西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/04/13(月)

[]似非 09:24 似非 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 似非 - 西川純のメモ 似非 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「新しいものをそのまま受け入れず、取捨選択し、良いところを吸収し自らを高める」というのは一般には正しいことのように思えます。しかし、『学び合い』の場合は似非になる可能性が高い。理由は、『学び合い』を考え方として理解せず、テクニックとして捉えているからです。その結果としてつまみ食いをするためです。

 たいていの人が、例えば「私語・たち歩きはOK」とか、「教師は殆どしゃべらないとか」、「良いところを積極的に全員に語る」とかのテクニックレベルを取捨選択して使います。でも、それは『学び合い』の本体ではなく、テクニックで、枝葉末節なんです。例えばです、中世のキリスト教が近代科学の自分たちに都合の良い部分を取捨選択して使い、「神の御技」を「科学的?」に証明するようなものです。そんなことで証明されることは神様だってお望みではないと思います。科学の本体は、「事実に基づき出来るだけシンプルな論理で世の中を記述し、予測する成長する知恵」だと思います。ところが、中世の科学的神学は事実全体に基づいていないし、論理がシンプルではありません。そして、証明したいものが最初にあって、論理が後付です。実験の理論負荷性からいって論理が後付であるのはナチュラルなのですが、それが露骨すぎます。それでは科学じゃない。

 『学び合い』の本体は学校観と子ども観です。

 学校観とは「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」であるという考え方です。

 子ども観とは「子どもたちは有能である」という考え方です。

 おそらく、多くの人には、毒にも薬にもならない建前論だと思うでしょう。そして、「当たり前だよ」と言って、反対する人はいないでしょう。だから、それを見逃して、テクニックが本体のように思ってしまいます。まあしょうがありません。今までの教育では、毒にも薬にもならない建前論ばかりで、使えるとしたらテクニックばかりですから。そして、テクニックの集積が考え方だと誤解してしまうのもしょうがありません。でも、上記のふたつはものすごく強力なんです。そして、多くの人は、それを受け入れることが出来ません(今のところは)。

 例えば「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」に「多様な人」と書いています。我々の「多様」とは文字通り全員なんです、みんななんです。「LDの子」、「自閉症の子」、「外国人で日本語を全く話せない子」、「アスペルガーで常に周りの子どもと喧嘩をする子」、「家庭の事情で1週間以上風呂に入れない子」、「肢体不自由の子」・・・・全てです。大抵の先生は「クラス仲良く」と看板を掲げても、「あの子はしょうがない・・」と無意識に特定の子を除外した「クラス仲良く」を考えます。そして、あえて「そりゃみんなではないでしょ」と言われれば、「空を飛べ」と同じぐらい無理難題と思っていると思います。

 例えば、「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」には「おりあいをつけて」と書かれています。しかし、多くの人は「仲良く」のような表現を使います。でも、全ての人と仲良くなれるはずありません。でも、「仲良く」を求めれば、評価が甘くなります。つまり、本当に仲良くなくても、しょうがないと諦めます。それでは駄目です。全ての人と仲良くなれるわけではありませんが、折り合いをつけることは出来るはずです。だって、自らの職場を考えて下さい。腹の中では嫌いと思う人がいたとしても、その人と折り合いをつけて仕事をすることは可能ですよね。出来ると思うから、我々は全員に折り合いを求め、それが成り立たないことを絶対に認めません。

 例えば、「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」と書いています。ところが、多くの先生は国語を学ぶこと、理科を学ぶことが学校の目的だと思っています。それ故、そのためには「おりあいをつけて」解決しなくて良い場合、つまり、教師の話を黙って聞いてノートに写す時間があって良いと思います。でも、我々の場合は、学校の校庭に入ってから、学校の校庭を出るまでの時間、1分1秒の例外もなく、「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」だと考えています。

 このように書くと、『学び合い』の学校観はかなりラディカルであることがおわかりだと思います。子ども観だって同じです。子どもは有能だといった舌の根が乾かぬうちに「小学校低学年は指導が大事だ」、「英語科は外国語なのだから・・・」、「中学校は受験があるから・・・」・・・・とありとあらゆる理由を挙げます。結局、心の中で子どもは愚かで無能であると思いこんでいるのです。

 『学び合い』を本当に実践するには、「私語・たち歩きはOK」とか、「教師は殆どしゃべらないとか」、「良いところを積極的に全員に語る」はどうでもいいんです。まあ、それはやった方がいいと思いますが、それは考え方の帰結でやるのです。本当は、上記の学校観、子ども観を本気で信じられるか、否かなのです。

 ネットサーフィンをすると、幸いなことに『学び合い』に関する認知度は高まっていることを感じます。しかし、考え方ではなくテクニックのレベルだな~と感じる方もいます。まあ、今までと同じように、良いところを取捨選択して吸収すればいいと思っている善意の先生方がいます。まあ、しょうがありません。その先生方の中に、『学び合い』の考え方の原初の考えがあれば、とりあえずは成功します。その中で気づいて欲しいと思います。『学び合い』はテクニックではなく、考え方であることを。その考え方を、丸呑みするしかないのです。

kurochan2008kurochan20082009/04/13 18:46はなっこりーです。市民活動センター登録申請がかなり難航しておりましたが、本日の先生の「『学び合い』の本体は・・・」を使わせていただき、やっと受け付けてもらえることになりました。これから審査になるようです。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/04/13 19:47凄いスピードで進んでいますね。
パワーを感じます。

ghjalghjal2009/04/13 21:42横浜からです。
先日子供たちに告白しました。ごめん、先生今まで見放していた子がいた。あの子はできなくてしょうがない。今から思うとそうはっきり考えていたわけではないんだけれども、きっと心の奥で自然にそう思っていた。本当に申し訳なく思う。でも、今は違うよ。みんなもそんなクラスつくらない?
横浜で『学び合い』を広げようと思っている。テクニックじゃない。考え方なんだ。と口を酸っぱくして言い続けている。考え方さえ変えれば明日からできるんだけれども、実は考え方を変えるのが一番ハードルが高いんだ。と言い続けている。

jun24kawajun24kawa2009/04/13 21:50もう、一番大変なところは乗り越えましたよ。
大丈夫。
子どもが教えてくれますよ。

ghjalghjal2009/04/13 22:14本当に子供から教わっています。いやあ、すごいな。子供たちは。ありがとう。という気持ちでいっぱいです。

tontan2tontan22009/04/13 22:16全くその通りだと思います。
でも、「経験を重ねた教師」の概念を破るのは容易ではありません(最近は破ろうなんて思っていないのですが)それに、自分は子どもを「学び合わせている(15分も!)」と思っているから余計、たちが悪いんです。あはは。分かる人を増やすことが先決なのは分かってるんですけどね。

jun24kawajun24kawa2009/04/13 22:49ghjalさんへ
楽しんで下さい。教師の醍醐味です。
tontan2さんへ
読んで笑いました。しばらくすると、うなります。
大変ですが、やりましょうね。

daitouirukadaitouiruka2009/04/14 06:05口では「みんな」と言いつつ、心のどこかで、「あの子の場合は…」と言い訳を作ろうとする自分と、今戦っています。

jun24kawajun24kawa2009/04/14 06:45私だって、いまでも戦っています。
私の場合は対教師が主ですが・・
拘らず、でも、切らず。
もうちょっと長期的スパンで見るしかないですね。
それに自分一人で背負うと辛いですが、みんなといっしょにやりゃいいんですから。

cakecake2009/04/14 20:00『学び合い』に出会って一年ちょっと。やっと「考え方」なんだと脳みそで理解できるようになりました。
でも、学校観、子ども観はずうっともち続けていました。運がいいことに今まで出会った先輩方に後ろ姿で教えてもらっていたんだと思います。そして、以外とそういう考え方の教師は多いんじゃないかと思うのです。ただ、それを認識していないだけで。だからこそ、ぴたっとくるように何かできたらいいなあと思ってます。がんばろっと!

jun24kawajun24kawa2009/04/14 22:09口伝は強力です。広げて下さいね。

o4dao4da2011/01/02 16:03子供でなく、子供「たち」と記している部分に学校間が含まれている感じがしましたがいかがですか?

jun24kawajun24kawa2011/01/02 17:51はい、昔から子どもとは子どもたちの意味で使っていましたが、分かりやすくするために明示するようにしています。