西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/11/18(火)

[]有効な理由は 22:08 有効な理由は - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 有効な理由は - 西川純のメモ 有効な理由は - 西川純のメモ のブックマークコメント

 多くの教育理論や実践論は、「○○しなければならない」とか「○○を注意しなければならない」のように、現状に付け加えることを求めます。ところが『学び合い』では現状にやっていることの馬鹿馬鹿しさに気づかせ、それを止めることが中心です。そのため覚えることは殆どありません。分厚いと言われる手引き書だって、結局、最初に書いている学校観と子ども観が分かっていれば、自ずと導かれるものです。力学がたった一つのF=mαを3次元に拡張し、それを微分・積分によって導かれるようなものです。私もテクニック的に書くときがありますが、そりゃ、馬鹿馬鹿しいと思いますが、相手がそのように説明しないと分かってもらえないための方便です。

 最近、立て続けて十数件の初めての方からメールを頂き、それらが『学び合い』の驚異的な成果に驚かれている方々でした。「なんで、こんなに効果があるのか」というメールが多いように思います。でも、簡単です。子どもに対して酷い(ひどい)ことをしなくなったからです。

 一斉指導は、子どもにとって苦痛を与えます。考えて下さい。元気いっぱいの子どもを一日あたり6時間もじっと座らせて、黙らせているのが一斉指導です。苦痛を味わっているのは、出来ない子どもばかりではありません。もう既に塾・予備校・通信教材等で分かっている子にとっても苦痛です(まあ、他の子どもに対する優越感で紛らわせるかも知れませんが)。今までの教育理論や実践論は、そのような状態を緩和するために、おもしろい教材や、分かりやすい指導法を「プラス」してなんとかしようとしています。

 考えて下さい。ある学校では、一日6時間、校長からどのように指導すべきかの指導があります。教諭はそれを黙って拝聴し、その話をノートに取ることを求められます。校長の話をしている間は私語は厳禁、自席で静かに座っていなければなりません。それが6時間も続くのです。当然、教諭はイライラしてきます。そこで、そのような教諭が自分の話を「ちゃんと」聞き続け、ノートをとり続けられるように、話を考え、プリントを用意する、そんなことをやっていたらどう思います?それが現状の教育理論や実践論なんです。

 そんなプラスに頭を費やす必要はないと思いませんか?そんなことをするまえに、無意味に6時間もじっと座らせ、黙らせることをやめれば、それだけで効果が絶大です。そして、達成すべき目標をかたり、それが「みんな」であることを求めるだけでいいと思いませんか?それが『学び合い』です。

 以上の理由から初期段階は本当に簡単です。そして、その初期段階でも驚異的に向上します。その段階で何か問題があるとしたら、それは何かが足りないのではなく、不必要、否、有害な何かをしているのです。

追伸 中期段階に進むには「みんな」の徹底が必要です。これは大変です。自分の弱さから「みんな」を不徹底にして、それを合理化する誘惑が常にあります。これを乗り切るには、「達成すること」と「達成することを求め続けること」の違いを理解し、それを子どもに語れるか否かが問われます。ところが「達成する」ことにとらわれた人は、それが乗り越えられません。でも、学校教育で学ぶこと「内容」で絶対に達成すべきことなんて一つもありません。私は九九を全部覚えていません。私はこの5年間、一度も筆算をしたことがありません。大学に入学してから、筆で書くことは芳名帳ぐらいです。従って、書き順が間違っても問題ありません。いや、ワープロで変換すればいいので、読めれば書ける必要はありません。そして、体育以外で跳び箱を跳ぶ機会はこれまでも、そして、死ぬまで一生涯ないでしょう。その私は大学教師として、ちゃんと生活できています。が、残念ながら内容に拘り、「達成すること」と「達成することを求め続けること」の違いを理解することがなかなか難しいようです。結局、学校観が分かるのが難しいのだと思います。

tomkicktomkick2008/11/18 22:23西川先生
こんばんは。
>「達成すること」と「達成することを求め続けること」の違いを理解することがなかなか難しいようです

まさにこの部分のむずかしさですね。
子どもに評価規準を示すと,これを達成できるかできないかがやはり気になってしまう。もちろん,結果を求めるわけなのですが,結果が出ることを求めるのではなく,結果を出すことを求め続けるのが,教師の姿勢ということでしょうか。
…と,『学び合い』を相対化するような事ばかり言っている僕が,いうようなセリフではないかもしれませんが。

jun24kawajun24kawa2008/11/18 22:26簡単に説明すれば(これを書くとテクニック的になるのですが・・・)、「みんな」をやれるとどんなことが起こるかをかたればこどもはわかるはずです。心が定まっていないと、教師が先回りして、問題が起こらないような状況をつくろうとします。でも、結局、それをやっている限りは、ある一定以上には進みません。

tomkicktomkick2008/11/18 22:31なるほど~。
だからこそ,「みんな」の徹底をする中期の段階が大変だということですね。普通は見えない「問題点」がどんどん浮き彫りになる。
これと付き合っていけるかが,分かれ目になりそうです。

>心が定まっていないと
この部分をもう少し,詳しく教えていただけないでしょうか。(メールで聞けって怒られるかな?)

doorknobsdoorknobs2008/11/18 22:37西川先生、こんばんは。
>その段階で何か問題があるとしたら、それは何かが足りないのではなく、不必要、否、有害な何かをしているのです。

すごく分かります。すごく分かるのです。

>自分の弱さから「みんな」を不徹底にして、それを合理化する誘惑が常にあります。これを乗り切るには、「達成すること」と「達成することを求め続けること」の違いを理解し、それを子どもに語れるか否かが問われます。
>残念ながら内容に拘り、「達成すること」と「達成することを求め続けること」の違いを理解することがなかなか難しいようです。結局、学校観が分かるのが難しいのだと思います。

今の私はこのあたりで苦しんでいるような気がします。

iku-nakaiku-naka2008/11/18 23:20「達成すること」だけを求めると、教師が目標を達成出来ないことが気になり、目標(特に「みんなが」)の基準を下げてしまう(=誘惑に負ける)のだと思います。

教師が「達成することを求め続けること」を求めると、常に「もっと」を生徒達に求めることができます。「もっと」を求めることが集団をより高めるのだと私は思っています。

しかし、実際問題として「結果」が出ないと「『学び合い』なんて所詮「手だて」の1つ」と言われてしまうこともあったり、また結果が出てもやれ「付ける力が・・・」だの「知識は付くかもしれませんけれど・・・」だのと言われることがあるので、先生方が「達成すること」に目が行く気持ちも分からなくはないです。この辺は、はやり「学校観」の違いなのだと思います。

jun24kawajun24kawa2008/11/19 09:04Tomkickさんへ
 もちろん、ウエルカムです。ブログでやりとりできるところはやれば、可視化もできるわけですから。心が定まるというのは、上のiku-nakaさんのように考えられるということです。心が定まらないというのは、それが出来ないという意味ですよ。

Doorknobさんへ
 苦しんで下さい。それを乗り越えて、内容のくびきから逃れれば、自由は発想が出来るようになります。それによって、今までとは違った、「内容」を押さえる多様な手だてが子どもから教えてもらえます。

Iku-nakaさんへ
 Iku-nakaさんは野球少年だから、そして部活指導をしたからわかるよね。だから、それに関連したメモをアップすることにしました。