西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/04/22(水)

[]研修会 22:35 研修会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 研修会 - 西川純のメモ 研修会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 地元の学校の最初の研修会に参加しました。学校として、算数を主軸にした『学び合い』を行い、異学年学習を学校の研究テーマとしている学校です。本年度、校長先生が代わり、新しい先生方も赴任されました。その先生方への『学び合い』の顔見せの意味もあります。

 もう足かけ3カ年度かよっている学校ですので、勝手知ったる学校です。先生方と馬鹿話をしながら気分良く参加できます。新しい先生方にとって、『学び合い』、それも異学年の『学び合い』は面食らうものだと思います。しかし、校長先生を始め赴任された先生方が子ども達の良さを見取り、好意的に受け取っていただきました。私から見ても、子どもも教師も安心して観られる『学び合い』です。

 今年度のテーマは学力向上です。それまでは人間関係育成に重点が置かれていましたが、人間関係育成には学力向上は不可欠であることを理解されるようになり今年度のテーマ設定です。私はとりあえずはクラス全員が80点以上から取り組むことを提案しました。しかし、先ほど素晴らしい『学び合い』を実践された先生方も「また、西川先生は脳天気なことを言っている」というようなニヤニヤ顔です。まあしょうがありません。そう思うのは当然です。

 でも、私が最初に『学び合い』の手ほどきをその学校にした際には、その先生方は私の語る言葉に半信半疑でした。でも、その先生方が『学び合い』を安定して実践されています。その後、『学び合い』が腑に落ちらた後に、異学年の『学び合い』を提案しました。でも、単学年の『学び合い』を信じられるようになっても、異学年の『学び合い』を提案したときは「また、西川先生は脳天気なことを言っている」というようなニヤニヤ顔をされたのを覚えています。でも、何度も提案して、そして昨年度の後半にトライされました。『学び合い』はやれば分かります。直ぐに異学年の『学び合い』によって、人間の化学反応が起こっていることを理解していただけました。

 つまり、ニヤニヤ顔は3回目です。今回も、私の言っていることが本当であることを、子どもの姿を通して理解していただき、もっと凄い学校になって欲しいと願っております。

 それにしても、とっても嬉しかった。