西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/10/02(木)

[]管理職仕事 21:23 管理職の仕事 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 管理職の仕事 - 西川純のメモ 管理職の仕事 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 どんな職業にも、「これって本当はいけないんだよな~。」と心の中に気づいている人が少なくないのですが、同僚の中の一部の人が自分にとってプラスだと思っていることを知っていると、言いだしづらいことってあります。同僚と対立するようなことを言い出すのは辛いものです。そんなことありますよね。そんなとき、管理職がビシッと職員全体に求めてくれれば、と思ったことありません。少なくとも私はあります。そして、それを言ってくれたならば、その場では顔には出さなくても、心の中で拍手を送ります。

 「みんな」を求めることは教師にとっても辛いことです。でも、それを求めている子どもはいます。だって、みんなを実現すれば、自分も安心できるから。でも、「みんな」を面倒くさいと思っている子どもがいます。もし、「みんな」を表だって言い出せば、その子から「ええかっこしー」とか、「それじゃあ、おまえがやれよ」と言われそうで・・・・、尻込みしてしまいます。クラスの中には、自分と同じよう思っている子はいるとは思うのですが、「私もそう思う」と手を挙げてくれるか不安と思っている子はいます。そんなとき、その子に言わせるのではなく、教師が言うのも教師の仕事だと思うのです。

 だって、目標の設定は管理職の最大の仕事なのですから。

szeidzsiszeidzsi2008/10/02 21:41管理力の仕事・・のところ、もう少し説明お願いいたします。

jun24kawajun24kawa2008/10/02 21:42どのあたりが分かりづらいですか?

isinomakiisinomaki2008/10/02 21:46学級の中での立場の弱い子どもに信頼されるようになりたいです。初めのうちは立場の強い子に少々反発をくらっても。

jun24kawajun24kawa2008/10/02 21:52はい、そう思っています。特定の子どもが独裁者となっているのは、クラスという集団ができあがっていないためだと思います。1対1では他の子どもに勝てる子どもも、1対数十人で勝てる子どもはいませんから。

isinomakiisinomaki2008/10/02 22:00学校は「民主主義」を学ぶ場ですからね!

jun24kawajun24kawa2008/10/02 22:57はい、そうなのに、教室が非民主的に運営されていることに憤りを感じています。我々は強くならなければならない、と思います。

szeidzsiszeidzsi2008/10/03 07:58「同僚の中の一部の人が自分にとってプラスだと思っていることを知っていると、言いだしづらいことってあります。」の意味がちょっとわかりませんでした。

jun24kawajun24kawa2008/10/03 13:31例えば、ある同僚が「あの子は授業をまじめに聞かない。どうしようもない子どもだ」と言ってたとします。そうやって合理化しているんです。「そんなことはないぞ。俺の授業中はまじめにやっている。問題は、その子じゃなくて、おまえだろ」と多くの先生方が思っていても、それは言えませんよね。
とんでもない企業がニュースで取り上げられることありますよね。でも、勤めている人は、うすうす知っていたはずです。でも、言い出せなかったのだと思います。

szeidzsiszeidzsi2008/10/04 00:47よくわかりました。ありがとうございました。