西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/11/17(月)

[]即戦力の人心術 16:09 即戦力の人心術 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 即戦力の人心術 - 西川純のメモ 即戦力の人心術 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同志のブログにあったので読みました。実に良い本です。何度も書いていますが、正しいことは多くの先人が気づいていることです。『学び合い』と重なる部分が多いように思います。それに対する賞賛・共感はあるものの、あえて「違うな~」という部分を書き出します。

 この本に書いているのは、中間管理職の仕事のように思います。例えば、著者は数百人の部下を深く知り、それに基づいた管理を誇っています。そして、それは圧倒的多数のビジネス書、そして、圧倒的多数の教育書では「是」とされています。しかし、一度それを「是」とするば、元の黙阿弥になってしまうことが分かっているので、多くの善意の教師から嫌われるであろうことを予想しつつも、「非」と主張し続けます。

 教師は、子どもよりも教え方がうまいと思っています。

 教師は、子どもよりも子どもの悩みを解決できると思っています。

 教師は、子どもよりも子どもと仲良くできると思っています。

 教師は、子どもよりも楽しい話が出来ると思っています。

 教師は、子どもよりも物事を知っていると思っています。

 教師は、子どもよりも正しい判断が出来ると思っています。

 教師は、子どもよりも・・・・・・・・・と思っています。

 「え!?当たり前でしょ、だから教師なんだから。」とお思いの方もおられるでしょう。しかし、私はそう思いません。たしかに教師は「ある子」より出来るかもしれません。そして、「ある子」はクラスの大多数かもしれません。しかし、「その時、その事」に関して全ての子どもを勝っていることは少ないと思います。さらに、個々人としてクラスの子どもに比べて勝っていたとしても、数十人の子ども「集団」に勝っているとは考えにくいと思います。これは小学校1年生においてもです。だって、1日は24時間あり、それは小学校1年生であっても同じです。一人の教師が、小学生1年生であったとしても、その数十倍の速度で判断できるとは考えづらいです。そして、百歩譲って数十人の子ども集団に勝っていたとしたら、私は誇るのではなく、恥じます。だって、有機的な集団になっていないという証拠だからです。

 では、何故、管理職は管理職なのでしょうか?そして、教師は教師なのでしょうか?

 教諭の方だったら、校長に置き換えれば分かりやすいと思います。

もし

 校長は、教諭よりも教え方がうまいと思っています。

 校長は、教諭よりも子どもの悩みを解決できると思っています。

 校長は、教諭よりも子どもと仲良くできると思っています。

 校長は、教諭よりも楽しい話が出来ると思っています。

 校長は、教諭よりも物事を知っていると思っています。

 校長は、教諭よりも正しい判断が出来ると思っています。

 校長は、教諭よりも・・・・・・・・・と思っています。

と思っている校長をどう思われます。噴飯ものでしょうね。なお、校長を教育長、教諭を校長に置き換えても同様です。

 管理職は管理職なのは、そして、教師が教師なのは、それは優れているからではなく、「そういう立場」なんだと私は思います(もちろん私もそういう立場に過ぎないと思っています)。では、どういう立場なのかと言えば、「集団全体に対して目標を与え、それを納得させ、評価し、集団の課題を達成する」立場なのです。

 私はビジネス書、教育書、またブログにおけるリーダー論、教師論を読む際、自分と同年代の管理職が、そうことを考えて行動する人だったら「傲慢」と思うか?それとも、「あ~、自分は管理職にならずに善かった。管理職はその人に任せておこ~っと」と思うかで判断することは少なくありません。

追伸 著者は船長としては卓越していました。しかし、艦隊の提督にはなれなかったでしょう。それ故、彼は退任してコンサルティング会社を設立しました。おそらく、中間管理職においては意味あるコンサルティングを出来るでしょう。しかし、社長・取締役の役には立たないと思います。

janglejapjanglejap2008/11/17 20:48先生と同じ本を読んだ、思うと嬉しいです~。
私はどうしても自分の考えにひっぱって本を読んでしまうので、「違うな~」というところを先生から教えていただけてとてもよくわかりました。
「立場」ということ、よく「そうであってほしい」と考えることでもあります。
自分が教師という「立場」でできること、しなければならないことをしていこうと思います。
でも、いい本ですよね(笑)

jun24kawajun24kawa2008/11/17 21:36はい!もちろん!

JP301JP3012008/11/18 09:24「即戦力の人心術」早速ネットで注文しました。

jun24kawajun24kawa2008/11/18 22:09良い本を、色々、紹介し合いましょうね。