西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/01/09(金)

[]秋田 17:35 秋田 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 秋田 - 西川純のメモ 秋田 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は秋田で公演しました。この種の講演会では驚異的に嬉しい聴衆の方々でした。感謝です。一つ一つの私の話への反応が良い!小さなところで、笑ってくれる!まるで『学び合い』の会の様です。聞いてみると、その会の半数の方は、その会に出席する縛りの全くない方々で、遠方から私の話を聞くためにいらっしゃったかたがたです。当然、その地域の方々は、私を呼んでいただいた方々です。納得です。本当だったら、間をとって、大きく笑いをとりたいところですが、語りたい話がいっぱいあり、超特急で駆け抜けました。

 秋田に、これだけの方々が潜在的にいたことを喜びました。感謝です。そして、期待しています。

 次は、学校公開や『学び合い』秋田の会、かな?あはははは。とても期待しています。

[]広げましょう 17:35 広げましょう - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 広げましょう - 西川純のメモ 広げましょう - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日のメモの続きです。同志の方々へのお願いです。

 是非、お持ちの『学び合い』の本を教室に置いていただけませんか?(もちろん、買っていただければ嬉しいな。あははは)そして、「先生が何故、『学び合い』をやっているかはこの本に書いているよ。読んでも良いよ」と言っていただけないでしょうか?もちろん、読む子はごくごく一部です。それは教師用指導書や教師用本を置いておいたときと同じです。既に、一部の同志はやっていることです。子どもたちに、教師と同じレベルの『学び合い』の理論的・実証的データを与えてください。あ、それと保護者の方にも本を紹介してください。読む保護者の方はいるはずです。そして、教師の保護者もいるはずです。我が子を通して、『学び合い』が荒唐無稽でないことを知ることになります。

 一人一人の教え子が、『学び合い』から離れても、学び合うことの意味を分かる人と繋げられるような関係を作れないか?と考えます。例えば、おじさんには分からないけど、ミクシーなんかもいいかな、と思います。いや、若い人は、もっと素晴らしいツールがあるに違いありません。

追伸 群馬高崎の木ゼミに、学習者が参加したと聞きました。ビックリです。私なんぞの想像もつかないレベルのことが、起こっているように感じます。

[]異学年学習 17:35 異学年学習 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 異学年学習 - 西川純のメモ 異学年学習 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上越に学校として教科における異学年学習を試みている学校があります。現在、様々な組み合わせを試している段階です。毎回、とても多くのことを学ばせていただいております。もし、見たい人がいたら私に連絡してください。1月の予定は以下の通りです。

 3年、6年の異学年 1月15日11時25分~

 2年、5年の異学年 1月16日11時25分~

 1年、4年、6年、かがやき学級の異学年 1月19日9時30分

 異学年の『学び合い』の職員研修会 1月26日15時30分

 2年、3年、5年、かがやき学級の異学年 1月26日 10時35分~

oーーーー4oーーーー42009/01/09 23:04よろしくお願いします。わくわくがすっごい伝わってきますね。わが県にも顔見ぬ同志を信じますね。

jun24kawajun24kawa2009/01/09 23:10いっぱいいるはずだよ。そして、待っているよ。だから、期待しているよ。

iku-nakaiku-naka2009/01/10 04:19先日、M県の中学校のある先生からお手紙を頂きました。山形の会で私の話を聞き、ご自分でも『学び合い』の授業を少しづつ取り入れられているそうです。先生の手引き書もダウンロードして読まれたと書かれていました。
最近、『学び合い』が広がっていることを実感する場が増えているなあ~と感じています。

jun24kawajun24kawa2009/01/10 07:21おそらく、我々が思っているより、広がっていると感じます。