西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/09/04(木)

[]幸せ 22:12 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 かなり以前の話です。西洋人に初めて接した南洋の人の文章がありました。それによれば、「西洋人は何故、時計を気にするのか?」、「いつ病気になるか、いつ死ぬかを心配するのか?」とその人は思ったそうです。そして、そんなこと気にしなくても、家族が腹一杯食べられるならば、それでいいんじゃないかと書いてありました。それを読んだ当時は、そんなことだから進歩がないんだ、と思いました。

 結婚して、家内があれこれと悩み私に相談します。その内容は、どこの店が安いだの、だれがこう言っただの、のレベルでした。余裕がなかった私は、「そんな下らないこと悩むなよ」と言いました。家内は、「その下らないことを一生懸命考えているのが私の仕事なの」と言って泣きました。最初は泣いた家内に驚きましたが、しばらくして、その「下らない」ことを一生懸命に考えている家内がいるから、毎日が普通に流れることに思い至り、土下座をして謝りました。

 本日は、我が家にとって、重要な記念日です。ありとあらゆる神仏に願った子どもが、家内の体にいることが分かった日です。本日は、家族で乾杯して祝いました。お酒にほろ酔いして、家内と息子の面白い話を聞きながら、おなかいっぱいになっている時、幸せを感じます。どんな富貴も足元に及ばないと思います。そして、出張は嫌だな~っと思いました。

 総理大臣になることが幸せ、大金持ちになることが幸せ、ノーベル賞を取ることが幸せ・・・では、みんなが幸せになれません。でも、色々な人と関わりながら、大事な人とおなかいっぱいになれる、それを目指したい。それは、みんながなりたてば可能だと信じたい。

[]最初に自分で考えさせる 09:28 最初に自分で考えさせる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最初に自分で考えさせる - 西川純のメモ 最初に自分で考えさせる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近受けた質問に応えました。なお、手引き書に加筆しました。

 一般の学び合いでよくやる馬鹿馬鹿しいことに、最初に自分で考えさせ、その後、交流するというのがあります。でも、考えてください。まったく分からない子に5分間考えさせて、何か考えつくと思いますか?第一、考えるでしょうか?想像してください。数学者が我々に偏微分方程式を与えて「さあ、5分間考えてください。人に相談してはいけませんよ」と言ったら、どうします?まあ、何も考えないでしょうね。

 逆に、塾や予備校で既習済みで、「学校の勉強は簡単だな~、つまらないな~」っと思っている子はどう思うでしょうか?まあ、「学校って馬鹿馬鹿しいな~」っと確信を強めるでしょうね。

 一人で5分間ぐらい考えれば思いつくレベルの子どもは、教師が指示しなくても自分で考えます。考えてください。もう少しで分かりそうなパズルを人に聞く人いますか?

 以上のように、上記はとてつもなく馬鹿馬鹿しいのです。では、何故、そのような馬鹿馬鹿しいことをするのでしょうか?一言で言えば、子どもを信じていない、この一点です。『学び合い』と一般の学び合いの決定的な違いです。我々は、そのようなことは不必要だと思います。教師が「さあ、どうぞ」と言えば、全然分からない子どもは、分かりそうな子どもの近くに行って「わかんない~」と言うでしょう。もう少しで分かりそうな子どもは自分で考えるでしょう。分かっている子どもは、分からない子どもをサポートするでしょう。分からず人に聞いて分かりはじめ、もう少しで分かりそうになれば、「もういいよ、後は自分でやってみる」と言うでしょう。それぞれが、自分の最善のことをし始めます。

 ところが一般の学び合いは子どもを信じられません。特に信じられないのは、出来ない子どもです。そのような子どもは安易に答えを丸写しにしてしまう、と思っています。しかし、考えてください。そのような子どもに「5分間、自分で考えて」と言ってまじめに考えるでしょうか?否です。ぼーっと5分間すごし、5分後に丸写しにするだけです。第一、何故、丸写しという方法をその子がとるのでしょうか?きつい言い方ですが、丸写しでもOKな評価を教師がしていることの証拠です。

 我々は全員が一定以上の点数をとることを求めます。当然、丸写しでは点数はとれません。丸写しをするような子どもは、その馬鹿馬鹿しさに気づかないかもしれません。しかし、写される側の子どもは、その馬鹿馬鹿しさを理解しています。だから、丸写しをしそうになったら「駄目だよ。ちゃんと話を聞いて分かってよ」と言うでしょう。

 人との交流を制限することはナンセンスなことです。根本的な解決は、みんなが本当に分かるということをクラスの文化にすることです。このことは「座りなさい!を言わない授業」(東洋館)の10章に書きました。

[]コの字に座らせる・ペア学習 09:28 コの字に座らせる・ペア学習 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - コの字に座らせる・ペア学習 - 西川純のメモ コの字に座らせる・ペア学習 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 一般の学び合いでよくやる馬鹿馬鹿しいことに、「コの字」に座らせるということがあります。「座りなさい!を言わない授業」(東洋館)に書きましたが、子どもたちは課題によって集団を最適に構成します。例えば、ちょいと分からないことを聞く、というならば二人が基本です。しかし、何らかのものを作りだそうとする、例えば実験とか、難しい問題を解決するというのは4、5人が基本です。ところが、集団としての目的を確認しようとするとクラス全体で話し合います。これは職員会議(その他の職場も)同様でしょ。それを分からない人が、運動会の入場行進曲を職員会議にかけます。非常に時間の無駄です。コの字の配置は、全体の目的確認の配置です。ところが、個々人が学習する場面では、そのような場合は希です。

 ペア学習も同様です。この形態は「ちょっと聞く」レベルには最適です。しかし、難しい課題を解決するには不向きです。第一、教師がクラス全員の最善のペアを作れるはずありません。馬鹿馬鹿しい。その最善のペアもその日、その時、いや、その秒分によって動的に変化します。

 一人一人の子どもが、様々な課題を抱えています。ある子の場合は一人で自学自習したい、ある子はペアで相談したい、ある子は数人で相談したいのかもしれません。それらは別々で動的です。その中で、行き詰まりを感じ、全体の確認をとる場合もあります。そんなときに、固定的な椅子の配置はじゃまです。

tontan2tontan22008/09/04 17:45コの字に座ることについて。
私もよくコの字に座らせます。最近は子どもに席も任せます。
子どもがコの字を選ぶこともありますし、普通の並び方を選ぶことがあります。
子どもがコの字を選ぶ理由は中央が空いていて、そこで「学び合い」易いからです。大人数の教室だと机で教室がいっぱいになってしまい、子どもが動くスペースさえないこともあります。
コの字でもその使い方です。教師が鵜飼いのようにひとりひとりにひもを操作する人もいるでしょう。でも「学び合い」も同時に成立することができます。
私はむしろ、中央のスペースを「学び合い」のためにうまく使った方が、よいと思っています。

tontan2tontan22008/09/04 17:47追加。
中央のスペースで、子どもは座り込んでよく話をします。
寝っ転がって考える子も、寄り添って教える子もいます。
そういう使い方です。

MatufitMatufit2008/09/04 18:45『学び合い』の実践を始めて、指導方法で定例化されているものを疑い改善するようになりました。西川先生に挙げていただいた話題は、その典型ですね。
 ステレオタイプに陥らないよう自戒したいです。

jun24kawajun24kawa2008/09/04 19:05tontan2さんへ
あはははは
私が書いているのは、コの字に「座らせる」ということです。そして、座らせる、教師の心を書いています。子どもがそれを選択し、高い達成度を維持しつつけるならば、それが最善なんでしょうね。
Matufitさんへ
子どもが方法を選択できる状態で、何を選択するか、それによって我々は学んでいるのです。子どもから学んでいるのです。

tontan2tontan22008/09/04 20:18もちろん、そういう意味だと思ってました^^
 
しかし、
「形ではなくて子どもへの向き方なのですよね。」
ということの確かめでした。
 
失礼しましたー。

ながたくながたく2008/09/04 22:45学び合いという名前の誤解が走っていますね。
おとなりの犬○市や、他の先生の学び合いもありますよね。
私の師の西之園先生は、「協調自律学習」とよぶ学習を提唱
していますが、新しく命名していくのも大切なのかなと
感じています。

でも、
学び合い って響きがいいです!

ながたくながたく2008/09/04 22:48まちがえて、途中投稿してしまいました。

学び合い という響き。
そして、他の学び合いは、一斉授業の亜種であり、
学び合いとの違いを鮮明にしていく必要がありますね。

しかし、そこをうまく政治的にいいながら、
実際は学び合いの本質を進めていくのも、若いぼくらは必要なのかもしれませんが・・・。

jun24kawajun24kawa2008/09/04 22:52命名には非常に考えました。
あとは若い方に期待しています。
もちろん、とんたんさんのような中堅も、そして、同志の校長先生も・・・。みんなでどんどんやりましょう!