西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/04/09(木)

[]『学び合い』の会に向けて 06:43 『学び合い』の会に向けて - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』の会に向けて - 西川純のメモ 『学び合い』の会に向けて - 西川純のメモ のブックマークコメント

 軍隊において兵卒と、それを指揮する下士官・将校の人数比率は戦時においては10対1ぐらいだといわれます。当然ですね。ところが日本の自衛隊は非常に面白い比率をしています。それは1対2.4なんです。つまり、下士官・将校の方が人数が多いのです。これは、兵卒は直ぐに養成できるのですが、下士官・将校は養成には時間がかかるからです。だから、いったんことが起これば、現在の250倍の巨大軍隊が出来るのです。

 以上と比すのははばかられますが、『学び合い』の会を開くとき、参加者を増やす以上に主催者を増やすことに意を尽くして下さい。むしろ、そちらの方が大事だとも言えます。というのは、主催者となってくれる同志なれば、『学び合い』の会という場のみならず、周りの人に伝えます。

 もう一つ大事なことがあります。子どもの『学び合い』と同じで、気のあった好きなもの同士で集団を作り続けているとき、それは集団が腐っていると言うことです。常に異質な人を取り込み、流動化することが大事です。発表や受付に保護者や地域の人、いや子ども達がいても良いはずです。いや、そうすべきです。

 本日、ある同志からメールを頂きました。会社に勤める同志です。その同志の会社に面接に来た学生が、面白い記事があると同志に紹介したのが、「広告」という雑誌に載った『学び合い』の記事だったんです。我々が思う以上に、潜在的な主催者予備軍は多いと思います。主催者スタッフが広がらないとしたら、それは候補者がいないのではなく、好きなもの同士でやっているのではないか?と考えて下さい。

 互いに知らない同志同士が知り合い、顔を合わせ、語り合い、協働の何かを生み出す機会。それが『学び合い』の会ではないでしょうか?その意味で、ネットで主催者が広がった東京の会、そして現在進んでいる神奈川の会は、新たな可能性を教えてくれます。

 我々は次のステップに進まなければなりません。

追伸 主催者10人、参加者100人より、主催者30人、参加者20人の方が意味あると思います。ま、主催者が30人もいれば、おのずと参加者は増えますが。

なるほどなるほど2009/04/10 01:27横浜の北見です。
なるほど、自衛隊の例は面白いですね。
全く同じように思っていました。
僕らがネットデイを始めたとき、業者なら2〜3人で2日もあればやってしまう
校内LAN整備を「みんなで一緒に学校をつくりましょう」と呼びかけ
生徒・保護者・地域・先生など300人ものイベントにしてしまいました。
そして、それぞれが自分の得意なこと、好きなことを生かして
貢献し合いましょうと呼びかけ、主体的な参加をお願いしました。
そのおかげで、「娘の学校」と言う言い方は「うちの学校」になり、
ネットワークやパソコン不調な時は、出勤前に学校によって直してくれる
お父さんまでいて、本当にうれしい関係ができました。
学び合いも一緒ですね。
今日、新年度初めての授業で「学び合い』スタートしました。
まだ部分的な導入ですが、生徒の反応に『学び合い』のすごさの片鱗を感じ
ました。明日がまた楽しみ〜!

jun24kawajun24kawa2009/04/10 06:56北見さんの得意な方面を生かして下さい。
でも、「うちの学校」というのはとても良いですね。
いただき、です。

ghjal三長ジーンghjal三長ジーン2009/04/11 10:09横浜の三長です。あっ、そうか。『学び合い』が始まって、痛切に子供たちから学ぶことは、このことです。子供たちはきちんと学び合っているのに、自分は大人はどうだろう・・・?好きな者同士ではない、ネットワークを神奈川で広げましょう!。共に頑張ろう!トシさん。

jun24kawajun24kawa2009/04/11 13:47凄いペースで動いていますね。
期待しています。