西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/11/29(土)

[]宮城の会 00:18 宮城の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 宮城の会 - 西川純のメモ 宮城の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 宮城の会から帰ってきました。とてもよい会でした。主催者の方が真面目で誠意ある方々であることをひしと感じます。よかった~。本当に、ご苦労様でした。

さて、私がそのような会が重要であると考えているかを説明したいと思います。

 人に説明する最善の一つの方法なんてありません。どんな方法も、合う人もあれば、合わない人もいます。『学び合い』では最善の方法を見いだそうなんて思いません。一人一人が自分にあった最善の方法を見いだせる選択権を出来るだけ与えます。『学び合い』では「みんな」の意味を語ります。折り合いをつけて「みんな」を求めることが、実は自分に返ってくることを説明します。そして、それさえ成り立ってしまえば、最善の方法は、その場、その場で、フェイスtoフェイスで考えれば良いだけのことです。

 『学び合い』の考え方は、今までの教育の考え方とは革命的に違います。私が語っても、M先生が模擬授業しても全ての人に伝わるわけではありません。それは、伝わらない人が愚かであるわけでもなく、悪いわけではありません。相性の問題です。だから、それに拘りません。だから、全ての人に伝わる方法を考えようなんて思いません。しかし、一方、伝わる人もいることも、伝わらない人が絶対にいることと同じぐらい、確かです。これが大事です。

 伝わる人に、折り合いをつけて「みんな」を求めることが、実は自分に返ってくることを語ります。これまた全ての人に伝わるわけではありません。それは、伝わらない人が愚かであるわけでもなく、悪いわけではありません。相性の問題です。だから、それに拘りません。だから、全ての人に伝わる方法を考えようなんて思いません。しかし、一方、伝わる人もいることも、伝わらない人が絶対にいることと同じぐらい、確かです。これが大事です。

 『学び合い』を伝わり、そして、「みんな」を求めることの意味を理解する人が、数人でも生まれたならば、ものすごい意味があります。今回の会を代表したMさんと出会ったのは新潟で開催された昨年の夏のフォーラムです。会の昼休みの時、見知らぬ人がいたので「どこからこられましたか?」と聞きました。「宮城からです」との返答です。話を聞いてみると、新聞に載ったY小学校の記事に触発されて『学び合い』をトライされたそうです。ところがうまくいかなかったそうです。しかし、何か心に引っかかるものがあったそうです。そこにフォーラム開催のことを知り、そのことを確かめに来たとのことでした。Mさんと半時間議論しました。今だから正直に書けますが、「この人は自分が失敗したことを正当化するために、私に議論をしつこくふっかけているのではないか???」という印象を持ちました。でも、私なりに誠意を持って語り続けました。しかし、私の想像では「この人への説明は失敗したかな・・」と思いました。ところがです、今年の1月26日にMさんからメールが来ました。それによれば、フォーラムの後、再度トライして手がかりを感じたそうです。その後、いくつかの事例解決に関してメールでやりとりをしました。メールのやりとりの中で、腑に落ちたことが分かります。そして2月23日の高崎の会には同僚二人を連れて参加してきました。懇親会で話してみると、お二人とも洗脳終了の段階です。ビックリしました。その懇親会で、本日の会の日程が決まってしまいました。そして、本日、六十人を超える人が集まる会が開催されました。だから、数人でも伝える意味を分かる人が生まれれば、十分に意味があると私は考えています。これは授業における最初の語りと同じです。全員に分かるようにしなければならないと考えると、歪みが生じます。分からなければ、その子どもが愚かであると考えたり、悪いと考えたりします。でも、愚かであるわけではなく、悪いわけではなく、相性が合わなかっただけだと考える方が健全だと思います。大事なのは、全てに分かる説明をするのではなく、「みんな」が分かることの意味を伝えられる人に伝えることです。

 本日の会で、私がどれだけ伝えられたかは分かりません。しかし、世の中に『学び合い』を学ぶために集う人がいるのは「自分だけではない」ということは可視化されたと思います。自分一人でやっていると思っていたが、実は、隣の学校に実践者がいることを発見した人がいました。相談する相手がおらず分からなかったことを聞けた人はいました。それだけでも意味があります。そして、新潟のフォーラムのMさんのように伝えることの意味を分かる人が数人はいたと信じております。

 昔は点でしたが、今は点と点が繋がり線となり、その線が絡み合っている段階です。そして、認知度が一定以上を超えたとき、面になります。そのために、地道なことをしている段階です。今、いろいろなところで種がまかれています。そして、今、各地の会が結ばれつつある段階です。私は未来に対して楽観しています。なぜなら、時代の必然だと考えているからです。そして、ゴタゴタしたご託ではなく、はっきりとした結果を出せるからです。

追伸 東京にKさんという方がいます。この前の大阪の会で初めてお会いしました。直接お会いするのは今回で2度目です。この会の懇親会で、東京で『学び合い』の会を開くと宣言しまし、日程も決めました。この展開は、Mさんと同じです。伸びる会は、参加者がいつの間にか主催者になるという特徴があります。

[]自信 07:36 自信 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自信 - 西川純のメモ 自信 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生がゴチャゴチャと研究していることを説明すると、「短く言って」と言います。よい研究は短く語れ、そして、心に響くものです。

 本日も『学び合い』グループのブログを読んでいました。そこで「きっと,「自信」というのは一人だけでは持てなくて,他の人と相談し意見を交わすことで「自信」になるのだと思います。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/D902i/20081128)」を見つけました。心に響きました。きっと、今後、この言葉を私は何度も何度も使います(もしかしたら、その当人に対しても)。

 今日は、宮城の会の日です。これから朝ご飯を食べます。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2008/11/30 11:06西川先生へ

宮城の会では大変お世話になりました。ありがとうございます

東京での『学び合い』の会の幹事をさせ頂くことになった「きょう」と申します

東京の公立小学校で教員をしています

先生に、ご紹介頂いたように、3月28日(土)に東京新宿の高田馬場で、『学び合い』の勉強会を開催したいと考えています

(時間は、他の会同様、昼頃から、夕方くらいまででよろしいのでしょうか?)

『学び合い』の会に参加してまだ1ヵ月も経っていませんし、その後、実践を始めた自分のクラスでの『学び合い』も悪戦苦闘中なのに、私が幹事をやって良いものか?という気持ちもあるのですが、西川先生も、三崎先生も快諾して頂いたので、東京を中心に『学び合い』を広める為に頑張りたいと思います

このメッセージをご覧になった方へのお願いなのですが、もし当日、ご自身の実践発表を行って頂けたり、運営にお手伝い頂ける方がいらっしゃいましたら、「きょう」まで連絡頂けると幸いです

また、『学び合い』に興味をお持ちの方が、周りにいらっしゃいましたら、勉強会をご紹介頂けると嬉しく思います

連絡先は dolf405 とyahoo.co.jp を@マークでつないで頂けると、私のメールアドレスになります

既に会場で、東京と埼玉の先生お二人と知り合いになり、ご一緒に企画をさせて頂く事になりました

皆さまのご参加お待ちしています

きょう

katunori-skatunori-s2008/11/30 12:40遅刻してしまい、失礼しました。先生のお話は後ろ半分しかうかがえませんでしたが、それでも一緒にいった仲間は「よし、やるぞという気持ちになった」と言ってくれました。(ようやく…。Mさんのように、自分で洗脳できなかったんですね。)
東京の「きょう」さん、ブログの開始、楽しみにしています。

jun24kawajun24kawa2008/11/30 15:52お二人、ありがとう。
お二人のような方がいるから、落ち込みがちな私が、生きていけます。

isinomakiisinomaki2008/11/30 20:31N先生,今回は大変お世話になりました。ありがとうございました。今回は主催者側として動いたので,講演や模擬授業,実践報告などをそれだけに集中して聞いたり考えたりすることができず,その面だけみれば十分「学べ」なかったかもしれません。しかし,ここにいたるまでに,様々な人と関わり,その中で学ぶことができたり,また,この会を実施するに当たり地元の仲間とのつながりをより深め,また広げることができたことは今後の大きな糧となることを確信しています。貴重な経験をさせていただいたN先生始め,皆様に感謝致します。そして今後ともよろしくお願い致します。(本日出勤だったため,お礼のご挨拶が遅れ申し訳ありませんでした。)

jun24kawajun24kawa2008/11/30 21:46isinomakiさんは凄い人だな~っと感じました。中国語の「大人」という感じです。とても楽しかったです。感謝。

isinomakiisinomaki2008/11/30 22:45N先生がそんな簡単に「凄い」なんて言葉を使うと「その意味は…????」なんて考えてしまうのでやめてください。(笑)常に蛇行状態です…。少しずつ進めるようにします。

jun24kawajun24kawa2008/11/30 22:54あはははは
期待しています!

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2008/12/01 00:40katunori-sさんへ

既にご訪問頂きましたが、ブログ開設しました

今後とも、よろしくお願い致します

西川先生へ

先生の眼は信念に満ち溢れていると思いました

そんな先生でも落ち込むことがあると聞くと、私自身が
落ち込むことがあったとしても、ある意味、励みになります

また、私自身の勉強会については、懇親会でもお話しましたが
浮ついた気分で開催していた部分もあったと思います

しかし、『学び合い』の勉強会を任せて頂いた以上は、私自身も
責任を持って行いたいと思います

私自身は善人でも悪人でも無く、普通の人間だと思っています

私欲が無いと言ったら嘘になりますが、目先の私益の為に
大きな感動を失うような人間には成らないようにしたいです

isinomakiさんへ

宮城の会では、大変お世話になりました

東京の会開催のきっかけを作って頂き感謝しています

今後とも、よろしくお願い致します

jun24kawajun24kawa2008/12/01 06:33期待していますよ。