西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/20(水)

[]司 21:59 司 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 司 - 西川純のメモ 司 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 職業柄、本当に色々な職階の教員とおつきあいします。県から市町村レベルの教育長・教育次長から、現場の校長・教頭・教諭の方々です。いずれも組織の歯車の一部で、そんな凄いことは出来ないと嘆きます。教諭の先生方から見れば雲上人の方もです。しかし、それは当たり前のことです。各職階には与えられた権限があり、その限限には組織の縛りがあります。だから自由ではありません。出来ることは限られています。しかし、出来ることは限られていますが、出来ることもあります。そして、その出来ることは、一般の教諭の方にとっては夢のような権限なのです。

 それなりの権限を与えられた職階をしめる方には、その職階の権限の限界に目を向けて、組織の歯車の一つとして前任者と同じことを粛々とされている方がいます。それは、非難されることではなく、当然であります。しかし、その職階の権限の可能性に目を向けて、組織の歯車を「少しでも動かそう」という方もおられます。

 佐賀では、後者の方をいっぱいお会いすることが出来ました。行く場所、行く場所で同志に囲まれると、あたかも『学び合い』が日本の主流のように感じてします。その感じを事実にせねば、と志しました。

[]YouTube 17:15 YouTube - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - YouTube - 西川純のメモ YouTube - 西川純のメモ のブックマークコメント

 Mさんのブログで発見しました。このような手段を活用しなければいけないと思いました。あべたかさんありがとう!

http://www.youtube.com/watch?v=96KfsSgO2hI&eurl=http://www.rinkyokyo.com/manabiai/2008/manabiaineo2008.htm

追伸 私の部分は、異常に早口でしゃべっていますが、それは20分間で二十弱の質問に応えなければならないという異常な状態だからです。普通は、そんな早口ではありませんよ。