西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/12/01(月)

[]提案 09:02 提案 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 提案 - 西川純のメモ 提案 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同志のブログ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/mitaka2/20081130/1228046834)を読んで、あらためて同志の皆さんに提案したいと思います。

 『学び合い』の成果を発表する最初の会を平成14年2月9日に開催しました。その会に、現在は同僚であるMさんの小学校低学年のお子さんが参加しました。おそらく、『学び合い』の会に参加した最年少記録でしょう。ただ、参加した理由はご夫婦とも会に参加されていたというのが理由だと思います。しかし、積極的にご自身の子どもを参加させてはいかがでしょうか?親の背中を見て子どもは育つと言います。せめて小学校高学年になったら親が何をしているのかを見せるのは意味があると思います。もちろん、伴侶が教師であるならば、その方も誘ってはいかがでしょうか?

 今年の埼玉の会では、保護者の方の参加が非常に多かったと思います。これまたとても意味があると思います。というのは、正直言って『学び合い』は今までの考え方と革命的に違います。同僚・同志がビックリするのと同様に、保護者の方もビックリしていると思います。もしかしたら、「この先生は手抜きでやっているのではないか?」、「この先生は力量がないからではないか?」、「なんかの思いつきでやっているのではないか?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、『学び合い』の会に参加したら、日本全国の先生が集まっていることを知ります。また、その実践の背景には学術研究があることを知ります。そして、様々な先生方の実践発表を通して、幸せそうな子どもの姿を知ります。我々は保護者の方に隠すべきものは何もありません。知っていただきたいことだらけです。もちろん、会の案内を出して出る方はごくごく希だと思います。でも、それはいつでも同じです。自分の考えに理解いただけない人に拘るよりも、分かってくれる人を増やす方が有効です。でも、もし子どもが「行きたい」と言えば、その子の付き添いで参加してくれるかも知れません。

 これってとても大事なことだと、私の直感がささやきます。

追伸 ただし、新興宗教やマルチ商法の集いと思われるかも知れません。だって、成績が上がり、人間関係があがり・・・・と、豪語する大学の先生が暑苦しく語るのですから。あはははは

mitaka2mitaka22008/12/03 05:55きっと東京の会は、家族と子ども達と保護者があふれる会になる!!と思います。

jun24kawajun24kawa2008/12/03 06:46期待しています。
あ、そうだったら屋台もよばなきゃ。あははは