西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/04/05(日)

[]人が悪いな~ 16:18 人が悪いな~ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人が悪いな~ - 西川純のメモ 人が悪いな~ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 多様な人と折り合いをつけて自らの課題を解決する能力が現代人の最大の能力です。ただし、人の本性はサル(現世のサルとは別ですよ。生物学的に厳密に言えば。)です。従って、本来はサルのように小さい集団で生きるのが楽で幸せです。私はその傾向が強いので高校まで友達が出来なかった。今でも、かなり無理をして社会生活をしています。この年になれば、それなりに生きていけますが、たまに社会的に生きることが非常に負担になることがあります。

 最近、ある方からメールが来ました。しばらくはなしたことがないので、春期休業中であることから、機会があったら遊びに来たら、と誘いました。そこからです。

 その人は休日を指定してきました。私が休日をいかに大事にしているかを知っている人だったら考えられない要望です。学生さんではありませんが、何も言わずにOKを出しました。当日です。指定の時間に1時間15分間遅れてきました。非常に恐縮していました。でも、事故等の特殊な事情がないのに30分以上も遅れるということは、時間を「絶対に守ろう」という気持ちはないことは確かです。絶対に守ろうと思えば、予約の1時間ぐらいには到着するような動きをするはずですから。私の場合、遠方の場合は前泊するぐらいのことはしています。ところが恐縮していたのは15分程度で、それ以降はふんぞり返っていました。そして、ビデオを見せながら説明しようとしたら、「シッ」と私の発言を制止されました。ビデオでの声を聞きたかったのでしょう。でも、社会人になってから誰かに「シッ」と言われて発言を制止されたことはありません。「話を聞きましょう」と普通に言えばいいのに、と思いました。その後、その人のペースで会話がすすみました。私なりに説明したのですが、「論点がすり替えられている」とか「ごまかされている」と言われ続けます。正直、1年に数回ぐらいの純粋な怒りがわきます。しかし、「悪気はないんだ。悪気はないんだ。彼は彼なりに真剣に聞こうとしているんだ」と言い聞かせました。でも、話す気力はなくなりました。そこで、「それでは、私は言うのは止めて、あなたの聞きたいことにフォーカスを絞って応えましょ」と言いました。そうすると、「コミュニケーションのルール違反だ。」と私を責めます。そこで、「私は誠意を持って説明しているのにたいして、論点をすり替えれている、とか、ごまかされていると言われるならば、私は説明できません」と言いました。それ以降は、大人と大人との会話になりましたが、それまでの1時間は私が被告で検察官に尋問されているような立場です。つまり、家内や息子の「え~、大学に行くの・・」という声を背にして大学に来てから、遅刻の1時間15分+尋問された1時間+15分(家と大学の移動時間)は全く不毛でした。

 ふと、人の悪いことを思いつきました。まあ、上記のようなことがなければ決してやらないようなことです。私は人と『学び合い』に関して話せば、私のどの本は読んで、どの本は読んでいないか(買っていないかではありません)が分かります。だって、自分の本なんですから。そして、本ブログを定期的に読んでいる人か、また、同志各位のブログをどの範囲で読んでいるかが分かります。だって、自分のブログは自分は書いていますし、私は少なくとも現状では同志のブログを読んでいます。

 ということで、その人は最近の本は読んでおらず、本ブログやHPさらに同志のブログは読んでいないと判断しました。(ブログやHPを読んでいる人だったら、私に休日に面談を申し込まないと思います。申し込む際は「ご家族にご迷惑をおかけしますが・・・」という言葉があると思いますので。あはははは)上記が誰を指しているかは、ご当人しか分かりません。本ブログを読めばなんらかのアクションをするはずです。ということで、本メモをアップする次第です。かなり人の悪いテストですが、上記のような社会人として万死に値する行為をして、それをちゃんと謝らないのにも関わらず、その人が求めるならばサポートをし続ける気持ちを持っていることで許されると思います。

 ま、リアクションがないということは、私に対しての思いは口先だけということが分かります。ま、「先生、人が悪すぎます」というメールが来れば、私の見たて違いなのですから、失礼はおあいこです。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/04/05 14:37昨日、4年間常勤講師をして今年採用試験に合格した友人と話をしてきました。彼は人柄もよく、学級崩壊しかけていたクラスを立て直すほどの能力もある人ですが、やはり4年間の講師としての身分は大変だったみたいです。また、試験を受けないといけないという問題に加えて、住民税や交通費に関することなどの問題もあるようです。そして何より問題だと感じたのが、常勤/非常勤の方々のネットワークです。学校によって違いあるでしょうが、孤立感があるそうです。一人ひとりの先生方がベストを尽くせる環境を整備するのが制度の本来の目的だと思うんですが。。考えることはいっぱいです。

jun24kawajun24kawa2009/04/05 15:24マスコミで取り上げれば、動きそうだとも思います。

enablerenabler2009/04/05 18:48> そんな能力があると判断している常勤的非常勤講師の人が
> 常勤になれずに何年も過ごしているということです。

全く同意見です。
最近このことが気になっていて、西川さんが書いておられるのをみてすっきりしました。
教育委員会、文科省が見過ごしていること自体おかしいと思います。何年も。

実は私の姪も10年ほどそんな身分でした。一昨年やっと正式採用されましたが。

jun24kawajun24kawa2009/04/05 19:3810年は酷すぎますね。家庭科が特にですが、実技教科の場合は制度的にそうなっているようです。酷すぎますね。

abematuabematu2009/04/06 04:07わたしの文章に触発されたとのこと。
恐縮です。
テクニックに走りすぎますと、何か大切な人間の本質を見落としてしまうような感じがします。
具体的なお話、ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/04/06 07:29今日のメモの面白かったですよ。
また、アップします。