西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/01/22(木)

[]実験教 09:36 実験教 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 実験教 - 西川純のメモ 実験教 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が最初に書いた単著は「何故、理科は難しいと言われるのか?」です。しかし、残念ながら今は絶版です。今、何種類かの本の原稿を書きためています。その中に、理科の本を改めて書こうと思っています。その原稿のゲラの一部をブログにアップしようと思います。是非お読みいただき、「ここが分からないぞ~」とか、「そういえば、こんなことがあった」ということを教えてください。よろしくお願いします。さて、最初は「実験教」です。

 理科人は実験が大好きです。それが証拠に、理科の研究授業の9割以上は実験場面を設定します。後ろに居並ぶ先生方を前に、練りに練った導入の話、ひねりにひねった実験を行い、思った通りの子どもの実験結果を、魔法のようにまとめ上げる、というのが理科人のねらいだと思います。そして、そのような実験を行うと、子どもは自然に興味を持ち、分かると考えています。それ故、理科人は実験を多くすべきだと考えています。私は上記を、理科人特有の「実験教」という宗教だと思います。

 さて、理科嫌いの子どもたちは実験をどう思っているでしょうか?例えば、振り子の周期を考えてみましょう。

 振り子の周期は紐の長さには影響されます。紐が長くなれば、ゆっくりとふれ、短くなれば速くふれます。ところが、おもりの重さには影響されません 。従って、おもりが1トンでも100gでも変わりません。しかし、そんなことを信じられない子どもがいるのは当然です。理科人の教師だって、直感的には「え!?・・・」と思うのが当然ではないでしょうか?そこで実験です。方法はおもりの数を1個、2個、3個と増やし、それを10回振らせます。それをストップウオッチで測定させます。そして、その時間が変化しないことを確認するのです。でも、理科嫌いの子どもはどう思うでしょうか?

 子どもの実験ですので誤差は当然です。10回振らせた時間を各班に応えさせれば、19.2秒、19.3秒、19.2秒、19.4秒・・・・となります。教師はそれらを黒板に書いて、「ほーら変わらないでしょ」とまとめます。でも、理科嫌いな子どもは「ほーら変わるでしょ」ではないでしょうか?教師と理科嫌いの子どもの違いは、「振り子の周期は重さによって変わらないはずである」と考えているか、「振り子の周期は重さによって変わるはずだ」と思っているかの違いです。「振り子の周期は重さによって変わらないはずである」と思っている教師は、無意識にその前提に外れるデータは「誤差」と切り捨ててしまいます。しかし、そのようには理科嫌いの子はそうおもいません。従って、そのような子どもにとっては上記の実験は無力なのです。

 誤差が問題となると、理科人は誤差がないようにするにはどうしたらいいかに頭をひねります。これって、理科好きな理科人には楽しい時間なんです。おもりの空気抵抗を考慮したり、光センサーとコンピュータを繋いで正確に時間を測定したりします。さらには子どもの操作ミスを減らすために、おもりを離す位置や時間を正確にコントロールする機器を開発します。数ヶ月かけて、19.257秒、19.256秒、19.255秒・・・という結果を得られるようになったとします。しかし、ここまでやっても理科嫌いな子どもにとっては「ほーら変わるでしょ」と言うかも知れません。結局、実験には誤差はつきものです。そして、誤差を誤差と認識するためには、理論がなければなりません。そして、その理論を実験で証明しようとしているのですから、どうどう巡りです。

 そこで物理ではコンピュータシュミレーションが使われる場合があります。しかし、シミュレーションをすれば誤差を消すことは出来ますが、その結果として「実験には誤差がある」という自然科学にとっては重要な認識が消えてしまいます 。いずれにせよ、先の手の込んだ実験にせよ、シミュレーションにせよ、込み入ったことをやれば子どもたちにとってブラックボックスになります。なぜなら、ブラックボックスがブラックボックスにならないためには、そのことを理解していなければならないのですから。これまた、どうどう巡りになります。

 結論を言えば、実験は、そのことを理解している人(つまり実験をしなくてもいい人)にとっては楽しいかも知れません。しかし、そのことを理解してない人にとっては、あまり有効な手段ではありません。少なくとも、理科人が考えるほど有効ではないことは確かです。

tontan2tontan22009/01/22 20:24絶版の「何故~」を持っている私です^^
それは、おいといて質問です。
 
実験の件についてはまさしく私もそう思います。
ただ、実験は理科の基本でもあると考えます。
実験なしに教科書に書いてあることを
鵜呑みにすることは理科とは言えないと考えています。
もし、実験で「誤差」を勘違いして「分かった」と
言っている子どもにどのように対処すればよいでしょうか?

jun24kawajun24kawa2009/01/22 21:53実験で「誤差」を勘違いして「分かった」
というのが、具体的に、どういうことか分からないので、
補足お願いいたします。

tontan2tontan22009/01/23 04:24補足します。
振り子でも良いのですが、
「重さでやっぱり周期は変わるんだ」と勘違いした子どもには
どうすればよいかということです。
(これまでの経験だと2~3割は誤差を認められない子どもが
いると感じています)
それとも実験は無駄だからしなくてもよいと考えるのでしょうか?

cornucopia-kkcornucopia-kk2009/01/23 11:01西川先生、保護者へのメッセージをありがとうございます。
今回の記事で力を与えていただいたのは、
入会させていただいた私一個人だけではなく、
ブログを拝読している他の大勢の保護者の方も同じだと思います。

今、わが子の学校や親たちを見ていて、
「学び合う保護者集団」に到達するには、
いくつものステップがあると感じますが、決してあきらめずに
努力を重ねていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2009/01/23 12:39tontan2さんへ
午前中をかけて書いてみました。
crnucopia-kkさんへ
ようこそ、お待ちしていました。みんなに伝えてください。どんな社会も、直ぐには伝わらない人はいますが、直ぐに伝わる人も必ずいます。その人たちと広げてください。期待しています。