西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/01/14(水)

[]危機感 22:15 危機感 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 危機感 - 西川純のメモ 危機感 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私にとっては、特別支援を受けている子ども、また、不登校の子どもがいかに苦しい状態にいるか想像すると息が辛くなります。ところが、そのような子どもは統計の誤差のレベルであると割り切っている方もいます。色々なところで講演する際、その地域の偉い人と話をすることがあります。そこで特別支援や不登校に関して、『学び合い』が劇的な効果があることを話します。が、残念ながらその話を聞いても、反応のほとんど無い方が少なくありません。また、『学び合い』が学力向上に効果があることを説明しても反応がない先生もいます。その先生と話すとビックリするのは、その先生は自分の授業で殆どの子どもが分かると思いこんでいるようです。

以上のような方々に合うと可哀想になります。その鈍感さであれば、教師であることによるつらさを感じない一方、教師であることの喜びも感じないだろうと、想像します。なによりも、そのような人の管下にある子どもが可哀想です。一方、真逆の方もいます。例えば、現在、上越で『学び合い』を学校の取り組みとしている某学校の校長先生が典型です。

2007年の夏のある時、その校長先生から電話がかかってきました。夏休み明けに私が上越地域で講演をすることとなっていたのですが、その校長先生がその講演会の世話係になっています。そこで、ご挨拶に参上したいと言うことでした。初めて話すその先生に、「お忙しいでしょうから、お気遣い無く」と申したのですが、「どうしてもご挨拶したい」とのことでした。私もそれ以上お断りしてはかえって失礼と思い、受けました。その先生は酒を持って挨拶に来ました。私は「あ~、義理堅い先生だから、酒を持ってきたんだろう」と思いました。その先生は事前に私のこと、『学び合い』のことはご存じない様子でした。そこで、「では、ありがたくちょうだいいたします。で、先生の用件は終わりでしょうけど。まあ、ここまでおいでになったのですから、講演会で話すこと簡単にお話ししましょう」と申しました。その先生も、「まあ、おつきあいで拝聴しましょう」ということがありありと見えるニコニコした顔で聞き始めました。私が学力向上の話をして、そして、特別支援の話をし始めた当たりから顔の表情が変わってきました。つまり、「大学の先生様のお話を拝聴する」という顔ではなくなり、真顔で聞き始めたのです。そして話し終わると、その校長先生の学校の抱えている問題を語り、それを解決できるか?と聞きました。私は解決できると断言しました。ただし、二つの条件を提示しました。第一は、「我々は、我々の『学び合い』によって問題を解決したいと願う人のサポートは出来ますが、願わない人のサポートはしたくても出来ません。ロバを川に連れて行くことは出来ますが、ロバに水を飲ませられないのと同じです。御校の先生は、我々のサポートを願うかを確認してください。」と聞きました。第二は、「我々の考え方は今までの考え方とは革命的に違います。だから、一人で聞いても分からないことが多いでしょう。ですので、複数の先生のサポートをしたい。そうすれば、我々がいないときに、我々の言っていることの分からないことを互いに話し合える。」と申しました。

しばらくして、その先生は二つの条件をクリアーできることを連絡しました。そこで二つのクラスにはいることになりました。二週間のサポート中で、クラスが激変している様子を、その校長先生はちゃんと見取っていただきました。そして、『学び合い』が本物であることを確信し、その学校全体で取り組むことを決めました。

 ディールとケネディーという人は、様々な企業を観察し、それぞれの企業文化が何によって決定されるかを分析しました。それによれば、その企業活動に伴うリスクの高低と、行動に伴うフィードバックが早いか遅いかによって決まることを明らかにしています。そして、リスクが低く、フィードバックが遅い企業の場合、手続き型文化になるとしています。手続き型文化とは、結果はあまり重視せず、定められたプロセスをちゃんとやったか否かが重視されます。現状の学校の姿です。教育行政は、どんどん多くの書類を求めますが、成果の是非はあまり問いません。学校現場も、書類の多さにへきへきとしている一方、それさえやれば結果を問わないぬるま湯に浸っています。行政も現場も、互いにもたれ合っているようです。

 自分の教育の結果におそれを持たず「しょうがない」と合理化したり、「教育は直ぐに結果が出るものではない」と言い訳したりすれば、手続き型文化に陥ります。ポイントは危機意識の有無です。

kogapon7kogapon72009/01/14 22:36教育現場の事なかれ主義は、人事ではなく、
自分の問題です。
批判をおそれて、今までの慣習をなかなか破れないんですよね。
今取り残されていく子どもたちを我がこととしてとらえることを
忘れないようにします。

jun24kawajun24kawa2009/01/14 22:37同時にそれを自分の責任として、自分を責め続けるとつらくなります。他の人と繋がりましょうね。