西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/11/28(金)

[]おのろけ 20:59 おのろけ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - おのろけ - 西川純のメモ おのろけ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私に「ご家族は?」なんて水を向けると大変ですよ。体中に持っている6つの家族の写真(携帯の待ち受け画面、財布の中の写真群)を見せます。そして、家内自慢、息子自慢を延々と話します。だって、愛していますし、家内は本当によくやってくれています。(だから、頭があがらんのですよ、あははは)

 本日は小学校の研究発表会の講師でよばれました。そこの校長は、上越にライブを見に来て、いろいろなところの『学び合い』の会に出席される同志です(つまり、確信犯。だから講演に行くんです)。私が講演し、S大のMさんが講演し、上越教育大学のMさんが講演した小学校です。凄いでしょ。

 授業を見ました。正直言います。『学び合い』ではありません。まあ、学びの共同体的だとは思いますが。う~・・・と思います。終わってから研究主任の方の発表があり、そこで映される子どもたちの写真は『学び合い』でした。え!????と思って校長先生に聞いたら、普段はどんどんトライしているそうです。おそらく、公(おおやけ)に公開するときには完成度の高い一般の授業をやられたんじゃないかな~・・・て想像しました。写真の子どもの表情は本当に生きていた。

 講演会では時間が短かったので(35分)笑いはあまりとれなかった。でも、反応はよかった、と思います。印象深かったのは、来賓席に座っている「教育委員会」の方々の反応は、特に嬉しかった。教える立場の人ではなく、教えられる立場の人の気持ちを共感的に理解されているな~っと思いました。笑うところのつぼどころが、微妙に教師とヅレるんです。あはははは。(教育委員長の方からは、定員充足には何が必要なのかを、幼稚園経営者としての実体験に基づく話をニコニコと教えてもらいました。それも無料で。あははははは)

 本日の講演会で、一番、心打たれたのは、閉会の校長の挨拶です。

 校長が挨拶をしはじめたら、多少の時間をがありながら職員が一緒に職員席で立ち始めました(つまり、打ち合わせは無しです。打ち合わせがあれば一斉です)。この場面はきわめてまれです。(M閣下の班発表の子どもの行動(視線の動き)をおわかりの方は意味することが分かるよね)とても短い挨拶でしたが、赴任した当初からのいきさつまとめまていました。そして、その研究会に向けて自らの授業を見せ合い、高め合った職員の姿を紹介していました。そして、「私は本校の職員を誇りに思います!」と言い切りました。私は普通の顔をしながら、その一言を聞いたとき「うっ」となってしまいました。今は人様がいませんので、安心してウルウルしています。

 誇るべきです。おのろけを言うべきです。まじめにやっている人に対する礼儀であり、自分が何によってたっているのかを自分に言いかせる意味もあります。あの一言を聞けただけで、その学校に行ったかいがあったと思いました。

isinomakiisinomaki2008/11/28 21:05N先生,明日はどうぞよろしくお願いいたします。M県で『学び合い』の考え方が広まる第一歩になることを願っています。

jun24kawajun24kawa2008/11/28 21:12私は刺身のつまでしかありません。結局、みなさんを納得させるのは実践の方でしかない。期待しています。
もちろん、美味しい「つま」なるよう、語りますよ。あはははは

take1_No12take1_No122008/11/29 06:00N先生、昨日はたいへんお世話になりました。宮城には娘の授業参観のため参加できないので、クラスを自習にして1日早く先生に会いに行きました。授業の方は想像と少し違いましたが、子ども達の様子、体育館での合唱などから『学び合い』準備完了であると感じました。それが開放されれば凄いことになるとA先生とも話しました。私も校長先生の話には鳥肌が立ちました。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2008/11/29 07:13あのように言ってくれれば、嬉しいよね。

J.SASEJ.SASE2008/11/29 08:36私も西川先生の講演中赤いセーターの教育委員を見てました。とても楽しんでいる様子が分かりました。
A校長先生からセンターにお手紙をいただきました。行ってよかった。うちの学校も2月に発表ですが、校長は「成功したのは私のお陰です」と言いそうです(^^;)

jun24kawajun24kawa2008/11/29 09:13どあはははは