西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/10/30(木)

[]異学年・特別支援 22:04 異学年・特別支援 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 異学年・特別支援 - 西川純のメモ 異学年・特別支援 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、地元の学校で異学年を参観しました。3学年そして特別支援の合同です。最初の試みであるにも関わらず、セオリー通りの展開です。安心してみてられます。そこには素晴らしい姿がいっぱいありました。その詳細はSさんのブログ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/yukari0841/20081030)とI君のブログ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/D902i/20081030)にあります。

 さて、本日も収穫はいっぱいありました。

 第一に、その学校の先生方が異学年を楽しんでいるのが分かります。最初に『学び合い』を実践し始めるとき、また、最初の2学年の『学び合い』に取り組んだ頃には、「不安」がいっぱいであること感じていました。ところ、今回の初めての3学年、それも特別支援の一緒ですから、ある意味4学年、5学年ともいえる異学年に関 しては、不安ではなく「ワクワク」を感じているのが分かります。何が起こるか楽しみにしていることが分かります。その後、この取り組みに向けて先生方が一緒になって話し合った計画表は、見事の一言です。

 第二に、特別支援の先生の課題を聞きました。実に素晴らしいものです。特別支援の意味を教えてもらえた1時間でした。

 第三に、Sさんが本当に『学び合い』が好きだと言うことが分かります。自分が好きなことを大好きな人が同じ大学の同僚にいると言うことは嬉しいことです。

追伸 こんなに1学年の『学び合い』より「簡単」で、効果は絶大な異学年の『学び合い』が広がらないのはとても残念だと思います。本当に、簡単で、効果は絶大!そして、泣けるほど感激できるドラマがそここで満ちあふれます。

yukari0841yukari08412008/10/31 13:00先生、いつもありがとうございます。『学び合い』を研究されている先生と同僚であること、その成果を自分でみることができること、そんな今の環境に感謝しつつ、すすみます。ありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2008/10/31 16:28こちらこそ
さっき階段ですれ違ったときにご挨拶すれば善かった。

yukari0841yukari08412008/11/01 07:05あのとき、使ってみてもらうことを意図した教材を色画用紙に印刷したものを持っていて、7階からにやにやしながら降りてきていた途中だったのでした。そこで、先生にお会いしたので、にやにやに気づかれないように不自然な動きをしていまったのでした。すみません。

jun24kawajun24kawa2008/11/01 10:20あはははは