西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/10/18(土)

[]何故 06:01 何故 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 何故 - 西川純のメモ 何故 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、同志と飲みました。楽しかった。特に、初々しい同志の悩みと、それを乗り越える瞬間の顔を見ることは楽しかった。飲み会の後半では、酔っぱらったおっさんが若い人に絡むがごとく「出来ない理由を述べよ」を連発し、雪隠詰めにして楽しんでいました。(反省・・・) その若い方の一人から、「西川先生のバイタリティはどこから来るのですか?」といきなり聞かれました。予想外の質問にドギマギしながら以下のように応えました。

 「もし、今のままで良いと思ったら、私は腐ってしまう。それは、子どもと同じ。子どもも、今のままで達成できる課題を与えられたら、腐り始める。つねに「もっと」を求めなければならないから。でもね、だからといって基本は大事。自分の幸せ、家族の幸せを犯すような「もっと」は続けられない。自分の幸せ、家族の幸せに反しないような「もっと」をやろうとしています。」

 と応えました。

OB1989OB19892008/10/18 22:12間に合って何よりです。ご講演ありがとうございました。お褒めにあずかり光栄です。

jun24kawajun24kawa2008/10/18 22:32素晴らしかったです!
ただ、私の講演を短く、先生方の実践を長く、ですね。
先生方の実践を聞いて、涙が出ました。

sumimonsumimon2008/10/18 22:42今日は講演を聞けずに失礼しました。教え子と先生を天秤にかけるというなんとも究極かつ幸せな選択でした。
お子さんとの時間よかったですね!

jun24kawajun24kawa2008/10/18 23:04例の件、期待していますよ。

iku-nakaiku-naka2008/10/19 15:33『学び合い』の変遷をお聞きして、これからの見通しが何となく見えたように思います。これからも私のペースで頑張ります。今後もご示唆をよろしくお願いします(深々と礼)。