西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/02/22(日)

[]流派 18:55 流派 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 流派 - 西川純のメモ 流派 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 Mさんのブログを拝見したら、

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/20090222/1235253357

 がありました。そりゃ、そうだ、と思います。私はありとあらゆる質問を受けますが、何の迷いもなく返答します。その人が、うちのゼミ生にも同じ質問をします。すると、あたかも打ち合わせたように同じ返答をします。それをひどく驚かれる方もいます。でも、当たり前です。だって、私に「1+1」はいくらですか?と質問し、ゼミ生に「1+1」はいくらですか?と聞いて、両方とも迷い無く2と答えたようなものです。足し算が分かっていれば、ありとあらゆる計算問題の答えは同じです。●●流足し算なんて無いですから。私やゼミ生、そして、Mさんの受ける質問・相談は大抵はそのレベルですから。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20071207/1196984537

追伸 『学び合い』には違いはありませんが、人としての違いはあります。MさんはS大学の学部長、学長になる器だと思いますが、ボスのT先生と同じ香りがします。私はそうではありません。徳の違いです。ある時、私が「長」になりそうになったとき、私は会議で「私がなったら、対外的な会議でもじゃんじゃんと自分の意見を言うよ、そうなったら困るでしょ」と言いました。長にならずにすみました。あはははは

tontan2tontan22009/02/22 19:38>一度、教師が先読みし始めたら、元の木阿弥です。
その通りだと思います。ブログには勘違いされないように「方法」書いておりませんが、教師が介入し、矛盾しないで尚かつ、「学び合い」を円滑に行える方法を考えています。
 
ただ、子どもは「優しい」ので、「教師が求める得点」の為、逆に追いつめられている子どもも出ていることが心配されます。最終的な決断は、教師だと考えています。
>出来る、出来ないではなく、全員が達成すべきシンプルな課題を与え
 
出来る、出来ないのではない、シンプルな課題とは何か? ここで多くの先生が悩むことにはなりませんでしょうか?

jun24kawajun24kawa2009/02/22 21:59あははは
きつい言い方かも知れませんが、
「悩んで下さい」です。
悩むに足る、悩みです。
我々でサポートしましょう。
そして、我々も悩みましょう。

tontan2tontan22009/02/23 10:08全くその通りだと思います。
テストが「目標」にならないことを願いします。
そして、「学び合い」が何を目指すべきなのか
もっと考えていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2009/02/23 10:47このあたりは、口伝、直伝が必要な部分だと思います。一緒にやりましょう。

tontan2tontan22009/02/23 10:58ありがとうございます。
その辺も含めて、学校公開を考えたいと思います。

OB1989OB19892009/02/23 15:20大変光栄です。私はN先生と同じであることを誇りに思っています。

MizuochiMizuochi2009/02/23 23:08懐かしいメールです。ありがとうございます。
ただ・・・どちらかというと私は「地上の星」になりたいかな。。。^^