西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/10/15(水)

[]三宮の会 23:06 三宮の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 三宮の会 - 西川純のメモ 三宮の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は兵庫の三宮で飲み会をしました。以前からの同志3名と、初めてお会いする先生が5名です。楽しかった。

 生物は自己複製をします。しかし、自己複製が完全すぎると変化がありません。そして、環境は徐々(時には劇的)に変化するので、変化がない生物種は緩慢(時には劇的)に衰退します。それ故、どんな生物種も基本的には保守的であり、同時に革新的な個体を一定の割合含んでいます。後者は多すぎると安定性を欠き、後者が少なすぎると死滅します。『学び合い』は革命的に今までの考え方と違います。だから、それを拒否する人が多くいることは、生物種として健全であると思います。でも、同時に変化に対応する少数者はいるものです。

 本日おいでになった方々は、その少数の革新者です。その少数の方が変われば、それは多くの安定を担保している方々を変える端緒となります。本日の会をお世話いただいた方は、本年度になってから『学び合い』に出会った方です。11月の大阪の宣伝パンフレットを配った方は、昨年の11月から『学び合い』をトライし始めた方です。そして、大阪の会で発表されるもうひとかたの同志でさえ、昨年の6月からの同志です。

生物集団の中には、そして教師集団の中には、1年ぐらいで、学ぶ側から広める側に変化する方がいます。なぜなら、子どもの『学び合い』と同じで、広めることによって、自分が高まることを知っている方からです。今日の出会いをきっかけに、同志が生まれることを信じています。

ま、そんな難しいことはさておいて、私から見たら「かわいいかわいい」と失礼ながら感じてしまう先生方の、迷いと向上心を肌で感じ、ちょいと飲み過ぎてしまいました。ということで、寝ます。ぐ~・・・・

janglejapjanglejap2008/10/15 20:58「彼を幸せにできるのは私じゃない、といつも思っています。・・
その子の幸せを私ひとりの力では実現できない、という自覚が私にはある」・・にドキっときました。
学び合いにであって少~~しわかりかけてきたところです。

jun24kawajun24kawa2008/10/15 22:35わたしも、現実の問題の中では迷います。だから、上記は私自身に言い聞かせている部分があります。

tomkicktomkick2008/10/15 23:30西川先生
今日は本当にありがとうございました。
おかげさまで,うちの学校を変えるのに必要な人数があと2人なりました。
あの後も,これからどうするか少し話ができました。また相談に乗っていただけるとありがたいです。
本当に楽しい会をありがとうございます。

chunsuzumechunsuzume2008/10/16 00:19西川先生、こんばんは。
久しぶりに先生のお元気なお姿と声に心地よさを覚えながらの時間を過ごさせていただきました。あっという間の3時間でした。お集まりのみなさん、いろいろお話を聞かせていただきありがとうございました。
私自身、今は見た目『学び合い』からちょっと離れているのですが、考え方は以前と変わらず毎日の授業に取り組んでいます。
今日集まった方々からいただいた刺激を胸に、明日からまたがんばろうと決意を持って、高速バスで帰宅しました。
西川先生はまだまだ長い道中と聞いています。どうぞお気をつけて。
今夜はありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2008/10/16 07:39tomkickさんへ
どう広げるかは、おそらく周りの先生に聞くことが一番だと思いますよ。あなたはニコニコしているだけで良い、そんな状態を目指しましょう。御校には優秀な若手が多い。おそらく、全国的にも恵まれていますよ。期待しています。
chunさんへ
色々とご苦労も多いと思います。chunさんの元気な前向きな姿を拝見し、安心しました。『学び合い』は考え方でテクニックではありません。今置かれている状態の中で、子どもたちの能力を信じ、人格の完成を目指した教科指導をすれば、それが『学び合い』なのですから。あなたから教えてもらったコミュニティーの創造、是非、実現して下さい。ずっと、期待しています。

ayuayu0515ayuayu05152008/10/16 20:24ありがとうございます。勉強になります。

集団としての管理

集団としての管理をすること。このためには、もっと子どもを信じてみることが必要なのだなって思いました。

それが自分にできるのか?

来週から気持ちを整理してみます。

jun24kawajun24kawa2008/10/17 08:10大丈夫!子ども「たち」を信じましょう。
それしか選択肢はないのです。
少なくとも教師はその力はない。
期待していますよ。