西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/10/04(土)

[]越後湯沢 19:15 越後湯沢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 越後湯沢 - 西川純のメモ 越後湯沢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上越教育大学に採用されてから二十数年間、何度となく越後湯沢の駅を通りました。しかし、一度として降りたことはありません。本日、家族で越後湯沢に行きました。あまり期待していませんでした。しかし、いかった~。とっても良かった。天気は最高。ところが人出はそれほどではなく、ゆったりと楽しめました。

iku-nakaiku-naka2008/10/04 21:58私は、生徒達に何度も「みんなで」と「単元テスト80点以上」を言い続けています。
先日、2年生に説教をした後、ある生徒が「先生が「先生がこういう授業を続けている理由はなあ~」と言った瞬間、その後、何を言うのかは分かりましたよ。」と言った瞬間、生徒達は『学び合い』を目的を理解していると感じました。だからこそ、これからも「みんな」と単元テスト80点以上を求め続けたいと思います。

jun24kawajun24kawa2008/10/04 22:00そうです!80点の先に何があるかを理解してもらうことが大事ですね。

yu-rikiya-ta-35yu-rikiya-ta-352008/10/05 17:46最初読んだ時よく分かりませんでしたが、自分が実践していることと照らし合わせてみると理解できました。要するに“「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成すること”が目標であり“みんなが仲良くなること、もしくは、みんなの業者テストの点数が上がること”は手段だと言うことですよね。知的に遅れている子等いろんな子供達がいますが目標が達成できるよう子供達に対して「最低でもみんなが80点取れるようにしよう。」を求め続けていこうと思ったいます。

jun24kawajun24kawa2008/10/05 18:09結局、『学び合い』の考えを理解しているか、否か、それに帰結しますね。この文章が、理解されていない方にとっては、言葉遊びか、禅問答のように感じられるでしょう。でも、ここの部分が本質的ですね。