西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/10/04(土)

[]こだわり 21:37 こだわり - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - こだわり - 西川純のメモ こだわり - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が拘るのは「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成することです。

 けっして「仲良くなる」ことでも、「業者テストの点数」でもありません。ただ「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成すれば、結果として仲良くなるだろうし、業者テストの点数も上がります。しかし、仲良くなることを求めても、業者テストの点数の上昇を求めても、「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成することはありません。

みんなが仲良くなること、もしくは、みんなの業者テストの点数が上がることを求めれば、「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成することは出来ます。しかし、「みんなが仲良くなる」を評価する良い方法はありません。「仲良いふり」はいくらでも出来ます。しかし、みんなの業者テストの点数が上がることに関しては「ふり」はできません。

教師は神様ではありません、「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成しているか否かは分かりません。だから「くだらん」業者テストの最低点に着目することを勧めます。でも、「くだらん」と思っています。

もし、「その子」が業者テストの点数が低くても「ど~てもいい」と腹の中で思っています。しかし、「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成することには拘ります。だから、そのことに対して、特に「みんな」ということを「みんな」がどのように考えているかに拘ります。

「みんな」ということの意味を「みんな」が分かっていれば、それでいいんです。もしろん教師は「みんな80点以上」という杓子定規なことを言い続けるかもしれません。でも、子どもが、何故、教師がそれを言い続けているかを理解していればいいのです。つまり、「みんな80点以上」を目指して頑固に言い続けているのか、「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成することを目指して頑固に言い続けているのか。

残念ながら、私はこのあたりを誤解されています。でも、少なくとも私のクラスである西川研究室の人には誤解されていないと思います。少なくとも私がこの種のことに頑固であることは了解していただいていると思います。なぜなら、私の言動の全てから発するものを受け取ることが出来ますから。どうように、これをお読みになっている先生方も、教え子には「腹」は読まれています。安心でもあり、不安でもあり。

[]出張基準 21:37 出張基準 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出張基準 - 西川純のメモ 出張基準 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は家族との時間を過ごすことが出来ました。が、これからの予定と、本日の楽しさを考えると暗澹たる気持ちになります。なんとかせねば、と思います。以前より、私が出張する場合は、以下の三つの一つ以上を満たすことを求めています。

●『学び合い』を広げるために汗をかくとお約束頂ける

●概ね100人以上の先生の前で十分語らせて頂ける

●日当5万円+交通費+宿泊費以上をお支払い頂ける

 しかし、第一の条件は曖昧であると思います。今後は、以下のようにしたらいいのでは、と思い始めました。

●『学び合い』を広げるために汗をかく方のご依頼

 私は日本の教育を変えるためでしたら、身を削ってもと思っています。「本当」にお金がないならば、手弁当でも参じる可能性はあります(ただし家族に迷惑をかけることはしません)。しかし、依頼する方が汗をかく方のご依頼であるである場合はです。汗をかくか、かかないか、その評価方法は、少なくとも『学び合い』を学ぶために「上越」に来たことのある方か否かで判断します。

 おそらく「上越に行けない正当な理由」は星の数ほどあるでしょう。しかし、その方がおっしゃる「上越に行けない正当な理由」と同じ理由で、「上越からそこへ行けない正当な理由」として私は主張できます。その程度で、駄目ならば、すみません、私も駄目です。

 その上で、『学び合い』を広げるとお約束下さい。

 ただし、だから私はサポートしないというわけではありません。出張はしないというだけのことです。出張が多くなれば、小学校2年生の息子は寂しがり、家内の負担も多くなります。そして私は家族から離れると死にます。だから出張はしないということです。ただし、以下は以前通りちゃんとやります。

●以上の3つのいずれにも該当しない場合

 出張はご勘弁下さい。ただし、サポートはしないというわけではありません。そちらからご出張頂けるならば、上越教育大学で十分サポート致します。また、メールを頂ければ誠意を持って対応致します。また、スカイプで繋がることも致します。また、私の予定は常にHPで公開しています。私の予定でお近くに行く場合は、お寄りすることが可能の場合もあります。

追伸 わざわざ出張して、「『学び合い』を受け入れるか、受け入れないかは別として」と面と向かって話されるのを聞くと、がくっとなります。そう言われる気持ちは、よく分かります。そして、その妥当性を否定しません。かなりラディカルですから。でも、そんな程度だったら、出張依頼をしないで欲しい、と思います。

[]越後湯沢 19:15 越後湯沢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 越後湯沢 - 西川純のメモ 越後湯沢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上越教育大学に採用されてから二十数年間、何度となく越後湯沢の駅を通りました。しかし、一度として降りたことはありません。本日、家族で越後湯沢に行きました。あまり期待していませんでした。しかし、いかった~。とっても良かった。天気は最高。ところが人出はそれほどではなく、ゆったりと楽しめました。

iku-nakaiku-naka2008/10/04 21:58私は、生徒達に何度も「みんなで」と「単元テスト80点以上」を言い続けています。
先日、2年生に説教をした後、ある生徒が「先生が「先生がこういう授業を続けている理由はなあ~」と言った瞬間、その後、何を言うのかは分かりましたよ。」と言った瞬間、生徒達は『学び合い』を目的を理解していると感じました。だからこそ、これからも「みんな」と単元テスト80点以上を求め続けたいと思います。

jun24kawajun24kawa2008/10/04 22:00そうです!80点の先に何があるかを理解してもらうことが大事ですね。

yu-rikiya-ta-35yu-rikiya-ta-352008/10/05 17:46最初読んだ時よく分かりませんでしたが、自分が実践していることと照らし合わせてみると理解できました。要するに“「折り合いをつけて自分の課題を解決する」ということが「みんな」が達成すること”が目標であり“みんなが仲良くなること、もしくは、みんなの業者テストの点数が上がること”は手段だと言うことですよね。知的に遅れている子等いろんな子供達がいますが目標が達成できるよう子供達に対して「最低でもみんなが80点取れるようにしよう。」を求め続けていこうと思ったいます。

jun24kawajun24kawa2008/10/05 18:09結局、『学び合い』の考えを理解しているか、否か、それに帰結しますね。この文章が、理解されていない方にとっては、言葉遊びか、禅問答のように感じられるでしょう。でも、ここの部分が本質的ですね。