西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/19(火)

[]佐賀3 07:30 佐賀3 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐賀3 - 西川純のメモ 佐賀3 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 佐賀の先生が『学び合い』を学びに上越に来られたのは、昨年の9月です。それが今では、佐賀県内数十人の小中学校の先生が『学び合い』に取り組まれ、小学校・中学校での学校の取り組みとして位置づけられています。そして、多くの指導主事の方が『学び合い』を伝えるために奔走いただいております。昨日も、一つの小学校、一つの中学校の合同校内研修会にも関わらず、百二十数人の県内・県外の先生方がご参集いただきました。たった一年の成果が、これです。

 佐賀の同志の方々は、なかなか伝えられない、広がらない、と焦れていました。そこで、語りました。ニッパチ理論から言えば、全体の二割を説得できるならば、体制を動かすことが出来ます。佐賀県の先生方の人数から考えて、千に満たない人数の先生方を説得できればいいのです。それだけで小学校、中学校、高等学校の全ての段階で、子どもたちに安心できる時間を保証し、一生を守ってあげられる集団を与えることが出来ます。

学び合い』が伝わらないのは当然です。我々は周りを見回し、どう行動するか決める生物です。周りがやっていないのに、やるという人が少ないのは当然です。しかし、それでもやるという人も「も」確実にいます。その人に伝えればいい。その人が、自分が伝えられない人に伝えることが出来ます。頭の中に「?」が渦巻いている人には、私のような自信満々の確信犯は伝えることが出来ません。頭の中に「?」がありつつも実践し、確信を持ちつつある同志だけが、「?」を共感的に理解できます。

 上越に来られてから1年弱、本格的に動き始めて8ヶ月、それだけでこれだけの変化が生まれました。それでは、あと1年で、どれだけの変化が起こせるのでしょうか。全国には確実に成果を上げているにも関わらず、それを理解できず、排斥されている同志がいます。ところが佐賀では、学校で取り組み、管理職が理解し、教育委員会がサポートしているのです。これで出来ない理由はない。と言いました。そして、いつもの通り「出来ない理由を述べよ」とニコニコして聞きました。返答は「ありません」でした。次の言葉は、「期待しています」です。

追伸 このような会話をした先生方のお一人にA先生がおられました。A先生が私に熱く語っている姿を見て、B先生は目を丸くしておられました。B先生は昨年の9月に上越に来られた先生のお一人です。そして、佐賀に戻って『学び合い』を伝えた先生です。そのことき、伝えるのにもっとも手を焼いた先生の中にA先生がおられました。久しぶりにA先生にあったB先生が、A先生の変化にびっくりして、「あなたがね~・・」と笑って驚いていました。A先生によれば、あるクラスの問題に手詰まりになり、昨年の3学期になって「やっと」、「おそるおそる」実践したそうです。実践して直ぐに理解して同志になったそうです。本当に『学び合い』における最大の障壁は「やる」に一歩踏み出せるかだと思います。

追伸2 講演会には大学の先生も来られました。名刺交換しましたが、大学の授業でも『学び合い』を取り入れたいとのことでした。

MatufitMatufit2008/08/19 08:00連日の佐賀行脚お疲れ様です。
この機運に乗じて、高まっていきたいと思います。
次回お会いするときには、お土産を持参いたします(^_^;)

J.SASEJ.SASE2008/08/19 09:05非常に勇気づけられる話です。
でも、闘ってはいませんよ。今のところ(^_^;)

munehiromunehiro2008/08/19 23:09もっともっとお話しをお聞きしたかったのですが、45歳にもなって人見知りが激しくて・・・
 なえそうな気持ちに、また勇気が!!そんな佐賀でした。
 懇親会でお話ししたかったことが3つあります。
1、『学び合い』は日本文化と関連があるのか?
2、私たちの作り出すドラマはテレビ化の予定があるのか?(新聞だけでかなりの影響が校内にあったから、)
3、今社会で起きている、阻害された人々の事件は『学び合い』が広まることでなくなったり、減ったりさせることができるとお考えか。
いつか、また懇親会でお会いできたときに聞かせていただきます。

そのときには、両手一杯の成果を持ってお会いしに行かせていただきます。
 今回の企画をされた佐賀の先生方にも深く感謝いたします。

jun24kawajun24kawa2008/08/20 17:10Matufitさんへ、昨日は前校長先生とお会いしました。あなたの実践を、ものすごく褒めていましたよ。
SASEさんへ 安心しました。
munehiroさんへ
 こちらこそ、お話ししたかった。でも、あなたは私と同様に広げる側の方だと思っているので、ほっぽていました。あはははは
1 関連するところもあるとは思いますが、基本は人間の本性だと思います。
2 あはははは。是非、御県のテレビ局に宣伝してください。今までの教師ドラマとは全く違いますね。
3 もちろんです。そして、今阻害されていない、と思っている人も、得るものは多いと確信しています。
 最後にF県で確実に広めてくださいね。
 期待しています。