西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/02/01(日)

[]一つの考え 09:27 一つの考え - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一つの考え - 西川純のメモ 一つの考え - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新任の同志から、「あなたは新任なんだから『学び合い』という一つに染まらずに、色々なものを学びなさい」と言われています、と聞きました。一部は正しく、一部は間違っています。

 もし、『学び合い』を立ち歩き自由で、教師の発言時間が短い学習と方法のレベルで捉えるならば、そりゃ、その一つに染まらずに多様な方法を得た方が良い。しかし、考え方のレベルで捉えるならば、私は一つに染まるべきだ、と思います。『学び合い』の考え方は、学校観と子ども観です。方法は、その考えを真正面に実現しようとした一つの姿にしかすぎません。

 例えば、「子どもは愚かだ」という考えに「も」染まるべきでしょうか?少なくとも、民主国家においては、それは違法だと思います。子どもも一人の人格の人格として認めなければならないと考えるべきです。例えば、市役所の窓口には、「な~んも」できない人が来ます。だからといって、「市民は愚かだ」と窓口の人は思うべきでしょうか?否です!自分と同等と認めて誠実に対応すべきです。ましてや、子どもを子ども達ととらえたとき、「子どもは愚かだ」という考えは、絶対に誤りです。

 次に、学校観です。圧倒的大多数の教育方法には学校観がありません。何故、それを学ぶかを無視し、とにかく、それを学ぶ方法を議論しています。それっておかしい。学校もそうです。国語を学ぶ意義、社会科を学ぶ意義はあっても、それが学校教育にどのように意味があるかが無い。それが端的に表れるのは、国語の先生と、社会科の先生で、教科のこと(つまり生徒指導関係ではなく)でともに話し合えるでしょうか?残念ながら、難しいでしょうね。

 私は最底辺の高校で教師をやっていました。そのような学校では国語の教師、数学の教師、体育の教師、そして理科の教師が授業のことを語り合えます。何故かといえば、その学校の教師は子どものことを考えているからです。でも、その子どものことと教科内容との関連はあまり考えません。つまり、「この学校の生徒には、理科のこの方程式はあまり意味がない」と私は思っていたのです。そして、授業より、授業の中に織り込む教科内容とは別個の説教(例えば、私が高校生だったときの思い出話)に重きを置きました。でも、それっておかしい!学校教育の目的があり、それを実現するために教科の目的があるはずです。しかし、今は、教科の目的(とかってに教師が思いこんでいる)があり、それを実現すると学校の目的が達成されると考えているようです。例えば、「科学的概念の形成」、「深い読み」、「社会認識の形成」を達成すると、何故、人格の形成がなされるのかを、その教科の専門家以外に説明できる教師がどれだけいるでしょうか?私が高校で教えた子ども達に対して、説明できる教師がどれだけいるでしょうか?我々は、それをすべきだと考えています。私は、そういう考えに、全ての教師は染まるべきだと思っています。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2009/02/01 10:35四月に不惑を迎えようとしている初任の同志です!(未だ迷い続ける毎日です!)

昨日のセミナーありがとうございました

乗り過ごして軽井沢まで行ってしまったので、先生の講演に間に合わなかったのが心残りです(涙!!!

学校での苦労話を、面白可笑しく?皆様にはお話しましたが、徐々に良い方向に向かいつつあります

教務主任は、最初は私の授業に反対をしていましたが、最近は、何も言わなくなりました
先日は「きょう先生の言いたい事は、子どもたちに伝わっているよ」と言ってくれたのが本当に嬉しかったです

指導教官の前では、まだ『学び合い』の授業は出来ませんが、一斉授業でも私が言いたい事は、ある程度は伝えられるし、休み時間や掃除の時間でも『学び合い』の指導は可能だと思っています

指導教官自身が、自分の家庭を犠牲にしてまでクラスの子どもたちの為に頑張ってきた先生なので、いずれは『学び合い』の良さに気がついてくれると信じています

私自身は

『学び合い』=『愛』だと思っていますので、『愛』に染まった人生を送りたいと思っています

しかし、一部の方には

『学び合い』=『教師の指導の放棄』

と映るようなので、その場合は、多少の工夫をしないと、『学び合い』の良さは伝えにくいかなと思っています

子どもの幸せを願えない方には、無理かも知れませんが、そうでない方なら、いずれ『学び合い』の良さに気がつくと思います

さて

フリートークについてですが、群馬の会の方からも、意見を伺いましたが、東京の会を「初心者セミナー」とするからには、フリートークは大事な時間だと考えています

ここでも重要なのは

『出来る子』=『学び合いを既に実践されていて、「みんな」の良さを理解している方』
の動きが重要だと思っています

主宰者の側からの押し付けではなく、いかにして『学び合い』の良さを、初心者の方に伝えるか

そして

会場で孤立してさみしい思いをしている子(参加者)を無くするには、どうすれば良いか
大事なのは『出来る子』の力だと思います

群馬の会の懇親会の席上でもお願い申し上げましたが、既に『学び合い』を実践されている、全国の先生方には、ぜひ3月28日(土)に東京にお越し頂いて、『学び合い』の良さを、初心者の方に伝えて頂きたいです

よろしくお願い致します

長文、失礼いたしました

『学び合い』東京の会  きょう

jun24kawajun24kawa2009/02/01 10:51期待していますよ。
答えは、当事者が出せるものだと信じています。

歌2009/02/01 20:24昨日はお世話になりました。
考え方は一つということ納得です。
ただ、授業のやり方は、教師としてたくさん知っておきたいと思うのです。引き出しはたくさんあった方が、子供たちへの声がけや支援をしやすいと思うからです。
しかし自分自身(教師)が子供たちに声をかけた後に、「今、子供たちの邪魔をしたな~」と感じたことがあることも事実です。何だか迷っています。

jun24kawajun24kawa2009/02/01 21:07「「今、子供たちの邪魔をしたな~」と感じたことがあることも事実です。」ということさえ分かれば良いんです。それさえ分かれば、暴走はしません。
あとね、嫌かも知れませんけど、あなたを見ていると、私の若い頃に似ているな~っと思います。あはははは

daitouirukadaitouiruka2009/02/01 23:01ある方から学んだことですが…

どんなに正義と思えることでも、押し付けないほうがよい。
いや、正義と思えることほど、押し付けないほうがよい。
正義がぶつかり合って行き着くところは、知っての通り。
悪いことなら、押し付けにくいし、相手も堂々と異を唱えることができるが、なまじ反論できないくらいに正義と思われることであれば、相手も腑に落ちないままやらなければならなくなったり、やらないことで精神的に追い込んでしまうことになったり…。


課題は同じにしても実現の方法には選択の自由がないと硬直します。
『学び合い』の考え方の基本なのに。
自分たちの教育研究においては、私もそう思えるのに…。

しかし、教室の子ども達に対しては、気がゆるむと、いつの間にか関わり方の押しつけをしてしまっています。
いやな権威者になっているようです。


焦っているのでしょうか?

同じ「男女が関わるようになる」のでも、教師が押しつけてやらせたのと、自分たちでその必要性を感じて自発的にしたのとでは全く違うのに…。

そんなことに、改めて気付かされました。
ありがとうございます。

ながたくながたく2009/02/02 00:44「あなたは新任なんだから『学び合い』という一つに染まらずに、色々なものを学びなさい」

「あなたは新任なんだから『学び合い』という一つに染まらずに、政治をすることを忘れないようにしなさい」

だと思います。
子どもが一生懸命学び、成績もよく、仲がとてもよく、学校が楽しいと「キラキラ」していれば、文句を言われることは少ないですからねえ・・・。

「うまくやれよ。」といわれた思いはあります。
最近少しずつわかってきました・・・。

Y.MochizukiY.Mochizuki2009/02/02 01:00今週、大分にいらっしゃるのですね。
参加はできませんが、いつかお話をお聞きしたいものです。

jun24kawajun24kawa2009/02/02 08:07daitouirukaさんへ
 我々は子どもを有能と考えています。当然、教師も有能と考えています。長期的に見れば、人々の判断は常に正しいと信じています。
ながたくさんへ
 まさに政治をしてください。それは、今後の人生に常に必要になることですから。
Mochizukiさんへ
 きっと、ご縁がありますよ。あははは