西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/09/12(金)

[]プレゼント 23:20 プレゼント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - プレゼント - 西川純のメモ プレゼント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ゼミ生から二日早い誕生日プレゼントを頂きました。その包み紙を開いて爆笑です。こんにゃく食品の詰め合わせでした。家に帰って家内に見せると、これまた爆笑です。早速、その内の一つを家族で美味しく頂きました。感謝です。

[]異学年 19:31 異学年 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 異学年 - 西川純のメモ 異学年 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上越の小学校で学校全体で異学年を取り組み始めました。今月の22日の5時限目に、6年生と3年生、5年生と2年生で行います。本当は、4年生と1年生もやりたいのですが、その日は1年生が4限で下校のためそれは無しです。でも、事実上、学校全体で異学年をやるという全国でも初めての試みです。一応、2学年の『学び合い』×2ですが、始めてしまえば、どんな人間関係の化学反応が起こるか楽しみです。参観希望があれば、私に連絡して下さい。

追伸 学校全部の子どもを体育館に集め、校長先生が「どうぞ」と語る。校長先生以外の全職員は、その時間、職員室でお茶を飲みながら、ゆっくりと学校改善の話し合いをする。そんなことが行われるまで、あと、ちょっとです。あはははははは

[]またあえる 16:16 またあえる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - またあえる - 西川純のメモ またあえる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以下は、私にしか分からないメモかもしれません。

 『学び合い』を十数年も研究しているので、子どもが有能であるということには確信があります。だから、多くの人が「出来るかな???」と思うことを、「そんなの簡単なのに」と思います。だから、ゴチャゴチャした方法レベルの指導も、最後のまとめも、全く不要だと思っています。それが必要だと思っていた当時の自分の気持も思い出すことが出来ません。

 が、もっと本源的な部分はもとのまんまです。それは、私は子どもが可愛いのです。私が高校教師時代は、まさにベロベロに子どもを可愛がりました。暴走族でも、オール1でも可愛い。いや、彼らの方が、一皮むけば赤ん坊のように単純に可愛い。大学教師の時代も、大学生が可愛かった。特に、ゼミの学部生は可愛かった。独身時代は、毎月、一緒に飲みに行ったし、結婚してからは家で飲みました。が、現在は封印しています。しかし、卒業・修了の目前となると、いたたまれなくなります。自分の手の届かない遠くに旅立つことが辛いのです。愚かしいことだと分かっていても、辛い。

 もうあえないのではないか、と思い辛かった、ある「子ども」が、また会えるということが本日分かりました。嬉しかった。

追伸 私は1時間半のゼミで「27秒もしゃべる」と注意されます(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20060831/1156980768)。

Y.MochizukiY.Mochizuki2008/09/14 08:332日早いということは、今日お誕生日でしょうか?
おめでとうございます。

jun24kawajun24kawa2008/09/14 18:36ありがとうございます。