西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/01/11(日)

[]正直 19:20 正直 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 正直 - 西川純のメモ 正直 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は嘘が下手です。嘘というのは、大抵は自分の最も恥ずかしい部分に繋がっています。それがばれるので、嘘はつかないようにしています。

 リンカーンは、「多数の人を少しの間騙すことはできる。 少数の人を長い間騙すこともできる。 しかし、多数の人を長い間騙すことはできない。」と述べました。これは本当だと思います。たとえ、一人を相手にしているとしても、その一人が他の人たちと私の情報を相互参照できる状態では、多数の人を相手にするのと同じです。私は講演では嘘をつきません。だって、多くの講演の場合には同志がいますし、そうでなくても早晩伝わることは目に見えています。またゼミ生に対しても嘘はつきません。理由は同じです。

 私は政治をして下さい、とよく言います。ある場合は「嘘(正確には方便)をつけ」と言う場合もあります。ただし、ばれるようなら嘘は言わない方が良いと思います。例えば、ある種の管理職には嘘をついた方が良い場合もあります。ただし、その管理職が、自分の嘘のつけない人と繋がっているならば、その管理職には嘘はつかない方が良いでしょう。ましてや、クラスという一年間つきあう多数の子ども相手には嘘はつかない方がよいでしょう。嘘はばれますから。

 そのように嘘はつけない場合は、本当のことを言いましょう。ポイントは、何度も、何度も、しつこく本当のことを言いましょう。集団を相手に本当のことを語れば、分かってくれる人が必ずいます。その人が伝えてくれます。

 クラスに語る時に何を語るべきかを語るとき、ばれて恥ずかしくないか自問して下さい。まあ、悪気のある教師は殆どいないでしょう。でもね、子どもを集団と考えられず、そのため、子どもの能力を低く見てしまう教師は少なくありません。それを根ざして嘘をつけば、それがばれます。それがばれると子どもは教師の期待通りの愚かな存在になりますよ。だって、最初に気づく出来る子が手を抜きますから。

追伸

 個人に対しては、最後まで分かってもらえないかも知れません。でも、何度も、何度も、しつこく本当のことを語り続ける人は、その人にとって、一番、手強い相手のはずです。頭のいい人は、途中で語ることをやめたり、玉砕したがるものです。それは相手方にとっては扱いやすい。その個人以上に力のある個人や組織とネットワークと繋がって下さい。そして、真面目に法規を勉強して下さい。その上で、何度も、何度も、しつこく本当のことを語り続ける人は、相手にとっては悪夢のような人ですよ。もちろん、不必要に戦うのは馬鹿げています。

 なお、ネットワークを持たない個人には嘘をつくことは出来ます。あははは(例外は家内です)

[]講演の目的 12:00 講演の目的 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 講演の目的 - 西川純のメモ 講演の目的 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の講演会での語りはパワフルです。マイク無しでマシンガントークを1~2時間続けます。その中では、「教師は最善の教え手ではない」とか「教科の能力は不要」というような大多数の先生方に気にさわることを連発します。まるで「さあ、かかってこんかい!」とケンカを売っているようです。そこで、「先生、マイクを使って静かに語る方が、先生が善人に見られますよ」とか「子どもを信じましょう、とか、教科の時間でも心を育てましょう、レベルの話に押さえておけば、敵を作らないのに」と言われます。全くです。私もそう思います。しかし、目的が違います。

 私が講演する目的は、数百人の人に私が善人に思われたいと語っているわけではありません。私は数百人の中にいる数人の人、即ち、私と一緒に戦ってくれる人を求めているのです。「子どもを信じましょう、とか、教科の時間でも心を育てましょう」レベルの話にとどめ、誤魔化してしまえば、「私のやっていることは、今のままで良いんだ!」と喜ばれますが、『学び合い』と現状との違いを伝えることが出来ません。私は万人に伝えることは出来ません、伝えられる人に確実に伝えることを大事にします。

 以前のメモにも書きましたが、革命的な『学び合い』を最初からすんなり理解できる人というのは特異体質です。そのような人が少数なのは、生物種としては健全です。そして、最初からすんなり理解できない人がいるからこそ、日本の教育は信頼性を持っているのだと思います。そのような方々に伝えるには、人間関係のある方の語り、子どもの姿しかありません。よろしくお願いします。

追伸 だれかが私の語りをやってくれれば、私は「よいおじさん」にシフトできます。まってます。でも、『学び合い』がある一定以上に一般化したら、もう少し、ソフト路線にシフトできるかも知れません。あははは

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2009/01/11 13:04
大変遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します

先生の語りの意図について話して頂いて、ようやく理解できました

ありがとうございます

確かに、西川先生が言われる「教師は最善の。。。」とか「教科の能力は。。。」といった事を、新米教師の私が、職場の先生方にそのまま伝えたら袋叩きにあいそうです

なので、取りあえず他の先生方に抵抗なく受け入れてもらえそうな「みんなで協力しよう」という部分だけを、まずは語っているのが現状です

参加者に気に入られたいのではなく、協力者を求めたいのであれば協力者になってくれそうな方に届く語りが必要なのですね

勉強になりました



最後に、出来ましたらお伺いしたいのですが、

教室でも、協力者になってくれそうな1,2割の子どもに届くような語りを心掛けるべきなのでしょうか?

「子どもに善人に思われたい」という欲望?は抑え「子どもにとって何が必要か」を伝えられる教師を目指したいと思います

子ども集団を動かす際に、全体が理解できそうな部分から語るべきなのか、活発に学び合いをしてくれそうな子どもに合わせて力強く語るべきなのかをアドバイス頂けると幸いです

今年も、よろしくお願い致します

3月のセミナーを楽しみにしています

jun24kawajun24kawa2009/01/11 17:21講演の時の語りと同じです。
私は、語るべきこと、正しいと信じていることを語ります。
ただ、それが直ぐに伝わる人はごく一部です。
でも、いずれは全員に伝わるだろうと信じています。
ポイントは、「みんな」を伝えることです。
私には全ての人に伝えられる力はありません、でも、全ての人に伝えたいと本気で願っています。そして、全ての人に伝えることの出来るただ一つの方法だと信じているからですから。だからです。

もちろん、様々な配慮は必要でしょう。
でも、自分が信じていないことを講演で語ろうとは、これっぱかしも思いません。
信じていないことを語らなければならないとしたら、私は、それを語りません。そして、頭を使って、語れることを探ります。

私も政治的配慮で、信じてもいないことを語ることもあります。ただし、その時は、語る相手に敬意を持っていません。ある意味、バカにしています。

自分に対しても、語る相手にも敬意を持って語りましょう。
子ども達の前では、正しいことを語りましょう。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2009/01/12 09:58アドバイスありがとうございました

 先ほど、大阪から戻ったのですが、大阪での『学び合い』の会も
大変、有意義で楽しい時間でした

大阪の皆さんと話しながら、あらためて考えたのですが

 自分が何を語るかも大事ですが、あくまでもその内容を判断するのは
子どもたちであるという、当たり前の事に気が付きました

 私自身も、さすがにウソをつくつもりはないのですが、
どのように話せば、自分が良く思われるだろうか?みたいな
つまらない計算をしている部分はあるのかなと思います

 しかし、西川先生が言う通り、自分が正しいと思う事を、しつこく
語り続ける事が何より大切だと思いますので、自分自身が何度でも
子どもたちに語りたい事は何か?ということを、まずは整理して
子どもたちと向き合いたいと思います

ありがとうございました

jun24kawajun24kawa2009/01/12 10:36期待しています。