西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/25(月)

[]会則 07:02 会則 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 会則 - 西川純のメモ 会則 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 はなっこりーさんのブログに面白いことが書いていました。

『ところで、今頃になって分からなくなったことがあります。通常の研究会?では、年会費を払ったメンバーが構成員となり、所属人数もはっきりしています。この『学び合い』は、どういうネットワークになっているのでしょう?会費も払わず特に活動もせず、ブログでご指導を賜っているだけのビギナーとしては、自分の立場をどう説明したらいいのだろう・・・なんて困ってしまいました。「あなたは『学び合い』の何なの?」と聞かれて、説明できなかったんです。例えば、S先生の「学びの共同体」は、実践校ということで学校全体を1つの方法で方向付けしようとしているような気がしますが、『学び合い』 は、実践する「その場にいる教師」をとても大切にしています。何をしたのか、何をどうするのか、という方法だけを情報交換するのではなく、どうしてそうし ようと思ったのか、なぜそう判断したのか、という実践知を議論しているような気がするのです。しかも、それらがネットでオープンにされているということ は、いつでも誰でも、自分がそうだと思った時が『学び合い』のメンバーですよ。ということでいいのでしょうか・・・???』

 たしかにそうですね。でも、私自身はゴチャゴチャとした方が良いと思います。しかし、『学び合い』と同様に達成すべき課題、方向性は一致しなければなりません。では、「私」はどう思っているかと言えば、『学び合い』の定義とは、「手引き書」の学校観・学習者観に書いてある「あたりまえ」のことが定義です。おそらく、「たてまえ」として、あれを否定する人は少ないと思います。しかし、現実の場面では、あれに矛盾することをしている人が大多数です。『学び合い』の同志とは、あれを実践している人、そして、それを目指している人です。また、「子どもに学ぶ教師の会」の趣旨はhttp://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20060508にあります。子どもに学んだ結果が、『学び合い』です。

 その前提の上に、会員証は心の中に。会費は行動で。特典は、あなたと子どもと同僚の幸せ。

追伸 蛇足ながら、あなたの家族の幸せも。当然ですが。

kurochan2008kurochan20082008/08/25 16:46はなっこりーです。よくわかりました。11月に勉強会を企画していますので、その時は、自信をもって説明します。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2008/08/25 19:23期待しています!

isinomakiisinomaki2008/08/25 22:24まずはやってみること。自分にも言えます。上から降ってくる「まあ,なんでもいいからやってみな」「社会がそういう流れだから」レベルでのお「まあ,やってみる」ではどうしようもありませんが,理想・目標・目的を目指しての「やってみる」は楽しいですよ。

jun24kawajun24kawa2008/08/26 06:51多謝!

o4dao4da2008/08/26 16:48富山の件いい日記ですね

jun24kawajun24kawa2008/08/26 21:33はい、君には、期待しているよ~ん