西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/04/05(日)

[]派遣労働者 11:13 派遣労働者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 派遣労働者 - 西川純のメモ 派遣労働者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 世の中は「派遣労働者」の問題がクローズアップされています。企業側の利便から生まれた派遣労働者ですが、そこには多くの問題があるようですね。でも、教育の世界にもへ県労働者みたいな制度があります。それは常勤的非常勤講師という訳の分からない制度です。ビックリするのは非常勤講師に担任をさせ、学年主任をさせています。私が腰をのかすほど驚いたのは、ある学校では非常勤講師が教務主任を務めています。

 私は常勤的非常勤講師の方が担任や教務主任を務める能力が無いと思っているのではありません。事実、学校が判断し、ちゃんとつとめを果たしていることからも、その能力があると思います。私が怒りを覚えるのは、そんな能力があると判断している常勤的非常勤講師の人が常勤になれずに何年も過ごしているということです。そんなに常勤的非常勤講師で勤めさせているならば、常勤として採用させろ、ということです。

 例えば、5年以上、常勤的非常勤を勤めて校長の推薦がある場合は、基本的採用すべきです。また、1年以上、担任として常勤的非常勤を勤めて校長の推薦がある場合は、1次試験は免除にすべきです。だって、1次試験を科さねばならない人に、担任を任せるなんて不合理ですから。でも、おそらく県教育委員会はなかなか動かないでしょう。派遣が重宝している企業と同じです。ですので、保護者が声を上げてもらえないでしょうか?つまり、「1次試験を来年受けなければならない先生に、私たちの子どもの担任を任せないで下さい!」と。現状で、常勤的非常勤の力無しでは学校は成り立ちません。そして、1次試験を来年受けなければならない先生に担任を任せるのは不合理です。となると、重い腰を上げなければならないと思います。

 一時的には財政的負担が生じます。でも、現場の年齢バランスをとるには、上記にした方が長期的には良い結果を生み出すと思います。ただし、当然、常勤的非常勤に対する推薦を行う場合は、客観的で妥当な評価をすべきです。ただし、それが中学校レベルの教科の問題を解けるか解けないか、また、コメニウスやヘルバルトを知っているか、教師人生の殆どで無関係な法の条文を知っているかではないはずです。私としては、客観的な学力テストの上昇、保健室への不定愁訴率などの客観的データ、及び保護者からの評価が良いと思っています。校長という一人の人間が評価する場合、統計的な大数の法則から外れて、当たり外れがあるので、それだけというのはマズイと思います。

 けっこう、あたっていると思うのですが・・

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/04/05 14:37昨日、4年間常勤講師をして今年採用試験に合格した友人と話をしてきました。彼は人柄もよく、学級崩壊しかけていたクラスを立て直すほどの能力もある人ですが、やはり4年間の講師としての身分は大変だったみたいです。また、試験を受けないといけないという問題に加えて、住民税や交通費に関することなどの問題もあるようです。そして何より問題だと感じたのが、常勤/非常勤の方々のネットワークです。学校によって違いあるでしょうが、孤立感があるそうです。一人ひとりの先生方がベストを尽くせる環境を整備するのが制度の本来の目的だと思うんですが。。考えることはいっぱいです。

jun24kawajun24kawa2009/04/05 15:24マスコミで取り上げれば、動きそうだとも思います。

enablerenabler2009/04/05 18:48> そんな能力があると判断している常勤的非常勤講師の人が
> 常勤になれずに何年も過ごしているということです。

全く同意見です。
最近このことが気になっていて、西川さんが書いておられるのをみてすっきりしました。
教育委員会、文科省が見過ごしていること自体おかしいと思います。何年も。

実は私の姪も10年ほどそんな身分でした。一昨年やっと正式採用されましたが。

jun24kawajun24kawa2009/04/05 19:3810年は酷すぎますね。家庭科が特にですが、実技教科の場合は制度的にそうなっているようです。酷すぎますね。

abematuabematu2009/04/06 04:07わたしの文章に触発されたとのこと。
恐縮です。
テクニックに走りすぎますと、何か大切な人間の本質を見落としてしまうような感じがします。
具体的なお話、ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/04/06 07:29今日のメモの面白かったですよ。
また、アップします。