西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/11/27(木)

[]会の趣旨 21:49 会の趣旨 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 会の趣旨 - 西川純のメモ 会の趣旨 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近1ヶ月の中で、4人の人にほぼ同様の趣旨のことを聞かれ、同じように応えました。それは、その人が主催する会が最近沈滞化しているが、それを活性化するために新たな方針を明確にすべきであるか?という問いかけです。その人はある方針を明確にしたいと願っています。しかし、その一方、その方針を掲げれば、会から離れてしまう人が現れ、かえって会が沈滞化してしまうのではないか心配されました。

 私は方針を明確にすることを勧めました。

 方針を明確にしない理由は、会の維持を目的としています。しかし、集団がその維持・拡大自体を目的としてしまえば、どんどん変質してしまいます。結果として、衰退化する場合もあります。維持したとしても、その結果として残った会は、元々の会とは全く別種の集団になります。結果として、私が相談された方にとっても、また、元々の会の人にとっても意味のない会になってしまいます。

 ミッションがあり、それによって集団は出来ます。逆は本末転倒です。

追伸 学校研究も同じです。学校が良くなったから発表しようはなく、学校をよくするために発表をするのです。このあたりがなかなか理解されないようです。なお、ミッションがハッキリしない、研究主任の発表と授業者の授業が一致しなくてもOKの発表会では意味がありません。もちろん、方法は一致しなくてもOKです。ただし、求める結果は一致しなくても駄目です。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2008/11/27 22:16西川先生に自分が主宰する勉強会の事で、相談した中の1人です

先日は、お忙しい中、アドバイスを頂き大変ありがとうございました

当初は、「メンバー同士の親睦」が会の目的でもかまわないのかなと思っていたのですが、お互い忙しい中集まるわけなので、やはり学びの多い会にしたいと思いましたし、また、先生が普段言われているように、「お互いの成長」という共通の目標があるからこそ、その目標に向け結束することで、結果的にメンバー間の関係も、良くなるのだと理解しました

教員採用試験対策の勉強会からスタートした集まりですが、そろそろ次の目標に向けて活動を始めたいと思います

子どもたちに『学び合い』を求めるのであれば、教師である私たち自身も、共通の目標に向けて、子どものお手本となるような『学び合い』を心がけたいです

jun24kawajun24kawa2008/11/28 06:14注意点は、自分たちのミッションが目標なのか方法なのかを見極めて下さいね。期待しています。