西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/10/12(日)

[]教師の仕事 22:18 教師の仕事 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教師の仕事 - 西川純のメモ 教師の仕事 - 西川純のメモ のブックマークコメント

自動車会社の社長が業績回復のため、他社にはない画期的なエンジンを開発する必要があったとします。現場の研究者・技術者は一生懸命に努力します。しかし、根本的な技術的な問題を解決できません。情報収集すると、他社ではそれを乗り越えた事例があるそうです。しかし、その会社の研究者・技術者が、その問題を解決することは出来ないことを懇切丁寧に説明されます。もともとは技術者上がりの社長なので、そのことの困難さはよく分かります。そこで、自身も開発現場にこもり、研究者・技術者と一緒になって徹夜をし始めました。

 別な自動車会社でも同じように、業績回復のため他社にはない画期的なエンジンを開発する必要があったとします。現場の研究者・技術者は一生懸命に努力します。しかし、根本的な技術的な問題を解決できません。情報収集すると、他社ではそれを乗り越えた事例があるそうです。しかし、その会社の研究者・技術者が、その問題を解決することは出来ないことを懇切丁寧に説明されます。もともとは技術者上がりの社長なので、そのことの困難さはよく分かります。しかし、現場を離れた自分にはそれを解決する能力は無いことを知っています。そこで、開発現場のみんなを集め、新エンジンを開発する意義を再度語ります。そして、十分開発環境を保証するため、銀行・大株主を口説いて増資を実現し、それを開発予算に回しました。

 さて、どちらの会社が生き残るでしょうか?私は後者だと思います。

 ある同志から、以下のような相談メールを頂きました。

『小学校5年生の子ども・・。学習障害ですが。その子どもが、なかなか学びあいでうまくいきません。小数のかけ算や割り算では、99を覚えていないため、99表を見ながら行っています。やり方は理解できるものの・・・。うまくいきません。どの子ども、「先生、どうやって教えればいいのかわからない」といわれます。そういう場合は、どうするばいいのか・・・』

 教師の仕事は個々の子どもの問題を解決することではありません。個々の子どもの問題を解決できる子ども集団を作ることです。「先生、どうやって教えればいいのかわからない」と聞かれたら、どうやって教えるかを子どもと同じレベルで考えることは教師の仕事ではありません。「どうやって教えればいいのか」を考え続ける集団を作るにはどうするかを考えるべきです。「その子」の問題に収斂している限りは、解決のない蟻地獄に陥ります。

 「じゃあ、解決できるか?」と問われれば、「そりゃ分かりません」と応えます。でも、「あなた一人が考えたり、あなたが子どもと同じレベルで考えるよりは解決にいたる可能性は高い」と断言できます。明るく、熱く、実現すべき夢を語るしかありません。

追伸 私はゼミ生からの研究上の愚痴は聞きません。言い始めると「うるさいうるさい、聞きたくない。それは君「たち」の問題で私の問題ではない。私の仕事は、実現するために必要なお金を引っ張ってくることと、誰かに頭を下げること。もちろん、私が解決に頭をひねってもいいよ。でもね、そうしたら金を引っ張ってきたり、頭を下げる方を君たちがやってね。どっちがいい?あはははは」と言います。まあ、よほど『学び合い』の考え方が分かっている人しか使えない言い方ですが・・・・

abematuabematu2008/10/12 21:42>「西川先生からは『学び合い』でないと言われるかもしれないけど」という前振り

はもうしません。
これからは自信を持って話します。

jun24kawajun24kawa2008/10/12 21:51はい、期待しています。私が期待しているのは、同志の自慢話ですから。自信を持って明るくね。

ayuayu0515ayuayu05152008/10/13 17:46勉強になりました。集団をつくることが教師の役割・・・
しかし、子ども個人のことを考えてしまいます。。。
ここらへんの気持ちの切り替えは、難しいなって思います。

jun24kawajun24kawa2008/10/13 18:11難しいのは、実は私もです。
『学び合い』の考え方を自分に言い聞かせることは、よくあることですよ。