西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/02/06(金)

[]同志 23:07 同志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 同志 - 西川純のメモ 同志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は朝一番に佐賀の小学校に移動し、授業を観ました。レベルの高い『学び合い』です。その後の協議会でも、『学び合い』を学校の柱とする方向性が見えています。昨日、今日で、2校の小学校、2校の中学校を観ました。そして、それ以外の学校レベルの同志がいることが分かりました。そして、その学校の同志以外にも、初対面の同志の方々にいっぱい会いました。本当に、層の厚さにビックリします。

 直ちに飛行機で移動し、高知に着きました。そこで、多数の同志に合いました。ビックリです。そして、同志にいつも通り、志の高さの意味と、なすべきことを語り合いました。高知も変わります。

[]対話 23:07 対話 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 対話 - 西川純のメモ 対話 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現在の手引き書の前は、仰々しく奥義書というものがありました。その最初には、何故、『学び合い』のノウハウを長い間書かなかった理由を書きました。理由は誤解が起こるからです。『学び合い』は考え方です。しかし、それを伝えることは困難です。具体的な方法を書けば、ノウハウ的に理解される。私は『学び合い』を誤解されることが怖かった。だから、長い間、ノウハウを書きませんでした。しかし、ある時から、誤解を生じることを理解した上で、ノウハウを書きました。それは、デメリットとメリットを比較したとき、メリットが大きいと判断しました。そして、手引き書の最初に考え方を書きました。そして、方法は方法に過ぎないことを何度も、何度も書きました。でも、誤解が生じることは予想していました。誤解する人が悪いのではありません。しょうがないのです。

 私はゼミ生に研究には3つのことが必要だと言います。一つは、資料を読むこと。二つは自分で考えること。三つは、人と語り合うこと。この三つのうちの一つでも欠ければ良い研究は出来ないと言います。

 この4日間だけでも、膨大な人から質問を受けました。それは課題の設定だけでも膨大です。そして、一人の人の質問だって、バリエーションは膨大です。一つのことを納得してもらうだけでも、複数のエピソードを交えた説明をしなければならないのです。さて、これを手引き書に書くとなるとどうなるでしょうか?気が遠くなるほどの量になります。現在だって百七十ページを超えます。その2倍でも足りないでしょう。そして、それだけの量の書いたとして、それを読んでくれる人がどれだけいるでしょう。本日も、手引き書の短縮版だけしか読んでいませんという方に合いました。でも、その方は問題なく実践しているんです。

 結局、本質的な解決には対話が必要なのです。その人の悩みの背景を聞き出し、その人の理解を深める説明を手探りで語ります。私は人からの質問に誠意を持って回答します。時間の関係で返答が短い場合もたまにはありますが、相手からの質問に返信しなかったことも、私から打ち切ったことも、一度たりともありません。聞かれたことに関して、誠意を持って回答しています。たとえ時間を費やしたアドバイスメールに返信がないという失礼な経験を山ほどしてもです。でも、それでも限界があります。

 結局、自分の頭で考えるしかありません。例えば、「課題設定はどうしたらいいのでしょうか?」という質問への本当の答えは、「分かりません。私はその場にいるわけではありませんから。『学び合い』の考え方で、自分の頭で考えて下さい。」というのが正しいです。私が出来るのは、その手がかりを与え、考え続ける手助けをするだけです。でも、そうであっても、私は質問には応えますし、文章を書きます。なぜなら、質問する方は同志であり、その同志が変わることによって救われる子どもが数万いると考えているからです。

 『学び合い』の考えは正しくとも、方法は影です。私の語る方法は方便に過ぎません。だって、例を挙げずに考え方だけを言えば、禅問答になってしまします。方法には一つの答えなどはありません。みんなとの対話の中で、その場の最適解を探りましょう。少なくとも、私はつきあいますよ。

[]アドバイス 07:44 アドバイス - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アドバイス - 西川純のメモ アドバイス - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日のKyoさんの質問に応えます。まず、昨日のメモのコメントを読んで下さいね。

 もし、自分のクラス(私だったら西川研究室)の子どもから同じようなことを聞かれたら以下のように言うでしょうね。

 「あはははは、そんなこと私が分かるわけないよ。あなたがどのようにしたらいいか、それをわかるのはあなただけだよ。自分の頭で考えなさい。」

 と、一度は突き放すでしょうね。でも、それでは可愛そうです。第一、問題を個の問題としてとらえるのではなく、集団の問題としてとらえるのが我々の作法です。子どもは集団となったとき有能となります。

 そこで、自分のクラスの子どもを集めて、そのような悩みを受けたことを語ります。そして、それは一人の問題ではなく、みんなの問題であることを語るでしょう。そして、以下のように語るでしょう。(つまり、今、このようにしているようにです)

 「これは真面目に考えてくれるみんなの悩みだと思います。だから、みんなに語ります。みんなのためという高い志で物事を考えられるようになると、そのみんなの力を得ることが出来ます。たから得です。でも、その「得」を感じられないと歪みが生まれます。滅私奉公、自分はどうでも良いからみんなのため、というふうに考えて続けられるのは、せいぜい1ヶ月半程度です。それ以上になると馬鹿馬鹿しくなります。イライラすれば人に当たります。そんなのは自分にとってもみんなにとっても良いことじゃない。アドバイスです。

 人にはいろいろなレベルの望みがあります。個人的な望み、家族の望み、比較的狭い隣人の望み、自分の属している学校の望み、県・国・世界レベルの望み、などがあります。それらをばらばらに考えるとロスが多い。それらを関連づけるようにするといいんです。それが折り合いです。それが大人として生きるためには大事です。自分や家族のレベルの望みと、高度の望みが矛盾しそうになれば、それを関連づけ、加減して下さい。

 もう一つあります。それは、みんな、です。高度な望みを達成するためには、みんなでやるしかありません。決して自分一人で解決できるわけはない。みんなでやれば良いんです。私はみんなに期待しています。」

 と語るでしょうね。子どもに対してのアドバイスも、大人に対してのアドバイスも同じです。あはははは

追伸 まあ、西川研究室の場合だと、「わたしゃ○○を達成せよとは言いましたが、あなたが達成せよとは言ってはいませんよ」と嫌みったらしく、ニヤニヤ語るでしょうね。あはははは

[]教祖様 07:44 教祖様 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教祖様 - 西川純のメモ 教祖様 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日の飲み会で、ある方と話したとき「教育に教祖様はいらない」ということで意気投合しました。

 教祖様が生まれるのは、関係する人が自分の頭で考えることを放棄するためです。あらゆることには、その背景となる考えがあります。例えば、私は「クラス全員のテストの点数、80点以上」という課題を例として挙げます。しかし、何度も書いているように課題は何でも良いんです。極論すれば「鼻くそをうまくほじれるようになる」でも良いんです。ただし、前提として、子どもたちにその課題の意味が理解できる(これは鼻くそ課題はクリアーできます)、そして、子どもや関係者(例えば保護者)に納得させることが出来る(こりゃ、鼻くそ課題ではかなり難しい)の二つが大事です。この考えが理解できていれば、「クラス全員のテストの点数、80点以上」をその場の状況に応じて変更できるんです。ただ、多くの人にわかりやすく、納得させやすい事例として「クラス全員のテストの点数、80点以上」を上げているに過ぎません。言うまでもなく、業者テストなんて鼻くそのほじりかたと同様に、その子の人生を決定するものではありません。

 教祖様が生まれる原因は、教祖様の言動に原因があります。

 例えば、1+1は2であるという数の体系を構築することは蓋然性が高く、汎用性も高いものです。だから、それは「そうだ!」と断言しても問題は少ないと思います。しかし、2桁の足し算の筆算で、どのようにやるかは多様です。それをたった一つの方法として強いるのは問題です。さらに、それに反抗することを許さなくなったら、教祖様です。まあ、健全な立場の対立は望ましいものです。しかし、対立する人の意見を封殺したり、組織から排斥したりしようとしたら、教祖様と言うよりファッショですね。まあ、『学び合い』に関しては、それが不可能になっています。だって、だれもネットで発言することは封殺できません。それに排斥しようにも、固定的な組織が全然無いんですから。あはははは

 まあ、教祖様になる人も悪い人ではないんです。詐欺師はいざ知らず、人は人の腹を見通しますので、悪い人は教祖様にはなりにくいはずです。ただ、どんな人も年をとります。年をとると、忠告できる人が、死んでいなくなるという大きな問題が生じます。年をとり、自分の言っていることを、何も考えずに従う人を取り込み、それ以外を排斥し始めたら衰退があります。科学という宗教の良いところは、それが相対的に少ないという点です(まあ、学派という教祖様はありますが)。そいうふうにならないためには、愛嬌が大事です。愛嬌がある人は、若い人からも、「優しく」注意されますから。

 ちなみに私は教祖様にはなりたくありません。だって、大抵の教祖様は迫害され、最後には刑死した人もいます。わたしゃ嫌だ。

 人は関係の生物です。学校だって、若手・中堅・ベテランがいます。若手は走り回り、中堅は頭を使い、ベテランはほほえみます。それが美しい職員室の関係です。それぞれのいずれになるかは絶対的な年齢や能力で決まるのではなく、相対的な関係の中で決まります。例えば、40代以上の先生ばかりの学校では、三十九才の先生は若手で、運動会では走り回らなければなりません。残念ながら、私は若手・中堅を兼ねるような位置にいます。そして、年間、2ヶ月ぐらいは講演のために家を空けなければなりません。そして、講演のために過激な発言をしなければならず、そして、その時、私をにらみつける人の視線に耐えねばなりません。私としては、教祖様にはなりたくないが、優秀な若手・ベテランにあふれる学校のベテランの立場になりたいと思います。つまり、物理的に汗をかくような仕事を殆ど何もしなくても物事が進みます。それでいて、ニコニコしているだけで、いい人に思われます。憧れます。あははははは

追伸 まあ、私が手をかざした壺や水晶玉が高値で売れて、最後まで警察に捕まらないならば、教祖様も良いですが、あははははは

tontan2tontan22009/02/06 10:51>「学び合い」はテストを目標にすべきではない
 
これを書いたのは、西川先生の意図に反して、多くの実践者がなやんでいることにあります。
最低点80点とれないとうちのクラスは学び合いのどこが悪いんでしょうか?
テストの話をするとだんだんクラスの雰囲気もいやな感じになります。
テストの点数をとるための授業でいいのでしょうか。
 
多くの先生方からこのように相談されるのは「偶然」ではないと思います。「学び合い」はどこを目指すのか、それを多くの実践者は、確かめたいのだと思います。

jun24kawajun24kawa2009/02/06 22:25了解です。
メモにアップします。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2009/02/07 06:58西川先生へ

アドバイスありがとうございました

自分自身の問題に関しては、ご指摘通り、自分で考えて行動をするように致します

私も、頭でっかちな人間なのですが、まずは行動をしてみて、その上で、自らが進むべき道を決めていきたいと思います

また、みんなに関係する事については、良く相談をしながら、物事をすすめていきたいと思います

ありがとうございました

tontan2さんへ

はじめまして

私も子どもたちに100点を強要しすぎたため、大失敗をしてしまいました

詳しくは本日の日記に書きますが、『学び合い』は難しいなと実感しています

お互いに頑張りたいですね

jun24kawajun24kawa2009/02/07 08:02100点は方便に過ぎません。
加減したり、変化させたりして、対応すべきなのです。
その基本は、何のために学校があるか、です。
点数なんてくだらんもんです。
ただ、点数が示す集団の質が意味があります。

tontan2tontan22009/02/07 08:14対話しかないということでしょうか。
ただ、現状のテストが、「記憶」→「再生」であるかぎり
それに価値を見いだすことはできません。
そこに多くの人が縛られないで、子どもの学びを(子どもの力を)
解放してあげられることを切に願っています。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2009/02/07 08:49tontan2さんへ

横から失礼します

確かに、私が担当している算数のテストも、ほとんどは暗記で済む問題ばかりです

(なので集団との関わり合いが苦手な子は、一人で黙々と暗記をしているか、他の子と雑談をしています ← あまりに迷惑な場合は、みんなに「注意しないの?」と大声で語ります)

一時期は、社会に出た時に、本当に子どもたちに役立つ学力をという事で、パズルばかり皆にやらせていた時期もあります

確かにパズルも盛り上がるのですが、同僚の先生や、保護者が一番納得するし、記録に残るのは、業者テストだと思います

また、暗記中心のテストでも、「全員が100点」という高い目標を掲げた場合、そこには、戦略が必要になると思います

ミスをしがちな子をどうフォローするかや、教科書のどこから、テストが出るのだろうかといった事を、子ども同士が予測したりすることです

また、出来ない子を、一生懸命教え続けることで、出来る子は、コミュニケーション能力やプレゼン能力、ディベート力など様々な能力が身につきます

そうして、皆で支え合う事で、「他者に対する思いやり」という私が一番、教えたい事も、自然と子どもたちは、学んでいくのではと思います

教科書1つで、これだけ多くの事を学べるだろうと、最近、ようやく気がつきつつあります

(でも実践するのは、本当に難しいです)

お互いに頑張りたいですね

jun24kawajun24kawa2009/02/07 13:00tontanさんへ
テストに価値を見いだせない人がいて、テストに価値を見いだす人もいます。方法は多様な方が良い。対話を通して、多様な方法を伝えて下さい。期待しています。
kyoさんへ
 色々とトライして下さい。子どもの姿をとおして学べばいいのです。

tontan2tontan22009/02/07 15:06>kyoさんへ
 
テストを目標にしても、よい「学び合い」はできることでしょう。
でも「学び合い」の力があれば全く別の授業ができます。
未来の日本を力だと思います。私はそこを目指したいですね。
>jun24kawaさん
テストが非常に「分かりやすい」のはよく分かってるつもりです。
「学び合い」を始める戦術としては、最適だと私も思います。
だからこど「その次」について、語りが必要なのかと思っています。何にしろ、対話が必要ですね。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2009/02/08 10:25西川先生へ

ありがとうございます

色々試してみて、子どもの反応を見て、駄目なら他の方法を考えます

東京にいらしたとの事ですが、お会いできずに残念です

3月の新潟の会にはお邪魔したいと思っています

先生のマシンガントークは元気が出ますし、各地の同志との再会も楽しみです

tontan2さんへ

おっしゃる通りです

私も未来の日本を創る人材を育てたいと思っています

なので、ついこの間までは、夢を持つ事の大切さや、社会に出た時に大切な力について、子どもたちの前で熱く語りました

でも、最近ようやく気がついたのは、子どもたちにとっては、将来もそうですが、今が一番大事だという事です

(もちろん、私自身にとっても、今を1日1日大切に生きる事が将来につながると思っています)

なので、最近は、たまに将来の事を語りつつも、まずは今出来ることから始めようと語っています

(子どもたちに将来の夢を持てなくさせたのは、私たち大人の責任なので、それは仕方ないと思っています)

テストでも、音楽でも、スポーツでも何でも良いのですが、今、彼らの目の前にある目標に全力で向かわせる事が、彼らが将来自分の夢に向かっていく原動力になると思っています

また、今、私が置かれている状況も関係します

子どもたちの前で

「学力を上げよう!!」と目標にして、反対する親はまずいないと思いますが

それ以外の目標を掲げた場合、

「そんなことより、うちの子には、勉強だけ教えてくれれば良いですから」

と考える保護者も中にはいると思います

なので、私としては、まずは学力やら、体力その他をしっかりと上げ、子どもたちの人間関係も良い方向に向かう様に頑張りたいと思っています

その上で、将来の目標を持つ事の大切さを保護者の皆さんに語れば、きっと、保護者は見方になってくれると思います

まずは、私自身が、指導要領や学校目標で定義されている課題をしっかりとクリアーして、それから、次の目標を考えていきたいと思っています

tontan2さんの宮城での発表は拝見しました

発表の様子を聞いていて、素晴らしいクラスである事が、伝わってきました

ぜひ、更なる目標のクリアを目指して進んで頂けたらと思います

私の方は、まずは管理職なり、保護者が納得する範囲での目標から徐々に、広げていきたいなと考えています

お互いに頑張りたいですね