西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/02/18(水)

[]光栄 21:55 光栄 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 光栄 - 西川純のメモ 光栄 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は常にゼミ生に「もっと」を求めます。だから、その「もっと」を超えることはかなり困難です。しかし、多くのゼミ生は最終的には私の予想を超える成果を出します。しかし、それは早くともゼミに所属してから半年以上かかります。ところが、なんと、ゼミに所属して(正確にはまだ所属していませんが)2週間で、私を超える行動をしました。これは、私の22年間の大学教師人生で初めてです。なぜ予想を超える行動をしたかを聞きました。それは、頑張ってくれた子どもに対する誠意です。それを聞いたとたんに、ウルウルしました。そのような彼女たちに、指導教員として選ばれたことを光栄に思います。

[]再開 17:35 再開 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 再開 - 西川純のメモ 再開 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の動画配信の「学びの殿堂」と、『学び合い』の道徳(完全版)の配信を再開しました。ご迷惑おかけしました。ただし、巨大なファイルなので、ダウンロードに時間がかかりますのでご注意ください。

[]別府、そしてその先 17:35 別府、そしてその先 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 別府、そしてその先 - 西川純のメモ 別府、そしてその先 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 F県のムネさんより、この前の別府南小学校の3枚組のDVDが届きました。ありがとう!心豊かになりました。

 日本中の99.9999・・・%の学校研究会は、教師「だけ」が発表し、圧倒的大多数の教師は拝聴しているだけです。そして、「子どもの主体性」とか「子どもの共同性」を銘打っています。たちの悪いジョークですよね。でも、別府では授業において「主体性」とか「共同性」とは何かを示しています。

 別府南では、子どもが自らの学びを語る機会を与えられました。より多くの参観者が自らの疑問を語る機会を与えられました。おそらく新鮮だったと思います。でも、あれは序の口です。別府南の先生方は、子どもが語ることの可能性と意味を知ったはずです。そして、その先もリアルにイメージできたはずです。学校研究会が『学び合い』の場になることを理解したはずです。

 子どもがモルモットやロボットではなく、学びの主体者となれる学校研究会の姿はどのようなものでしょう。保護者がお茶くみ係や、お手伝いさんではなく、共同体の一員となる学校研究会の姿はどのようなものになるのでしょう。楽しみです。

 それは本当は当たり前のことです。そして、『学び合い』では凄く簡単に実現できます。それを参観した教師は、それによって、操り人形の主体性・共同性との違いを知らされます。

追伸 学校研究のテーマが「隷属性」や「教師との共同性」ならば、今の学校研究の姿でも矛盾は無いですね。あはははは

isinomakiisinomaki2009/02/18 20:56『学び合い』に出会い,今までの「当たり前」ががらがらと崩れ,本当の『当たり前』が芽吹く?そんなふしぎな,というか,何でそんな当たり前のこと今まで気が付かなかったのかな…と思うようなことに出会いっ放しです。職員室での雑談や,時には職員会議での意図的な放談で,少しずつ,リークしていきます。今のうちは「何を冗談を…」でしょうけどね。

jun24kawajun24kawa2009/02/18 21:44ふふふ、期待していますよ。