ~・・面白かった。

 長野の会の目玉は、生坂中学校の子ども達が会場に来て、『学び合い』のライブを見せてくれることです。授業は素晴らしいものでした。でも、その後も良かった。

授業者とクラス代表が授業のことを発表しました。そして、子ども達と授業者に対して、質疑応答、そしてフリートークです。参観者がどんどんと子ども達や授業者に質問し、それに応えるのです。いや~、先生はもちろんですが、子ども達の力の凄さは良かった!子ども達が自分の学びをあのレベルで語れる、それを目の当たりに出来たのです。中学校1年生、2年生、3年生を見比べると、『学び合い』を経験すると、どのように子どもが成長するかが分かります。おそらく、あらゆる意味で目から鱗だと思います。

午後は私が暑く、暑苦しく語りました。その後、スミモンさん、小松さん、イクナカさんの実践報告です。実にコンパクトにまとまって説得力があった。お三人ともプレゼン能力がさらに向上しています。そしてフリートークです。

懇親会では、いつも通りの人間関係の化学反応が起こりました。いや~、『学び合い』の会の懇親会では、常に何かが起こる!

最後に、会を運営した三崎研究室のゼミの力の凄さには脱帽です。詳細は、色々な人のブログに載ると思います。先ずは、第1報告です。

[]カクレンボウ成功記念日 21:44 カクレンボウ成功記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - カクレンボウ成功記念日 - 西川純のメモ カクレンボウ成功記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 長野の会の懇親会が終わり、直ちに帰宅です。順調に帰れたので、夕食に間に合いました。そして、息子と風呂に入り、添い寝です。毎日、息子はカクレンボウをします。3つの布団が並んでいる部屋の中で息子が隠れ、家内がそれを見つけます。家内が「もおいいかい~?」と聞きます。息子が隠れ終わると、私が「もおいいよ~」と応えます。そして、家内が寝室に入って息子を捜すのです。

 布団が三つある部屋ですので、直ぐに家内は見つけます。ところが、本日は、わざと家内の布団をふくらまし、私の布団に息子は隠れました。家内はふくらんだ布団に息子がいると思い探しました。そこにいないのでビックリです。ということで、初めて息子のカクレンボウ成功でした。息子は大喜びでした。

o4dao4da2009/05/09 23:16あの雰囲気を味わえたことをうれしく思います。まさに文字だけでなく、対話することでどんどん学び深めることができました。

jun24kawajun24kawa2009/05/09 23:18期待しているよ!

ghjalghjal2009/05/09 23:28人間化学反応が起こりました。それも生坂中のみんなと、3人のプレゼン、そして西川先生、三崎ゼミのみなさんが起爆剤です。横浜に戻り、今日一日の成果をかみしめています。参加してよかった。8月21日。横浜・神奈川と中信のコラボ企画がトントントンと進みました。それまでに、横浜・神奈川の足場を固めます。ほんとうにありがとうございました。

kan66kan662009/05/10 00:33会が始まる前の先生とのお話で新任校で自分がすべきことがしっかりと見えてきました。一歩一歩自分の足場を広げていきたいと思います。
先生のご講演からもたくさんの勇気と元気をいただきました。
ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/05/10 05:42ghjalさんへ
連鎖反応という言葉が頭を占めます。一気に臨界状態に進みましょう!
kan66さんへ
あなたなら、周りの人を巻き込めます。そういう「徳」があるかたです。しかし、あなたの課題を「学校」と捉えると、いつか壁が出来ます。むしろ、市、県レベルの志を持つと、かえって問題を解決できます。つまり、「その子」に拘ると「その子」が解決せず、みんなと考えると解決するのと同じ理屈です。期待しています。

camel921camel9212009/05/10 19:19昨日は、ご講演いただきありがとうございました。感想から、「初めて授業を見て、わからないことが沢山あったけれど、午後の講演と実践報告を聞く中で、『なるほど』と思うことが沢山あり、ヒントをもらってかえれます」という内容を書かれた方がいらっしゃいました。今回のセミナーは、実践→講演といった大きな流れを中学校の全面協力のもと実現したサプライズ企画であり、今後再現は難しいですが、良いセミナーになって嬉しく思います。ありがとうございました。個人的には講演を最初聞けなくて残念でした。今日撮影したものを見させていただきました。

jun24kawajun24kawa2009/05/10 21:46昨日はご苦労様でした。
素晴らしい会でした。
感謝です。

09/05/07(木)

[]語りながら気付く 22:10 語りながら気付く - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 語りながら気付く - 西川純のメモ 語りながら気付く - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は本年度二人目の洗脳旅行者を受け入れました。東京の某小学校の校長先生です。ジーパンと革ジャンでハーレーダビットソンにのって東京から来られたとのこと、脱帽です。

 良い悪巧みをいっぱいしました。あはははは

 その先生も授業に参加いただきました。今日のお題は、環境教育に関する研究です。そこで、自分の本に書いたことを授業で語りながら、自分で納得しました。

 ロジャーズの普及理論によれば、ものが広がる際の行動に関して、「革新者」、「初期採用者」、「前期多数採用者」、「後期多数採用者」、「遅滞者」がいるとされています。それによれば、革新者は2~3%、初期採用者は10%強といわれ、多数採用者は70%弱、遅延者は15%だとされています。さて、革新者とそれ以外の人との違いは、革新者は公共性の高い情報、例えば記事や論文によって行動を定めます。ところが、それ以外の人は、周りの人がやっているか否かによって行動します。

 私たちの環境教育の研究によれば、環境教育の知識は「すべきだ」ということには影響を与えます。しかし、行動するという段階に進むには周りの人の行動が決定します。

 結局、私の語りや本は革新者には影響を与えますが、その方以外には影響を与えないのではないか、と再確認しました。 

tatsutatsu2009/05/08 00:16本日はとても面白い講義をどうもありがとうございました。
「行動を決めるのは周囲の人物の影響が大きい」との内容でしたが、日本人は特にその傾向が強いのではないかなと思いました。
所属欲求が強い日本人だからこそ、その傾向であり、諸外国ではどう作用するのかなと些細な疑問を抱きました。
お忙しい中だとは思いますが、先生のご意見をいただきたいです。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/05/08 00:38僕の現時点の課題は、いかに周りに広げる力のある「初期採用者」と「前期多数採用者」と繋がるかです。彼らと繋がり、彼らが自ら考え動けるような環境を整備することが課題だなぁ…と感じています。

jun24kawajun24kawa2009/05/08 06:40tatsuさんへ
おそらく協働の方法はその国の文化によって変わる可能性はあります。しかし、協働するというのはホモサピエンスの一貫した戦略だと思います。
違いはありますが、それに着目するのではなく、その上の次元で物事を見る必要があると思います。
osugi-symphonicityさんへ
その当たり「も」の才能は「天才的」にあると思います。期待しています。

tontan2tontan22009/05/08 15:28学校という現場だと、「キャズム」を感じます。アーリーアダプターの先生方には比較的に簡単に伝わります。新しい方法を常に求めているからです。しかし、アーリー・マジョリティの先生方は、本当によいかどうか見極めるのに時間をかけます。それは年単位です。校長などが一気に広げない限り、キャズムで火が消えていくことになりかねません。うちの学校でさえ、アーリーマジョリティーに時間をかけいるが故に、下手するとつぶれかねません。そのギャップをどのように乗り越えるか、「学び合い」が真に広がるかどうかこれからの2~3年が勝負になると考えています。

jun24kawajun24kawa2009/05/08 16:21私自身はキャズム理論よりも普及理論の方がしっくりします。というのは理論自体がシンプルだからです。
生物の特性は本来連続的なものであり、ギャップがあることはまずありません。アーリアダプターの中にも、アーリーマジョリティの特性があり。アーリーマジョリティーの特性がある。だから、キャズムは無いと思います。
が、小集団の中では、統計的なユラギが大きな影響を与えることがあります。tontan2さんの悩みを解決するのは、ネットワークを大きくするしかありませんね。
私も2、3年に注目しています。

tontan2tontan22009/05/08 19:4616%の壁をどのように乗り越えるか……。
うちの学校ではアーリーアダプターとなる先生がいい感じで多くの先生方に広げてくれています。それにともなって興味・関心の目を向けてくれる方も多くなってきています。その先の戦略を今、練っていますが、難しいですね~。ごり押しにならないように頑張ってみます。

jun24kawajun24kawa2009/05/08 23:03大丈夫ですよ!
ちょいと長い視点で見ればばっちしです。

09/05/06(水)

[]5月6日 19:01 5月6日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 5月6日 - 西川純のメモ 5月6日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2000年の本日の4時半に息子が生まれました。私がコンピュータに向かっている間、私の肩に乗って「トーテンポール」だと言って遊んでいます。仕事は滞りますが、父の醍醐味だと思います。

 生まれてくれた息子と、激痛の中で生んでくれた家内に感謝です。

ながたくながたく2009/05/06 21:32おめでとう!
と伝えてください。
同じ5月生まれ仲間として、うれしいです。

koushinsenjinkoushinsenjin2009/05/06 21:45おめでとうございます♪
ますますお幸せに!

jun24kawajun24kawa2009/05/06 22:00お二人とも、ありがとうございます。
普通の幸せが第一ですね。

ybhdv7ybhdv72009/05/07 21:49おめでとうございます!!
家族を第一に考え、教育活動をする方はとっても素敵だと思います。

jun24kawajun24kawa2009/05/07 21:55ありがとう!
家庭って、いいよ~
早く、夫、お父さん、そしてオジサンになりなさい!

09/05/05(火)

[]長野の会 18:43 長野の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野の会 - 西川純のメモ 長野の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 長野市の善光寺では7年に一度のご開帳があり、前立本尊をお参りできます。極楽往生間違い無しのお戒壇めぐりで極楽の錠前をさわればバッチしです。その善光寺から歩いて直ぐの信州大学教育学部で今月の9日に第4回『学び合い』を共に学び合う長野セミナー(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/)があります。

 目玉は『学び合い』のライブです。学校で『学び合い』を取り組んでいる中学校の生徒が、バスに乗って土曜日の信州大学に移動します。そこで、『学び合い』のライブをします。中学校の『学び合い』のライブ希望者は必見です。私も新ネタで講演します。1ヶ月半ぶりですのでドキドキです。夏休み明けの最初の授業のドキドキと同じです。ウブな私を見に来ませんか?あはははは

 当日は、『学び合い』ビギナーの私のゼミの新入ゼミ生(学部・大学院)と一緒に参加します。彼らにとっては「『学び合い』=私」という図式だと思います。『学び合い』の会に参加すれば、その広がりを実感してくれると思います。つまり、「キャラの濃い大学教師が暑苦しく語るだけではなく、極めて常識的な全国の先生方が実践している」ということが分かります。ある新ゼミ生が「面白い人に出会えるならば懇親会に出席しますが、そうでないならばお先に帰ります」と言ったので、大笑いしました。絶対に出会えるよ、と太鼓判を押しました。

 ゼミ生は、まだ、冗談と本気が分からないビギナーですので、海千山千のOBと同じノリだとビックリします。優しく、誘って下さいね。

追伸 無料のメールマガジン(http://www.mag2.com/m/0000270912.html)に登録していただければ、全国の催し物が定期的に知らせてくれます。私の場合は、今月中旬には沖縄で講演があります。来月には、埼玉と神奈川と新潟市で講演があります。

[]5月5日 18:43 5月5日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 5月5日 - 西川純のメモ 5月5日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 一般的には5月5日は「こどもの日」です。しかし、我が家では「息子の誕生日のイブ」です。おやつには柏餅を食べました。これから、息子と菖蒲湯に入ります。そして、息子が希望したのでカニを食べようと思います。外からは焼き肉のニオイがします。そっちの方が良かったなと思いつつも、息子の希望ですのでしょうがありません。風呂から上がったら、前夜祭を祝います。

bunbun-hbunbun-h2009/05/05 19:36「極楽往生間違い無しのお戒壇めぐりで極楽の錠前をさわればバッチしです」を私はご縁にて三度めぐり合わせていただきました。
四度目もぜひとは思うのですが我が家からはあまりに遠すぎます。
だからせめて宣伝のお手伝いを・・・
「このご縁を逃したら、一生後悔しますよ!」

kitami104kitami1042009/05/05 21:42横浜からです。信州大学行くことにしました。『学び合い』入門セミナーin横浜のPRもどこかでさせていただけたらうれしいです。懇親会にもしっかり出て、最終で帰ってこようと思っています。
うちの2番目の娘も今日が誕生日イブです。

jun24kawajun24kawa2009/05/05 22:20bunbun-hさんへ
よろしくお願いします。
kitami104さんへ
おいでませ、長野へ
どうぞ、宣伝して下さい。

09/05/04(月)

[]春の便り 22:11 春の便り - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 春の便り - 西川純のメモ 春の便り - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ツツジの花が咲く頃、それがワラビの時期です。本日は家族でワラビ採りをしました。一足遅れましたが、家族3人で食べるには十分すぎるほどの成果がありました。

09/05/03(日)

[]誠意 22:31 誠意 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誠意 - 西川純のメモ 誠意 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は仕事が早いです。例えば、出版社からの原稿依頼が来たらその日の内に原稿を送ります。年間のシリーズものも、大抵は1週間で原稿を送ります。理由は忙しいからです。

 私が学内外からの仕事の依頼は、全てメールソフトに一覧表になっています。私への依頼の仕事は大抵はメールできますので、それが解決するまでは、それが前面に見える状態にしています。メールで来ない依頼は、私が私宛のメールを送ることにしています。だから、私が解決すべき仕事は忘れないようにしています。毎日毎日、日本全国からの質問や依頼に応えているのですから、目前の仕事を速やかにこなさないならば、仕事の山に押しつぶされます。だから、来た仕事は直ぐに処理します。私が人様から依頼を受けて1週間以内に仕事をこなさない場合は、私のみならず他の人との調整が必要な場合です。つまり、私自身は速やかに処理しているのですが、そのことに関係する人が速やかに処理をしない場合です。

 世の中に「忙しい」と言う理由を私に発せられる人がどれほどいるのか、と不遜に思います。私より忙しい人はもちろんいます。でも、そのような方は、私と同じように、目の前の仕事をテキパキとこなしている人ばかりです。

 私のメールに気付いていなかったという理由を挙げる人がいます。しかし、不思議とその人の依頼に対する私のレスには速やかに対応します。不思議だな~。そんなに使わないメールだったら、何故、メールで私に連絡しようとするのでしょうか?その人が私を必要とするときは、頻繁に連絡をするのですが・・・

 結局、その人は私をその程度にしか評価していないと言うことです。まあ、私がその程度の評価しかされていないことはしょうがありません。万人に敬意を受けるべきだと思うほど傲慢ではありませんから。それに怒ってその人の繋がりを切るほど大人げないことはありません。この十年でそのようなことをしたのは一人だけです(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20040118/1172875972)。誠意のない方は、その程度の扱いの中でつきあえば良いだけのことです。

 どの方も同じですが、大人社会でのおつきあいは、取引銀行と中小企業のつきあいのようなものです。大もうけさせたから、今までの損失はチャラになるほど甘くはありません。マイナスにならないつきあいを長期間続けることだけが信頼を得る方法です。結局、大人としての誠意が勝負です。

 最後に、「西川先生の仕事の速さは特別なんですよ」と言われます。違います。私は「私がその人に対して思うようなこと」を思われることが凄く恐ろしいだけのことです。

追伸 この手のメモを書くと、「私ではないでしょうか?」とうメールが来ます。ご安心下さい。そういう方は上記と関係ありません。私の場合は、1ヶ月ぐらいレスが無くても、「事情があるだろうな」とか「この仕事は時間がかかるな」とか好意的に解釈するようにしています。それに、その人の置かれている状況と、私のメール内容との評価は私でも出来ますから。

 このメモの対象となる方は、このメモを見ていないと思います。もし見ている方だったら、とても「私ではないでしょうか?」というメールは送れないはずです。すべきことは「私ではないでしょうか?」というメールを送ることではなく、何をすべきか分かっているはずですので。

追伸2 ということで、私への依頼が1週間以上レスがない場合は、メールが届いていないということです。ご遠慮なさらず、確認のメールを送って下さい。「私がその人に対して思うようなこと」を思われることが凄く恐ろしいですから。

[]志 19:58 志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 志 - 西川純のメモ 志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は人を志で評価します。

 昨日は家族旅行に出かけました。その途中に立ち寄ったところで、サービスで絵馬をもらいました。私は迷わず「家族仲良く、健康で」を書きました。息子は何を書くのか覗きました。

 息子は迷わず「世かい平わ」と書きました。夫婦で驚きました。次に「家ぞくらんまん」と書きました。「円満」を「爛漫」と書くのはご愛敬ですが、それ以上に「世界平和」を書いたこと、尊敬します。

[]研究会 16:31 研究会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究会 - 西川純のメモ 研究会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 O4daさんのご指摘で気づきました。

 日付は5月18日(月)です。あわてて、再度、ご案内します。

 長野県南部の松川中学校で『学び合い』授業研究会があります。お誘いします。

12:35~13:20 受付

13:30~14:20 『学び合い』公開授業(理科、数学、社会)

14:30~16:55

1 オープンセレモニー(学校長挨拶,三崎先生ご紹介等)

2 本校の『学び合い』研究の良さと今後について     研究主任 桐生 徹 教諭

3 三崎先生のご講演(出前模擬授業を含む)

  ① 『学び合い』授業前の語りについて

  ② 『学び合い』出前模擬授業(45分間)

    教科名:道徳

    教師役:三崎先生,生徒役:本校職員(参観者のみなさまの飛び入り参加大歓迎)

  ③ 『学び合い』の有効性について

4 フリートーク

  ・公開授業の授業者,三崎先生や三崎研のゼミ生,研究主任等と,直に『学び合い』のこと,本日の授業のこと,松川中の研究のこと等について語り合いましょう

5 クローズセレモニー

参加の申し込み

Fax,℡で参加申し込みを行ってください。                 Fax:0265(36)4729,℡:0265(36)2073   担当:桐生 徹

bunbun-hbunbun-h2009/05/03 20:51家族旅行、うらやましいですね。
私達もよくしました。
そして今やわが子たちも高校生。
もう数年前から親子そろっての旅行はありません。
でもこれはこれでまた良いものですけど・・・
日々是好日ですね。

jun24kawajun24kawa2009/05/03 21:49そうですね
今という時間を大事にしたいと思います。

09/05/01(金)

[]続報の続報 14:37 続報の続報 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 続報の続報 - 西川純のメモ 続報の続報 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、新ゼミ生が、「西川先生の授業は面白いが、多くの人が『学び合い』は難しいと思っている」と言われました。さもありなんと思います。そこで、「じゃ2週間ぐらいでどこまで出来るか見に行く?」と言いました。その場で相手学校に電話をして、即、OKです。イベントではない、毎日普通にやっている『学び合い』だからこそ出来ることです。昨日からいらっしゃっている洗脳希望者と学部生と急遽行くことになりました。

 早速見ました。また、一段と進化しています。もう、私のサポートはいらないでしょう。あとは勝手に、ご自身の『学び合い』を創りあげることになるでしょう。

 私がそのゼミ生に言ったことは「君が『学び合い』を出来ない理由はあると思う?君に出来ないような、『学び合い』を出来るための特殊な技能があった?」とニヤニヤと問いかけました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20090428/1240904796

追伸 きっと新ゼミ生は本日のことを周りにしゃべるでしょうね。でもね、結局、信じたくない人は信じないものです。「その学校の特殊事例」とか「その先生は特別なの」等の理屈をつけて一般性を否定するでしょうね。でも、信じたい人もいることは確かです。

MugenMugen2009/05/03 00:2010月に教育実習をさせていただくことが決定しました。3週間という短い期間ですが、こうして取り組まれている方の話を伺うと、色々と短期間でもできると感じます。

環境次第ではありますが、実習だからこそ『学び合い』を実践できればなと思います。

jun24kawajun24kawa2009/05/03 22:46無理せずにね。