西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/25(月)

[]本日 22:00 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある種の生物の特定の属性に着目すると、圧倒的大多数は「普通」です。しかし、必ず少数の規格外の個体はいます。そして、ありとあらゆる属性に着目すると、規格外の個体は様々にいます。結局、圧倒的大多数は普通なのですが、全ての属性に関して普通な個体は一つもありません。我々の圧倒的な大多数は普通なのですが、全方位で普通な個体は一つもいません。これは大学の生物学で学んだ進化の考え方です。我々生物は一様で、かつ、多様であるからこそ長い進化の中で生き残ることが出来ました。

 多くの教師は、周りと同じをやる「普通」の教師です。でも、必ず、普通ではない教師はいます。『学び合い』に対する反応も同じです。つまり、私の『学び合い』の話を聞いて、変わらない人が大多数であるのは当然です。本日、富山で七百人弱の先生方の前で語りました。同志の指導主事によれば、私の講演の後、「あんなの、出来るわけ無いよ~」と言っている人がいたと笑って言いました。まあ、そうでしょうね。どんなに論理的に説明しても、普通ではないのですから信じられないのは健全です。でも、少数ながら違った反応をする先生もおられたと語っていました。

 私は芸人ではありません。私の講演で「笑って」いただいてもしょうがない。そんなことのために時間を費やすのは嫌です。私が時間を費やすのは、少数でも分かっていただける方がいることを知っているからです。私は講演会の最後に、「グーグルで西川純と引けばヒットします。ありとあらゆるデータが公開しています。質問には絶対に応えます。」と連呼します。しかし、講演会が終わって1時間で忘れる方が大多数であることを知っています。でも、それを試みる方は少数方であるもののいらっしゃることを知っています。その数は、本日の七百人弱のうち十数人でもいたら凄いと見切っています。このメモを見ている富山県西部の先生方へ「よくぞおいでいただいた!」と伝えたい。私、及び同志のみんなは「どうぞ、実践にトライして欲しい」と願っています。

 『学び合い』において一番大変なのは、やってみる、それです。やりはじめれば、子どもが教えてくれます。それにいたるためのサポートはみんながやります。「よくぞ、これをよんで頂いた。」と再度、申し上げます。

kurochan2008kurochan20082008/08/25 16:46はなっこりーです。よくわかりました。11月に勉強会を企画していますので、その時は、自信をもって説明します。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2008/08/25 19:23期待しています!

isinomakiisinomaki2008/08/25 22:24まずはやってみること。自分にも言えます。上から降ってくる「まあ,なんでもいいからやってみな」「社会がそういう流れだから」レベルでのお「まあ,やってみる」ではどうしようもありませんが,理想・目標・目的を目指しての「やってみる」は楽しいですよ。

jun24kawajun24kawa2008/08/26 06:51多謝!

o4dao4da2008/08/26 16:48富山の件いい日記ですね

jun24kawajun24kawa2008/08/26 21:33はい、君には、期待しているよ~ん